カリグラフィー資格人気ランキング

カリグラフィー

西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフォント開発では、その原稿作成に大いに活用されています。イタリック体・ゴシック体・カッパープレート体などの基本形から、現在では単なる見た目の美しさ以上に、デザイン性、センスが問われ、IT分野でも重要な位置づけとなっています。

1位:カリグラフィーデザイナー

1位:カリグラフィーデザイナー

日本のような毛筆を使った表現ではなく、文字を直接専門的な道具、ロットリングや専用のペンやインクや墨汁などを使って文字を制作するのがカリグラフィーです。古くは版下などの業界や、印刷関連では必須の技術でしたが、現在はパソコンなどの文書作成用のフォント制作などに活用されています。もちろん、デジタルで制作する機会は非常に増え、手書きは減りつつありますが、その中で文字のデザインを担当するのが、カリグラフィーデザイナーです。カリグラフィーデザイナーの仕事は、その言語特有の文字の性質を理解し、縦書き、横書きなどのラインに適合した、文字の製図やデザイン、補正や校正が出来る、美術技法に通じるセンスを必要とします。他にも、企業ロゴデザイン、また看板制作、広告制作でも重要な役割を果たし、独自の製作者の視点で、様々な表現方法を駆使し、クライアントの要求に応えていきます。西洋では非常にポピュラーな職業であり、かなり古くから存在しています。カリグラフィーデザイナーになるには、製図の知識や道具の扱い、トレンドを意識したモダンなセンスを必要とされる、グラフィックデザイナーとほぼ同じ職業です。

そのため、カリグラフィーデザイナーは大変高い需要が今でもあります。活躍の場が広く、また応用も利く、手に職という意味では、代表的な例かも知れません。企業ではブランドイメージを担う意味では、特にロゴデザインなどでカリグラフィーデザイナーは、常に必要とされ、収入も高いことで知られています。カリグラフィー資格のカリグラフィーデザイナー認定試験

カリグラフィーデザイナー資格取得のメリット

筆記にペンまたはそれに類する道具を用いているため、毛筆を使用する書道とは表現されたものが異なり、デザインでもロゴデザインに活用されるなど、手に職をつけた技術として、美術やアートに則した感覚や知識、構成やレイアウトなどの知識も求められます。カリグラフィーでデザインされるものはアルファベットだけではなく、アラビア語に限定されるアラビア書道、ペルシア語で書かれることを基本とするペルシア書道など、公文書などに使われる印字の元になる場合もあります。デザイン全般の今日での需要の多くは、主にインターネット上で使われるサイト用のデザインに関わるものが増えて来ました。中でも企業のロゴデザインなどは、文字を主体に絵柄と組み合わせるパターンが多く、その中で使われる文字は、フォントとして購入し、それを利用する場合もあります。有名な例では、アップル社のマッキントッシュの標準搭載されている日本語フォントなどがありますが、これもまた元をたどればカリグラフィーの技術を使っていると言えます。また、様々な紙媒体での広告に使われる文字もまた、どこかでカリグラフィーデザイナーが担当して、それを業者が有料で使用許可を与えている場合もあるなど、カリグラフィーデザイナーの資格は、電子文書の時代でも、依然として需要の高いことが特徴となります。

カリグラフィーデザイナーの仕事について

インターネットで使われるフォントも、その製作は主にパソコンをつかった電子的なカリグラフィーであり、基本となるのがカリグラフィー専門のペン先とインクであるのは確かなことになります。カリグラフィーデザイナーは、既存の文字の一つ一つを、意味や基本形態を変えずに、正しく認知されるようにしながらも、変化をつけて美しく整え、装飾などを施した文字のデザインに関わる資格となり、ロゴデザインやフォントの製作などの仕事に就くことが出来ます。近年では、多くのSNSや個人のサイト運営などでも、多くの独自なロゴデザインやフォントが多用されて来ています。趣味としても、西洋書道ということで、カリグラフィーに関する多くの書籍が書店でも販売されていますので、カリグラフィーデザイナーの仕事は、実務でカリグラフィーの技術を使って文字デザインの仕事を受注する他に、ロゴデザイナー、あるいは西洋書道を趣味とする人に対して、講師やアドバイス、著作の執筆やカリグラフの見本を提供するなど、様々な職種が考えられます。なにより美的センスとその感覚が磨かれ、文字の鑑賞という新たな楽しみも得られる利点があるので、少しずつ見直されて来ている、活版印刷などのこだわりでも、文字のデザインであるカリグラフィーデザイナーの活躍の場は、将来、広がることは予想できます。

