手芸資格人気の資格徹底比較

手芸資格

手芸を始めてみたいと思っていませんか。最近はハンドメイドが流行しており、さまざまな作品作りに精を出している人も多いです。また、ハンドメイド作品を販売する副業も取り組む人が増えているので、より注目度は高まっています。手芸について理解を深めたいなら、資格取得を目指すのが効果的です。今回は手芸の資格のうち、特に人気の高い資格について紹介します。

手芸アドバイザー

手芸アドバイザー

手芸アドバイザーは、日本生活環境支援協会が主催している資格です。手芸に関するさまざまな知識を幅広く有していると認められる人に手芸アドバイザーの資格が認定されます。趣味として自分でハンドメイド作品を作ったり、ハンドメイド作家として活動したりしたいと思っているなら手芸アドバイザーの資格取得を目指してみるといいでしょう。試験の申し込みはインターネットから可能であり、試験そのものも在宅で受けられるようになっています。そのため、手芸に興味をもっている人なら誰でも手芸アドバイザーの資格取得を目指せます。

手芸アドバイザー資格取得のメリット

手芸アドバイザーの資格を取得するために勉強すれば、裁縫や編み物をはじめとする多様な手芸について確かな知識やスキルを得ることができます。手芸にはさまざまな種類がありますが、全体について把握したいと思っているなら、手芸アドバイザーの資格はぴったりだといえるでしょう。手芸アドバイザーの資格を取得すれば手芸のプロを名乗ることもできるようになり、仕事としても幅広い活動ができるようになります。

手芸アドバイザーの仕事について

手芸アドバイザーになれば、手芸に関するあらゆる方面において活躍できる可能性があります。手芸アドバイザーは手芸全般に関する資格なので、資格があることを示せばさまざまなハンドメイドについて深い知識をもっていることを示せるでしょう。専門性があることを証明できれば、その分、周囲からの信頼度もアップします。そうなれば、資格を活かして講師として活動することもできるようになります。カルチャースクールや自宅などで教室をもつこともできるでしょう。

手芸アドバイザー認定試験・口コミ評判

日本生活環境支援協会では、私達の日常生活に関わるさまざまな分野の、知識と技術が一定基準を超えたと認定された人に、資格を与えています。
この協会は、資格を与えることで、技術と資格者の社会的地位の向上を目指し、技術を採用する側のクライアントにも、第三者的な評価基準を与えることを目的としています。
例えば、収納マイスター、ハウスクリーニングアドバイザーのように、家の中を快適で衛生的に保つための資格や、DIY工作アドバイザーやベランダ菜園士のように、必要な物を自分で作るための資格、パワーストーン鑑定士やロジカルシンキングマスターのように、普段の生活の中でメンタル面をサポートする資格もあります。
ここでは、「手芸アドバイザー認定試験」を話題に取り上げてみたいと思います。

手芸アドバイザー認定試験とは?

手芸のジャンルは幅が広く、その知識と技術さえ身に付ければ、衣類や、家で使う小物、インテリア用品まで、さまざまなものが作れます。また、作る過程では、好みの色やサイズ、素材、価格まで自由に決めることができます。
既製品と違って、作り手のユーモアを作品で表現したり、受け取る人の個人的なニーズに応えることもできます。
このような理由から、手作り品は人気があり、手芸の技術を趣味にとどめておくこともできますが、ネット販売などして副業にも活かせますし、本格的にクラフト関係の職種で活躍することもできます。
日本生活環境支援協会で実施されている手芸アドバイザー認定試験では、手芸で使う様々な糸の知識、革製品の作成、手作り品の販売、手芸で使う道具などの知識と技術が問われます。
認定試験で、70パーセント以上の評価が得られれば合格です。
では、認定試験への試験対策は、どのようにすればいいのでしょうか?
手芸の知識と技術がすでに身についており、普段からよくいろいろな物を作っている人は、独学して受験しても良いでしょう。
しかし、これから手芸について学ぼうとしている初心者には、日本生活環境支援協会の認定校で、認定試験に備えたコースを学ぶのが確実でしょう。
認定校のコースには、SARAスクールの「ハンドメイド・基本コース」と、諒設計アーキテクトラーニングの「ハンドメイドマイスターW資格講座」があります。
このコースは、日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「ハンドメイドマイスター」の資格認定試験にも対応しています。
希望者には、試験免除で資格が取れる特別なコースも用意されています。
どちらの学校も、割安な通信教育制で、自分のペースで学べます。
テキストの内容がわかりやすいので、初心者からプロのレベルまで学べます。
また、メールで何度でも専門スタッフに質問できる体制を整えており、満足度の高いスクールとして知られています。

手芸アドバイザー認定試験を受けるには?

