ピラティス資格人気ランキング

ピラティス資格人気ランキング

ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を開く人も多くなり、よりピラティスに触れる方も増えたと言えます。ここではその中でも人気の資格を紹介します。

1位 ピラティスセラピーアドバイザー

1位 ピラティスセラピーアドバイザー

ピラティスの資格の中でも、特に人気なのがピラティスセラピーアドバイザーです。セラピーとピラティスを組み合わせることにより、より高い効果を発揮できるようになっているのがこの手のアドバイザー資格となっています。
アドバイザーとして活躍することはもちろん、自分のために取得する方も多くなっています。それが人気の理由かもしれません。癒しを求める方が多い現代社会において、無理なく身体を鍛えられるピラティスは人気です。
それらの要因も絡み合い、ピラティスセラピーアドバイザーが人気になっていると言えるでしょう。もちろん、専門的な資格となるため、自分の実力を証明するために取得するというのも良いでしょう。
ピラティスに関する知識に関しては、身体の構造から筋肉、運動による影響など色々なものが必要です。また、アドバイザー資格の場合は人に教えることも必要となるので、それらの知識も活用していくことが必要となるでしょう。

ピラティスセラピーアドバイザー資格取得のメリット

心と体を同時に使って行うピラティスについて、基本原則を理解し、集中力、創造力について、体の動かし方、呼吸法、心のコントロール方法など、様々な技術と指導によって、身体だけではなく、精神的安定も確保できるなど、効果的な軽いストレッチや呼吸法を学べるので、資格を得ることで他人に指導出来る以外に、資格所有者自らが実践して、その効果を体感する事が出来るメリットがあります。理想的な姿勢と動作を実践することで、脊柱 (背骨) や骨盤の動きに焦点を当て、独特の呼吸法と組み合わせながら身体のバランスを整えるのが主な目的です。近年ではリハビリテーションを目的としてピラティスを指導したり実践したりする人が増えており、このティラピスとセラピストの手法を組み合わせた指導を行えることを証明するのが、このピラティスセラピーアドバイザーの資格となります。

ピラティスセラピーアドバイザーの仕事について

ピラティスは、呼吸と身体のバランスを整える軽い運動や呼吸や姿勢を重視するため、室内の限られたスペースで実践する事が可能ですので、比較的小規模な施設やマンションなど、様々な室内で行うことが出来ます。そのため、1対1のマンツーマン指導の他に、セラピストの技術の一つとして活用する事も可能で、心身ともに身体の健康を気遣う人に対して、ピラティスセラピーアドバイザーを名乗って独自に仕事を開拓する事が可能です。

2位 ピラティスエクササイズインストラクター

2位 ピラティスエクササイズインストラクター

ピラティス資格の中で人気なのが、ピラティスエクササイズインストラクターです。エクササイズと一緒にピラティスをおこなうことで、より高い効果が出るということもあり、人気も高くなっています。
この資格があれば、インストラクターとして教えることができます。間違った知識を提供しないよう、正しい知識が必要となるのですが、一度身に付ければピラティスの知識はずっと使えます。そういう意味でもインストラクター資格は重要と言えるでしょう。
人によっては教室を開くという方もいますし、ジムなどで働くという方もいます。資格があることによって人に教えることができるという点は魅力も大きいですね。
もちろん、間違ったアプローチをすると身体が壊れてしまう可能性もあるので、ピラティスは正しい理解が必要です。そのためにも、インストラクターとして正しい知識を伝える人になってみてはいかがでしょうか。

ピラティスエクササイズインストラクター資格取得のメリット

屈曲、伸展や肩、手足の運動など、ピラティスに必要な基本的な動きについて理解し、なおかつ野外でも実践できるストレッチ・エクスサイズなどを組み合わせているので、日々のストレス軽減、精神的疾患の予防、やる気や活力など、ピラティスエクササイズインストラクター資格取得のメリットは、老若男女問わず、幅広い世代の健康増進に貢献できることです。