2位:カリグラフィー飾り文字インストラクター

2位:カリグラフィー飾り文字インストラクター

カリグラフィーは、西洋の書道とも言われており、歴史が長い技術です。特にアラビア圏では、このカリグラフィー技術は大変重要な位置を占めています。そのため、カリグラフィーの語源はギリシャ語です。パソコンを使った文書が主流の現代では、文書よりも企業のロゴデザイン、あるいはWEBデザインでのアイコンやフォント制作会社などでは、こうしたカリグラフィーはまだまだ活用されています。文字を読みやすくするだけではなく、人間工学に基づいた感覚的なセンスも求められ、視覚的・芸術的な効果を期待される職業がカリグラフィー飾り文字インストラクターです。またじっくり考え、思考しながら行うため、趣味とても最適なことがいえます。

単に無機質な文字に、装飾を施して見た目も美しく、また視覚的にも注目されるので、作家とした立場も望むことができます。カリグラフィー飾り文字インストラクターは、そうしたアーティスティックな才能を活かし、多くの人にカリグラフィーの楽しさや、将来そのカリグラフィーを前提とした職業を目指す人に指導が出来ます。一例では、米国の有名なIT企業創始者は、パソコンのデザインも独自に開発し、その中で最もこだわったのは、実はOSのデフォルトであるシステムフォントの開発でした。この創始者は、カリグラフィーの知識があったので、まずフォントから自分でデザインしました。

その後、そのIT企業が大きく飛躍した時も、最も功績ある開発は、独自のこれまで無かった美しいシステムフォントだったと語っています。こうした、素晴らしいロゴやフォントなどのデザイン、開発にも、カリグラフィーを使った飾り文字は役に立っているのです。カリグラフィー飾り文字インストラクター は、そうした職業に直結出来る技術と知識を教えられる立場となって、スクールや教室で指導者として活躍できるでしょう。カリグラフィー資格のカリグラフィーデザイナー認定試験

カリグラフィー飾り文字インストラクター資格取得のメリット

現代では、ホームページやブログなどでも、ワープロソフトなどで、文字の形や色を変えたり、下線・圏点などを付けたりするのが通例となり、それが記事の読みやさに通じているとして、その機能が活用されています。一方で、カリグラフィーには、特に西洋では独特の装飾が付けられたアフファベットを用いて、書籍の表紙や表題に使うことで、その威厳や風格を表すといった慣習が今でも残っています。これは、日本の書に通じるものが多く、単に整った綺麗な文字というだけではなく、格式とその文字が配された商品やサービスの名称や企業の名前に、和のカリグラフィーである書は多用されているわけです。フォントの製作はもちろん、書籍の表題や映像のテーマの文字、宣伝やスローガンなどに使われる、日本語なら漢字や平仮名、カタカナなどの既存の文字を使って、美しく、なおかつ見た目も華やかな文字デザインができるということを他人に提示することが出来るとして、その資格を提示して、仕事や依頼を引き受ける事ができます。

カリグラフィー飾り文字インストラクターの仕事について

文字は記事や文書以外に、表題やロゴ、バナーでも数多くデザインされた文字が活用されています。またオリジナルなフォントは、開発期間も長い分、それだけ上手く行けば収益性も高いものです。自由にデザインし、一定の法則に拘束されない一般的な飾り文字は、特にルールもありませんが、カリグラフィーには、線の末端処理、カーブの美しさ、”止め”の角度や長さにまで配慮したデザイン性が求められます。フォントなどで応用して用いる場合には、文字間隔などの配慮をしなければ、奇妙に字間が開いたり詰まったりして、非常に読みにくいものになります。カリグラフィー飾り文字インストラクターは、文字を美しく装飾できる美的センスと、カリグラフィー独特の整い、統一された文章を構成できる文字デザインに関する仕事に関係した資格となります。より実用的な文字のデザインに関わる仕事に就くことが可能となるでしょう。

