犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

ドッグトレーニング

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーとは、家庭の犬のしつけにおいて、基礎的な知識・トレーニングの手順の知識やその技術を有していると認められた人に与えられる資格です。例えば、アイコンタクトやハンドサイン、おすわり、伏せ、待て、などのほか、玄関のチャイムや来客への対応、散歩などのトレーニングに関するスキルを有していることが証明されます。例えば、アイコンタクトの場合、まずはオヤツでトレーニングを行い、次に名前を呼び、合図をするといったトレーニングの訓練手順を確実に身につけていることが証明されます。資格取得後は、ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍することができるほか、自宅やカルチャースクールなどで講師活動もできます。試験の概要については、受験資格は時になく、10,000円の受講料で受験が可能です。インターネットからの申し込みができ、受験場所は自宅です。合格基準は70%以上の評価で合格です。ドッグトレーニング資格のドッグトレーニングアドバイザー試験

ドッグトレーニングアドバイザー資格取得のメリット

犬の訓練士は、警察犬や介護・介助犬、セラピードッグから、盲導犬など、公的な意味での犬の訓練士の他に、そこから派生した一般向けの愛玩犬の訓練があります。特に大型犬では、犬にとってはじゃれているつもりでも、犬に慣れていない人にとっては、飛びかかれて怪我をしたり、事故に遭う確率が高くなります。また小型犬でも、歩行訓練が不十分な為に、路上で車道に飛び出し、不幸な事故に遭うケースが近年増加しているのです。ペットブームの影で、犬の正しいしつけを知らず、あまりに暴力的な行為によって動物虐待として大きく報道されているケースもあります。犬は、決して初めから飼い主に従順ではないため、犬と人の違いは、犬を訓練することで社会性を身に着けさせることが非常に重要となります。ドッグトレーニングアドバイザー資格取得のメリットは、動物虐待を防ぎ、正しい犬の飼い方を他人に指導、教えることが出来る立場となります。

ドッグトレーニングアドバイザーの仕事について

愛玩動物の人気は、現代では動物を人と同じ様な家庭の家族の一員として認知され、犬猫は特にその中でも人気を不動のものにしています。しかしながら、高まる需要の中で、犬は特に飼育に関して、人の生活に適用して、上手に人の生活スタイルや環境に対応させる技術がとても必要とされています。犬のしつけに関しても、飼育される家庭によってその手段や方法は、従来まではバラバラでしたが、近年、犬の集団行動の特性について周知がなされるようになり、犬を一定期間の訓練を要した方が、飼いやすく、また犬への愛情も深まることがよく知られるようになりました。ドッグトレーニングアドバイザーは一般家庭向けに、犬の散歩などの連れ添い歩行訓練から、家庭内での犬と人の生活環境の違いからくる誤解を解いたり、より深い犬の習性を他人に指導、アドバイスる出来ることを証明された民間資格となります。しつけセミナー、犬の正しい扱い方を教える講座の開催、一般家庭の愛玩犬の歩行訓練専門の犬の訓練士など、ドッグトレーニングアドバイザーの仕事はその幅が広く、様々な犬に関係する仕事に従事する事が可能となります。

2位 犬のしつけインストラクター

2位 犬のしつけインストラクター

犬のしつけインストラクターとは、名前の通り犬のしつけに関する知識や技術を持ち合わせていると認定された人に与えられる資格です。犬種によるしつけの違いや、首輪・ハーネス・知育玩具などの道具を用いたしつけの方法を身に付けます。また、犬の性格別によるしつけの方法や、食糞、咥えた物を離させる方法、飛びつき癖、立ち入り禁止エリアの教え方、掃除機など音を出すものへの無駄吠えへの対策、室内での無駄吠えへの対策などといった幅広い知識も有している必要があります。多頭飼いでの飼育方法や、成犬や老犬の管理などの実践的なスキルも証明されます。ほかにも、動物病院やトリミングショップ、ペットホテル、ドッグカフェ、ドッグランなど現在人気を集めている場所でのしつけ方、過ごし方といったマナー面についても知識を有していることが証明されます。 資格取得後は、犬のしつけインストラクターとして、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。試験の概要は、受験資格は特にありません。インターネットからの申し込みができ、在宅受験が可能です。合格基準は、70%以上の評価です。ドッグトレーニング資格の犬のしつけインストラクター