ピラティスエクササイズインストラクターの仕事について

誕生から100年近くの歴史があるティラピスの手法と、健康効果は実証済みのフィジカル・トレーニングを組み合わせた運動、呼吸法、精神安定法などが含まれた総合健康増進法なので、ピラティスエクササイズインストラクターという独自の職種として活動し、ダイエット、健康のための講座や教室など、独自に開業して収益を得ながら活動することが可能となります。肉体能力の維持・強化や健康保持などを目的とした肉体的な運動の総称をエクササイズと呼び、2006年に厚生労働省が生活習慣病予防のために独自に定めた運動量の単位としても知られています。セルフケアの一つであるフィジカルトレーニングと、リラックスを主眼に心身をケアするピラティスと組み合わせた手法を活用して、他人にアドバイスと指導が出来る事を証明されているのが、ピラティスエクササイズインストラクターノ資格となります。

3位 ピラティスマットインストラクター

3位 ピラティスマットインストラクター

ピラティスの資格ならピラティスマットインストラクターの資格も人気があります。もともとピラティスは場所を取らないのが人気の理由でもあります。マット1つでできるエクササイズなどとして人気だからこそ、資格も人気があるのです。
実際にこちらの資格があれば、マットだけを用意してもらって、色々な場所で教えることも可能です。例えば、教室で教えることはもちろん、公園で教えるということも可能だったりします。それほど自由度は高いと言えるでしょう。
ピラティスマットインストラクターは、マットを中心とした小さなスペースでのピラティスを教えることができます。ピラティスはやりたいけれど場所がないと思っている方にとっては、とても重要な仕事となるはずです。

ピラティスマットインストラクター資格取得のメリット

ピラティスのメソッドには、マットピラティスとマシーンピラティスがありますが、マシーンの方はあまり一般的に知られておらず、特に日本において主流なのは、「マットピラティス」と呼ばれる、室内に個別に自分のマットを敷き、その上で行うピラティスを基にしたストレッチ運動が盛んに行われています。使う器具もマットだけで手軽に安価に始められる上に、自宅や狭い場所でもできるので、初心者でも簡単に始められるメリットがあります。特別な器具を必要としない低コストのピラティスのため、日本では非常に人気が高い特徴があります。ピラティスインストラクターとして、開業などの独立した運営では非常に活用しやすい資格と言うことが出来ます。

ピラティスマットインストラクターの仕事について

マットの上で自分自身の体を動かして効果を得るためには、基礎知識や慣れも必要となるため、ピラティスマットインストラクターは、室内の狭い場所でも行えるピラティスの知識や技術を教える立場として、その資格を証明されたことになります。小規模な空間で実践できる、ピラティスの中でも基本となる負荷動作と呼吸法が主体なので、資格所有者も指導する側も、姿勢や説明を簡素に、楽しく指導できる小さな教室などを運営できます。

4位 ピラティスマシンインストラクター

4位 ピラティスマシンインストラクター

ピラティスマシンインストラクターの資格も人気となっています。こちらの資格はピラティス資格の中でも、より深い知識が必要となります。マシンを活用したピラティスとなるため、他のマシンに対する知識も重要です。
ただ、ピラティスマシンに関しては、そこまで数があるというほどではないので、しっかり勉強すれば十分に取得可能です。だからこそ、頑張り甲斐もあるということで、多くの方が挑戦しているのかもしれません。
資格を持っていると教室を開くこともできますし、ジムで働くことも可能です。マシンを活用する場合は必要となってくるスペースが多くなりますが、より本格的に身体を鍛えていくことができるでしょう。そういう意味でも人気があります。
マシンを活用したピラティスに興味がある方は、取得してみて損はないと言えるでしょう。

ピラティスマシンインストラクター資格取得のメリット

器具を使うことで、ピラティス初心者の方、高齢者の方、体に不調がある方でも効果的にトレーニングを行うことが可能となる、サポートが可能となり、ピラティスの効果を体感し、効果を誰でも実感できるサービスを行うことが出来るので、専用施設による、会員制のトレーニングジムの運営など、より高いステップアップを目指せるメリットがあります。