3位:公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格

3位:公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格

1964年から5年にわたり、全国規模で年間24日間の手芸講師養成講座を開催、4千名を超す手芸指導者を育成して来たのが、公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)です。平成24年度より、公益法人として、カリグラフィー部門を設けています。学習指導体系は「本科」「高等科」「講師科」「指導員」「師範」の5つで、「本科」、「高等科」、「講師科」といった3つの科を有しています。

「本科」から「講師科」までの最短履修期間は2年以上で、修了後はカリグラフィーの指導と、専門知識を使って、指導者として働くことが出来ます。手芸の技術や習得を主体とした協会ですが、カリグラフィーの専門的な技術や知識も学べるカリキュラムを設けてあります。協会は、さまざまなクラフトを通じて、手芸愛好家の活動と社会活動を応援しており、導者の育成と認定、講習会、セミナー、体験会などを行っています。賛同する企業も全国レベルであり、その教育と指導法では、高いレベルで各業界で評判になっています。

公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格取得のメリット

公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格とは、当協会独自のカリキュラムによる指導ができ、修了者に卒業証書・認定証が進呈され、「本科」「高等科」「講師科」「指導員」「師範」の5ステップを踏破して学ぶことで、カリグラフィー講師として活動する技術があることを、協会から認定を受けられるということになります。同協会に入会すると、指導者として活躍する道が開けるという特徴が最大のメリットでしょう。協会前身は「ヴォーグ手芸コンサルタント協会」で、1964年から5年にわたり、全国規模で年間24日間の手芸講師養成講座を開催し、4千名を超す手芸指導者を育成してきた実績があります。1969年、当時の文部省からその実績が高く評価され、手芸指導者の育成と普及の2つを柱に、財団法人日本手芸普及協会として活動しているため、ここでのカリグラフィー講師資格取得は、公的な意味を持つ資格と同等として他者から高い評価を受けるでしょう。

公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格の仕事について

カリグラフィー講師になるためのカリキュラムは、主に西洋の文字、英語圏のカリグラフィーであり、イタリック体、ゴシック体、カッパープレート体などを学びます。「本科」「高等科」「講師科」「指導員」「師範」の5ステップはそれぞれ40時間、6ヶ月~1年で習得できる最短で日本ヴォーグ社の通信教育とも連動した、初心者でも基本から学べるカリグラフィー講師を目指せる資格となります。資格の名称通り、講師として活躍する他に、個人でカリグラフィーの技術をつかったロゴデザインやフォント製作などを通じて、デザイナーの一面の仕事などを受注し、収益を得るなどの実務的な仕事に就くことも可能です。基礎から徹底的に学ぶことが出来るため、一度覚えて学習が終われば、様々なカリグラフィーの応用が出来るようになり、デザインに関わる仕事にも就くことが可能となるでしょう。
カリグラフィー資格  カリグラフィー資格

カリグラフィー資格の学校について

座学から通信教育まで幅広く普及した、趣味と実用性を兼ね備えるのがカリグラフィーです。現在ではテキストが充実しているため、多くは費用を支払っての、自宅で道具一式がすぐに入手できる通信教育の方が取り組みやすいでしょう。

カリグラフィー資格の試験難易度

日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格取得の過程にあるように、カリグラフィーは基礎から実務的に、実際に文字を描き、技術を磨く必要があります。そのため、受検までの道のりはやや長期に渡るため、試験自体の合格率は高いですが、学習にはそれなりの時間を要することになります。

カリグラフィー資格の給料・年収

フォントなどの例では、人気のあるフォントセットの販売だけで、その事業の収益性はあがり、生計が成り立つことになるほどです。またロゴデザインは、秀逸なものでは、外注でも高額で取引されており、作品は著作権が付きますから、技術が高ければ独立して生計を立てて行くことも出来るようになります。

カリグラフィー資格取得後は

講師としてカリグラフィー専門の教室、習い事などの主催、文字デザインに関する仕事の他に、趣味としてもカリグラフィーは個人で楽しむことが出来ます。

カリグラフィー資格  カリグラフィー資格

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る