犬のしつけインストラクター資格取得のメリット

動物愛護の観点から、犬の習性、特性を理解し、正しい犬の訓練を行いながら、動物を捨てる、飼うのを放棄するといった近年の諸問題を防ぐ役割を果たし、動物愛護に間接的に貢献することが可能です。これから超高齢化社会で独居高齢者が増える中で、犬を家族として飼いたいと願う世帯は激増することは予想されているので、犬のしつけインストラクター資格取得のメリットは、こうした社会背景を基にして、高い需要が見込めることでしょう。

犬のしつけインストラクターの仕事について

犬のしつけとは、大変幅が広い犬の訓練全般を指します。その中でも、人と犬の暮らしの違いを踏まえた上で、犬の本能に応じて対処したがる行動を、飼い主さんや飼い主以外の他人に対して、抑制的な行動をさせる訓練を、犬のしつけとして捉える事ができます。餌を与える前には、騒がず吠えず、じっと餌が出てくるまで待つ態度や、危険回避の為に散歩中は「待て!」の飼い主さんの命令に従い、事故や危険を防ぐ狙いも犬のしつけにはあります。犬のしつけインストラクターはこうした、一般家庭の犬の躾全般に関して、指導やアドバイスが出来ることを証明された資格所有者となります。しつけ講座やセミナー、犬のイベントでも犬のしつけインストラクターは活躍できます。書籍の執筆やインターネットでの普及活動など、現在ではその活動の範囲、仕事は増えていると言えるでしょう。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

3位 家庭犬ドッグトレーナー

家庭犬ドッグトレーナーとは、普通のペットとして飼われている『家庭犬』のお散歩やトイレ、お留守番など、人と暮らしていくためのマナーをきちんと教えることができると認められる人に与えられる資格です。犬との関係は「親子関係」に近いのが特徴となっています。また犬だけでなく、飼い主様をサポートするのもドッグトレーナーの大切な仕事で、飼い主様とのコミュニケーションもとても大切となっています。学び方については、2パターンあります。ひとつ目は、日本ドッグトレーナー協会が主催している公式通信講座で学ぶことです。空いた時間を有効活用して自分のペースで学びたい方にオススメの講座です。ふたつ目は、日本ドッグトレーナー協会唯一の公認スクールで学ぶことです。6ヶ月でプロの技術を習得できます。 木曜日・土曜日開講のため、働きながらプロを目指す方にもオススメです。

家庭犬ドッグトレーナー資格取得のメリット

使役犬以外の、主に家庭で飼育される愛玩目的の犬の歩行訓練、しつけなどに関するプロのトレーナーが、家庭犬ドッグトレーナーです。様々な協会や団体で、講座やセミナーが行われ、犬の飼い主さんでも人気となっている資格の一つです。収益目的でなくとも、一般の犬の飼い主さんが愛犬に対して、より愛情を深める犬とのコミュニケーションがはかれる資格なので、誰でもこの資格を所得できるメリットが大きいです。

家庭犬ドッグトレーナーの仕事について

日本以外でも、多く飼育されている犬は大半が愛玩目的のためです。そのため、犬の訓練はしつけや散歩の歩行訓練など、関心も需要も高く、家庭犬ドッグトレーナーの仕事は、講座や犬のイベントなどでも、講師として活躍することが出来ます。これから非常に人気が高まることが予想される職種に就くことが出来るのが魅力です。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

JCSA認定「ドッグトリマー」とは、JCSA認定校においてドッグトリマー養成専門講座を修了し認定試験に合格した方へ、JCSA認定のマスターライセンスが付与された人のことをいいます。マスターライセンス取得後、さらにキャリアアップをしたい方は、実技スクーリングに参加し規定の単位を取得した後に、JCSA認定のドッグトリマーのインストラクター資格のそれぞれA級・B級・C級の認定試験に合格する事により、それぞれのレベルにあった資格が与えられます。取得については、ペット資格通信専門学校である日本ケンネルカレッジの通信講座を受講する必要があります。通信講座では約5ヶ月の受講期間の間にしっかりとトリマーに関する基礎知識と技術を学び、その後在宅にて認定試験を行います。その認定試験に合格すると、JCSA発行のドッグトリマーの資格を取得する事が出来ます。