ピラティスマシンインストラクターの仕事について

負荷の高い専用器具を用いることで、運動にはコストが必要な代わり、マットピラティスも含めたピラティスの総合的な指導を行える施設の管理者、インストラクターとして独自に経営出来る能力を備える事が可能です。BASIピラティスインストラクター養成で知られる、米国最大級のピラティス教育の「BASIピラティス」などで資格所得が出来る、専用トレーニング・マシンを使った実践的インストラクターの資格が、ピラティスマシンインストラクターです。まずマットピラティスを受講して資格を得、最終的にこの資格を手にすることで、国際的に認められたティラピスインストラクターとして活動、その仕事を行うことが出来るようになります。身体に一定の負荷を与えて行う器具を使うため、大変知識と正確な技術力、指導力が問われます。

5位 IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター

5位 IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター

ピラティスの資格を取得するなら、IBMA認定のピラティスベーシックインストラクターを取得するのも良いでしょう。こちらはIBMA認定となっているので、より専門的な知識を活用して人に教えることができます。
なお、ピラティスベーシックインストラクターの場合は基礎をメインとして教えていく資格なので、基礎に注力して教えたいと思っている場合にも最適です。もちろん、インストラクターとしての活躍の場は多いでしょう。
必要となるのは基礎から応用まで幅広いですが、ピラティスのことを知り尽くしている方にとっては最適な資格と言えます。これからピラティスを始める方に教えてみたいという方にとくにおすすめの資格となっています。
ピラティスは基礎がしっかりしていれば応用もしやすいので、そういう点でもこの資格はかなり良いものだと言えるのではないでしょうか。気になる方は積極的に取得してみてください。

IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター資格取得のメリット

国際ボディメンテナンス協会(IBMA)が発行するピラティスインストラクターの資格取得コースを受講して最終的に得られる資格なので、ピラティスの呼吸法、ジョセフ・H・ピラティス氏による伝統的なピラティスムーブメントを習得すると共にカラダの仕組みや動きを理解しながらピラティスインストラクターとしての基礎を身に付けることで、ピラティスの歴史からピラティスベーシックの基本を徹底的に学ぶ事ができるメリットがあります。

IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクターの仕事について

美容やヘルスケアなどのボディメンテナンスに特化した協会として、世界各国でピラティスの普及活動をしている協会が認めたピラティスのインストラクターが、IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクターです。総合的なピラティスの知識と技能を獲得した資格として証明されていることになるため、本格的なピラティスインストラクターとして仕事をすすることが可能です。
ピラティス資格  ピラティス資格

ピラティス資格の学校について

座学や講座などの他、テキスト主体の通信教育などがありますが、独自に独立した経営力を磨くには、やはりピラティスの国際的な団体や協会などで履修し、資格を得る方が有利でしょう。

ピラティス資格の試験難易度

ピラティス資格の場合は、試験や検定の難易度よりも、知識や技能を習得する一定期間が必要なため、その費用と日数においてハードルが高く、一方の試験自体はそれほど難しく無いのが特徴です。

ピラティス資格の給料・年収

独立した施設運営のノウハウを得られる分、ピラティスの話題性、注目度から、それなりに年収は一般的なマットピラティスよりも高いことが予想できます。最初はマットピラティスや、エクササイズ教室などで実務を修練しながら、段階的にステップアップをしていくことで、高い年収も夢では無いでしょう。

ピラティス資格取得後は

自分で実践し効果を体感できるメリットを活かし、ビフォー&アフターでその結果を示せるのがピラティスの大きなメリットになります。したがって、ピラティスの資格所得後は、正に資格所有したその日から、ピラティスをやりつつ、健康増進の貢献が出来る人材として、将来活躍が出来る可能性が高まることになります。

ピラティス資格  ピラティス資格

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    ハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    ハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用糸などを…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る