職業資格

保険師とは・主な仕事内容

病気の予防や健康促進や健康管理などが出来るように保険指導をするのが保険師。保険師は厚生労働省が認定する国家資格となり、同じく国家資格の看護師免許が必要となります。保険師は健康に生活していけるように健康に関するアドバイスや指導などを行い、病気の予防策、病気の早期発見、健康診断の促進などを行っています。

保険師は行政保険師・産業保険師・学校保険師と大きく3つに分けられ、保険師の多くが地域の保健所や市役所にて公務員として働き、その地域の住民の健康を守る役割を担っている行政保険師、企業に務めて産業医や人事労務と連携して、企業で働く従業員の健康管理をする産業保険師、勤務し学校に勤務して生徒と職員の健康管理を行う学校保険師となります。

健康維持・管理には、長期的な意識で取り組む必要があり、日常生活から健康に関する関心を持たなければ健康を維持する事ができません。その為に保険師は、季節に応じたり、様々なケースや職場や学校や生活環境に沿った全体的な保険維持プランを作成し、組織的、動線的に病気の予防に関する対策を考え、システムに置き換えて健康管理を促進するような活動をしています。

また、健康診断を受ける事によって、疾病の早期発見、将来的に起こりうる病気を発見し、適切な食事や生活指導を行う事で、病気になるのを防ぐアドバイスなども行っています。

保険師の働く業界

公務員として保険所や市役所、一般企業、学校、医療機関、介護施設など幅広く活躍しており、雇用形態も多くが正社員として雇用されています。

・保健所や市役所(公務員)

・一般企業

・学校

・医療機関

保険師になるには

保険師を目指す為には、まずは看護師の国家資格を取得する必要がある為、看護系の短大や養成学校などに通って看護師資格を取得してから、その後に指定された養成校にて保険師に関する知識や技術を身に付けて保険師の国家資格を取得する必要があります。また、看護師と保険師を同時に就学出来る4年制看護大学に入ると、両方の国家資格受験資格を取得する事が出来ます。

保険師の給料

・就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる

・平均給与:21~23万円/月 (初任給)

・男女平均:(男性)1:(女性)9

保険師に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

保険師として働く際には、まずは厚生労働省が認定する国家資格の看護師免許を取得する必要があり、その後に厚生労働省が認定する国家資格の保険師免許を取得しなければなりません。※看護師免許が無いと保険師にはなれません。

保険師への近道アドバイス

保険師になりたいなら、看護師と保険師の両方が学べる4年制看護大学に通い、看護師と保険師免許を一度に取得するのが一番でしょう。※看護師免許を取得してからでないと、保険師の試験資格を得ることはできません。

今、業界で人気の保険師資格ランキング

  1. 看護師:厚生労働省
  2. 保険師:厚生労働省
通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは?ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは?温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは?2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る