日本生活環境支援協会の手芸アドバイザー認定試験は、ネット環境さえあれば自宅からでも受けられます。
認定試験は2か月ごとに実施されていますので、気軽に挑戦できるでしょう。
受験の申込みは、受験申込期間中に協会ホームページから申込みをしてください(https://www.nihonsupport.org/shikakushikenmo/)。
手芸アドバイザー認定試験には、受験資格は特に必要ありません。
受験料は10,000円(消費税込み)です。申込みをすると解答用紙が送られてきますので、試験期間中にネットで試験を受けて、答案提出期限までに解答用紙を返却してください。
その他、試験概要や試験実施日程などは、こちらから確認してください(https://www.nihonsupport.org/shiken/syugei/)。

手芸アドバイザー認定試験・まとめ

最近、話題になった手芸のニュースがあります。
主婦が子供のために作った、ネコの刺繍入りのシャツをネットに公開したところ、世界中から問い合わせが来たというものです。
最初はビジネスにするつもりはなかったそうですが、問い合わせの中に、「ぜひ大切な人にプレゼントしたい!」という強い要望があり、その気持ちに応えて販売を始めたそうです。
今は、SNSを使って簡単に作ったものをシェアできますから、そういった意味でも手芸の技術を活かせるチャンスは広がりそうです。

刺繍デザイナー

刺繍デザイナー

刺繍デザイナーは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している資格です。資格を取得するためには、刺繍に関する深い知識や技術をもち合わせていることが求められます。たとえば、刺繍の基本的な種類や刺繍をおこなうために必要な道具について正しく理解していることが必要です。なお、以前まで認定されていた「刺繍クラフトインストラクター」の資格が、現在では刺繍デザイナーになっています。資格の認定の概要はどちらも同じです。

刺繍デザイナー資格取得のメリット

刺繍デザイナーの資格を取得した場合、刺繍についての専門的な知識や技術が身につきます。試験に合格するには刺繍に関する確かな知識や技術が求められるためです。よって、刺繍デザイナーの資格を取得できれば、自分自身に高いスキルがあることを証明するのに役立つでしょう。資格があれば趣味として刺繍を楽しむだけでなく、仕事として本格的に刺繍に取り組むことも可能になります。刺繍の先生として生徒に刺繍のやり方を教えるという道も目指しやすいです。

刺繍デザイナーの仕事について

刺繍デザイナーになれば、刺繍の構図や図案を自分で考えることもできるようになるため、オリジナルの刺繍を作ることも可能です。自分の作品を販売し、多くの人に作品を見てもらったり、実際に手に取ってもらったりすることもできるでしょう。加えて、刺繍デザイナーの資格があれば、講師や先生としても活動できます。刺繍について興味をもっている人に刺繍の魅力を伝えられるので、やりがいはとても大きなものとなるでしょう。

つまみ細工士

つまみ細工士は、日本生活環境支援協会(JLESA)が試験を開催し、認定している資格です。日本の伝統的なつまみ細工の基礎について深い知識をもっている人が取得できます。具体的には、つまみ細工に使う材料と道具はもちろん、準備や作り方についても正しく理解していることが求められます。つまみ細工士の資格を取得すれば、つまみ細工について幅広い知識を身につけていることの証明にもなるでしょう。

つまみ細工士資格取得のメリット

つまみ細工士の資格を取得した場合、つまみ細工に詳しいということをアピールできます。自分自身も資格取得によって自信をもてるようになるため、より堂々とつまみ細工の作品作りに励めるようになるでしょう。また、つまみ細工士になるために一生懸命に勉強すると、つまみ細工に関する知識もしっかりと身につきます。つまみ細工は伝統的なものであるので、資格を取ればつまみ細工に関わる歴史についても理解を深められるでしょう。

つまみ細工士の仕事について

つまみ細工士になれば、つまみ細工の作品を実際に作って販売することも可能です。資格取得のためにしっかりと勉強すると、つまみ細工の技術も高くなり、より魅力的な作品を作ることができるようになるでしょう。加えて、つまみ細工の資格があると講師としての活動もしやすくなります。もちろん、そのためにはつまみ細工師としての実績も必要となりますが、コツコツと作品作りを続けていけば自然と実績は高くなっていくでしょう。