JCSA認定「ドッグトリマー」資格取得のメリット

マスターライセンス取得後、キャリアアップを目指し、実技スクーリングに参加し規定の単位を取得した後に、JCSA認定のドッグトリマーのインストラクター資格のそれぞれA級・B級・C級の認定試験に合格する事よって、それぞれのレベルにあった資格が与えられるなど、段階的に認定を受けることにより、ドッグトリマーの技術力と知識を高めることが効率的に行えるメリットがあります。

JCSA認定「ドッグトリマー」の仕事について

ペット以外にも、ビューティやファッション、ホテルやブライダルといった業界の人材育成及び技能向上を目的とした団体として運営されている、日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)が認定するドックトリマーです。数ある協会の認定資格においても、常に高い人気を誇ることで知られています。JCSA公認のドッグトリマーの資格は、まずJCSA認定校においてドッグトリマー養成専門講座を修了し認定試験に合格した方へ、JCSA認定のマスターライセンスが付与されるようになっています。認定校である日本ケンネルカレッジにおいて、ドッグトリマー養成専門講座を受講しドッグトリマーとインストラクター資格を取得すると、ペット業界で独立または開業する為に必要となる動物取扱責任者としての登録が可能となり、ドックトリマーとしてペットサロン、犬の美容室を開業することが容易になります。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

JCSAのドッグトレーナーの資格を取得するためには、協会が認めた『ドッグトレーナー養成専門講座』を受講し、修了する必要があります。犬のしつけの意義やトレーニング方法、褒め方や叱り方、命令の出し方、犬とのコミュニケーション、犬の本能や犬という生物について幅広い知識と技能が必要です。基本的には専門講座で学習し、警察犬や盲導犬のような職業犬の場合は施設で訓練します。家庭犬のトレーナーのみでしたら、通信講座で資格を取ることも可能です。

JCSA認定「ドッグトレーナー」資格取得のメリット

日本キャリア教育技能検定協会が認定を行う、技術力の高いドックトレーナーです。ペット資格通信教育講座を運営する、日本ケンネルカレッジなど、認定校も多く存在しているので、ドッグトレーナー以外の、様々な犬に関する資格を得る意味でも、大変価値のある資格の一つとして知られています。すでにJCSA認定「ドッグトレーナー」資格を得た上でボランティアで活動しながら、プロの犬の訓練士を目指す人も活動をしているので、社会的に認知度は高いのが、この資格の特徴になります。犬好きならもちろん、動物愛護の観点からキチンとした資格を所得したいと願う人には、多くのメリットがあるでしょう。

JCSA認定「ドッグトレーナー」の仕事について

個人で犬の歩行訓練士として顧客を募って事業化したり、専用施設のの設営と運営、または個人で活動する事が可能です。これから多くの需要を見込める職業の一つなので、名称でもすでにドッグトレーナーは、社会で一定以上、認められた職業となります。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

犬・ドッグトレーニング資格の学校について

通信教育他、動物専門学校など、ドックトレーナーに関する学校の種類は民間がほとんどなので、かなりその幅が広いです。また実務的な業態が多いため、手に職を付ける意味でも、かなり価値があり、また将来的に需要も増える見込みがある資格となるでしょう。

犬・ドッグトレーニング資格の試験難易度

実務と犬の特性と習性を体型的、やや学術的に覚える知識と実務経験の両方が必要なため、試験の難易度はかなり高いことになります。犬の繁殖や飼育に一定以上、経験を有していれば難易度は下がります。

犬・ドッグトレーニング資格の給料・年収

ボランティアの他に、犬の訓練士として、サービス事業の展開、独立開業など、様々な仕事に就きながら、顧客需要次第でそれなりに高い年収を稼ぎ出す事も可能です。

犬・ドッグトレーニング資格取得後は

犬・ドッグトレーニング資格取得後は、やはり実務経験で多くの犬と接することが大変重要になります。実際に犬を多頭飼育したり、あるいは犬の訓練施設などで、その知識や経験を更に積み上げ、ステップアップしていくことが望まれます。

ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る