水彩資格人気ランキング

水彩画は、多くの人が親しむ共通の趣味として長年にわたり活躍してきました。絵を描くということは、それ自体、何もないところから自分だけの作品を生み出すことに繋がりますから、とてもクリエイティブな作業です。それだけに、独学の人も非常に多く、いざやろうと思っても方法が分からなかったりすることは往々にして存在します。また、絵の技量を持っている人であっても、それを生かす術が分からない人も多く、多くの人にとって悩みの種となっているのが現実です。そんな方たちのために、水彩画に関する資格をランキング形式でご紹介していければと考えています。

1位:水彩アーティスト

水彩アーティストは、水彩画を描くための基本的なツールやその技法、さまざまな対象をうまく切り取る構図について幅広い知識を習得している人を認定する資格です。通常絵を描こうと思ってもまず何から用意していいかぴんと来ない人も多いのではないでしょうか。水彩画に特徴的なバケツやパレット、筆や絵の具など、幼い頃に小学校などでやったことのある方法だけでは到底身につかない、本格的な本来の使い方を学ぶことで、誰でも簡単に水彩画を楽しむことができます。特に、絵の具とその混ぜ方、色の作り方、出来上がった色をどう配色するかといった部分においては、かなり熟練者でも頭を悩ませる部分であり、正式な方法を知っている人は意外とあまりいないのが現実です。

こうした一連の水彩画に特化した知識を習得し、かつアーティストとしての肩書きで、自由に自分自身の絵と一緒に活躍する展望を抱けるのが、この水彩アーティストという資格の大きな強みです。資格取得後は、得た技術で自分だけの納得いく絵を作り出し、そしてそれを元に、正真正銘のアーティストとして活躍していくことが出来ます。

また、既に活躍している人にとっても、改めて知識の確認をすることも出来るほか、卓越した技量を元に描き方が分からない生徒さんに対してレクチャーをしたり、水彩画の魅力を余すことなく伝える各地の講師活動に従事するなど、さまざまな生かし方を作ることができます。より大きな活動へと幅を広げるためにも、アーティストの名のついたこの資格はとても使い勝手がよいでしょう。絵に携わる教員や本職のアーティストだけでなく、人間としての幅を広げるためにももってこいです。また、施設の職員などの方も、レクやちょっとしたときにこの資格をもとに絵を教えたりすることができるので、かなり便利であるといえそうです。

2位:水彩画インストラクター

水彩画インストラクターは、水彩画でネックとなる、水彩絵の具を使って絵を描くさまざまな方法を奥深く習得した方を認定する資格です。水彩画は素人でも始めやすい反面、その腕を磨くのがなかなか難しい部類の芸術としてよく知られています。水を使うために煩雑であること、また絵の具の色の出し方や、正確な塗り方を知らず、うまく絵が描けていない人がほとんどではないでしょうか。こうした一方で、水彩画は多くの人に親しまれている傾向があり、それはスポーツなどと異なり体が不自由な人、弱い人であっても続けていける趣味であることに起因しています。

こうした特長から、非常に人口は多く、近年働き方改革などで日常のあり方が模索されている現在、人間としての幅を大切にするひとつとして、水彩画をはじめとする「絵を描くこと」は、その人口をさらに増加させていくと見ることができるでしょう。そんな中で、正しくしっかりと描ける技量と、実際に物品などの使い方、選定方法を理解し、深い知識のある人材は必要不可欠となっていくことはまちがいありません。

特に教えるのが難しい芸術の分野に関して、インストラクターとして活躍することは、競争率が低いこともあり、かなりビジネス的にメリットがあることであるともいうことが出来ます。日常的に絵を描いている人はもちろんのこと、これからはじめて短期間でうまくなりたいと思っている方、また絵に関する知識が豊富で是非資格を取得したい方など、幅広い方を対象にメリットを追求できる資格といえます。資格取得後は、インストラクターとして、さまざまな場所で絵を教えていくことができます。自宅で生徒さんをとってもいいですし、カルチャースクールなどで大規模に講習を開いても楽しいかもしれません。また、その知識を生かして講演をはじめ、本格的な絵の世界で活躍することができるかもしれません。

絵画に関する仕事、美術館の学芸員の方にとっても、普段の仕事と結びつけて考え、より正確な知識を得ることができるので、大変頼もしい存在ですし、ビジネスチャンスやキャリアアップとしてこの資格を活用することができるので、取っておいてまったく損はありません。普段から教鞭をとっている人にとっては特にインストラクター資格ということもあり、絵を教えられるというのは大変大きなアドバンテージとなるでしょう。

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る