洋食資格人気ランキング

日本は、和食、洋食、中華、エスニック料理など世界中の料理を、美味しく食べられる国で、流通度も高いです。生きるうえでは「食」が基本になりますが、【洋食】または【西洋料理】に的を絞った”資格”に焦点を絞ると、実用的な資格はそれほど多くないのが現状です。またプロ資格を取得したくても、制約が多い内容の試験もあるので、今回は人気資格から順にご紹介します。ご紹介する【洋食資格人気ランキング】は、特に【洋食】に関する知識のほか、洋食にまつわる器具やマナーまで幅広いスキルがある方におすすめの資格をランキングしたものです。資格取得後は、食品や飲食業界はもちろん、出版社・広告業界、「食」に関連するネット事業などで使え、活躍できる場は多岐に渡ります。

1位洋食エキスパート

洋食の材料や調味料について熟知し、調理器具を使い分けられ、マナーについても相応の知識を有している方の実力を証明するのが【洋食エキスパート】です。「食」文化に通じる認定試験を多数管轄している、日本安全食料料理協会(JSFCA)で認定しています。【洋食エキスパート】認定試験を受験後、70%以上の成績を修めた方に、資格を授与していますよ。費用は受験料のみで、更新料や認定料がかかることはありません。

【洋食エキスパート】日本安全食料料理協会(JSFCA

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.asc-jp.com/test/yoshoku/

2位健康西洋料理インストラクター

【健康西洋料理インストラクター】は、健康に留意した西洋料理を提供できたり、【西洋料理】のマナーなど、洋食に関連する知識や技能を持ち合わせた方のスキルを証明できる資格です。認定試験に合格したすべての方に、資格を授与します。認定試験を行っている日本インストラクター協会(JIA)は、講師資格のエキスパートとして支持を集める機関なので、「教える」ことが得意な方に向く資格が盛りだくさん。【西洋料理】のノウハウを教えたい方におすすめです。【健康西洋料理インストラクター】を取得すれば、飲食業界での就職のほか、ご自身で開業を考えている方、料理教室や洋食のマナー教室を開きたい方の、夢が実現します。

【健康西洋料理インストラクター】日本インストラクター協会(JIA

費用:受験料10,000円のみ(税込み)

受験に必要な条件:なし

年齢制限:なし

受験地:日本全国(在宅受験)

URL:https://www.jpinstructor.org/shikaku/seiyoryori/

3位西洋料理テーブルマナー講師認定試験

【西洋料理テーブルマナー講師認定試験】は、西洋料理のテーブルマナーを広めるための講師の認定制度です。西洋料理のエキスパートを講師に迎え、歴史やマナーを学ぶための講座に出席します。協会指定の日時に、所定の場所(主に都内)で講習を受けた方に、講師認定試験受験のチャンスがありますが、費用は受講料のほかにも費用が必要なので、事前にチェックしてから臨みましょう。料理よりも、マナーに重点を置いた内容になっています。

【西洋料理テーブルマナー講師認定試験】一般社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会

受験資格:28歳以上    ※セミナー受講修了者であること等、ほかにも条件あり

受講料:27,000円~ ※ほかに年会費の支払い等あり

URL:http://www.hrs.or.jp/manner.html

4位フードスタイリスト

【フードスタイリスト】とは、料理が美味しく見えるよう、食品や食事、食器などをスタイリングする技術に優れた方が取得できるライセンスです。日本フードライセンス国際協会では、3級から1級まで資格を準備し、級を上げたいときは、ひとつ前の級に合格していることが条件になるほか、級によっては会員登録が必要になります。この資格は、西洋料理に限った資格ではありません。

【フードスタイリスト】日本フードライセンス国際協会

受験料:筆記・実技試験20,000円、認定登録料20,000円  ※2級以上は、別途、協会会員費などが必要

URL:http://www.fl-j.com/fblj/foodstylist.html

いかがでしたか?今回は【西洋料理(洋食)】に的を絞って、人気資格をご紹介しました。こうして見てみると、ジャンルを絞った料理資格はあまり多くないと分かってきます。同時に、セミナー受講や会員登録が必須の資格試験もあるので、ご自身に合った資格がどれに当てはまるか、事前にチェックしてから申し込みをすることも大切ですね。【洋食エキスパート】や【健康西洋料理インストラクター】は、実用性を重視しながらも、西洋料理にまつわる知識や、健康に配慮した内容が含まれるなど、幅広い知識や技能を証明するのに適した資格です。それぞれの認定試験を管轄している日本安全食料料理協会(JSFCA)や日本インストラクター協会(JIA)は、時代を反映した資格の数々を取り揃えているので、仕事に活かしたい方は受験を考えてみませんか。

通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る