スクラップブッキングデザイナー

スクラップブッキングデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催している資格のひとつです。スクラップブッキングの基本的な知識を把握していると認められる人にスクラップブッキングデザイナーの資格が認められます。たとえば、スクラップブッキングに必要な道具や材料について熟知しており、実際の作り方についても幅広く理解していることが求められています。受験資格として特別なことは定められていないため、スクラップブッキングデザイナーは誰でも取得を目指しやすい資格です。

スクラップブッキングデザイナー資格取得のメリット

スクラップブッキングデザイナーの資格を取得することができれば、スクラップブッキングに関する理解がしっかりと深まっている状態になります。そのため、実際に作品を作る際もさまざまなアイデアを出しやすくなるでしょう。自分のためにスクラップブッキングをおこなうだけでなく、人のためにさまざまな提案もできるようになります。また、資格があることにより、スクラップブッキングを人に教えることも可能になるでしょう。スクラップブッキングについての知識やスキルを深めたいのであれば、スクラップブッキングデザイナーの資格取得を目指すとさまざまなメリットを得られます。

スクラップブッキングデザイナーの仕事について

スクラップブッキングデザイナーになると、スクラップブッキングのプロとしての活動を始められます。スクラップブッキングデザイナーの資格があることで信頼されやすくなるため、さまざまな仕事をもらいやすくなります。たとえば、スクラップブッキングのやり方について教える講師になったり、教室を開いたりすることも可能です。もちろん、写真を扱う企業に就職し、スクラップブッキングデザイナーとしての知識やスキルを活かすこともできるでしょう。

ハンドメイドマイスター

ハンドメイドマイスターは、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定している資格です。ハンドメイドマイスターにあるためには、手芸に関わるさまざまなことについて熟知している人に認められます。ハンドメイドマスターになれば、ハンドメイドとの関わりや増やしたり、仕事として取り組むために役立てたりできるでしょう。なお、以前は「クラフトマイスター」「クラフトハンドメイドマイスター」とよばれていた資格は、ハンドメイドマスターに統一されています。試験の内容や合格の基準に変更はないため、同様の勉強で資格取得を目指せます。

ハンドメイドマイスター資格取得のメリット

ハンドメイドマイスターの資格を取得すれば、手芸についての正しい知識を身につけられるため、ハンドメイドをおこなうのがより楽しくなるでしょう。確かな知識や技術のもとで作業できるため、作品の質もより高くなるでしょう。そうなれば、ハンドメイドを通してさまざまな体験ができる可能性が高まります。

ハンドメイドマイスターの仕事について

ハンドメイドマイスターの資格を取得した後は作品の完成度も高くなる可能性があるため、ハンドメイド作品を販売しても売れ行きがよくなりやすいです。また、ハンドメイドマイスターの資格を活かせば講師としてハンドメイドを教えることもできるようになります。
ハンドメイド資格を取得できる通信講座  ハンドメイド資格を取得できる通信講座

手芸資格の学校について

手芸について学びたいのであれば、最もおすすめなのは通信講座です。通信講座なら家にいながら手芸について学べるので、趣味感覚で資格取得も目指せます。忙しい人であっても通信講座であれば、資格取得をスムーズに目指せるでしょう。

手芸資格の試験難易度

手芸の資格は受験資格が定められていないものも多いため、きちんと勉強するやる気があれば誰でも資格取得を目指せる可能性があります。もちろん、まったく勉強しないで資格を取得できるわけではないので、努力することを忘れないようにしましょう。

手芸資格の給料・年収

手芸の資格を所得しても、それだけで給料や年収が変わることはあまりないでしょう。手芸作品の販売をするなら、作品がどれだけ売れるかによっても得られる収入は変化します。まずは技術を磨きながら、よりよい作品作りができるようにしましょう。

手芸資格取得後は

手芸の資格を取得すれば、手芸についてのスキルを高めるきっかけとすることができます。手芸のプロになりたいなら、そのうえでしっかりと練習や実績を積んでいくことが重要です。オリジナルの作品をたくさん生み出したり、人気作品を作ったりできれば、やがては手芸作家としての道も開けるでしょう。
ハンドメイド資格を取得できる通信講座  ハンドメイド資格を取得できる通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA