職業資格

<divhttps://www.naritaijob.com/wp-admin/edit.php id=”leftcol”>

中高齢者に対して「生きがい」を見つけてもらう、持ってもらえるような提案をするのが生きがい情報士。高齢化社会と言われる昨今、さらに今後は「団塊の世代」と言われる人たちが順に定年を迎えようとしており、国の今後の政策課題の一つとして、中高齢者の人たちが「生きがい」を持って生活していける社会作り、環境作りがあります。生きがい情報士は、中高齢者に対し、生きがい作りという観念から、就労すること、健康に暮らせること、余暇の活かし方、福祉に関すること、お金に関することなどについて、具体的な情報提供をしたり、提案などを行うなどの支援をしています。

「生きがい」とは、生きて行く上での目的だったり、希望だったりします。生きがい情報士は、定年を迎えて仕事を終える方、子供が成人して手が離れた方などから相談を受け、相談者の経験や希望や要望などを考慮して、精神的・身体的な健康を維持できる生活スタイルの提案、相談者が望む充実したセカンドライフが過ごせるように情報収集などを行い、相談者に合った情報提供をするのが仕事です。

生きがい情報士は、中高齢者が望むライフスタイル、新しい仕事、健康維持の方法、医療、福祉の活用などの情報をインターネットや関係各所などから収集し、相談者に合ったプランニングする事で、社会への参加を促す役目を担っています。

生きがい情報士の働く業界

老人福祉施設、病院、スポーツクラブ、健康福祉センターなどで勤務していますが、生きがい情報士としての役目以外の業務を受け持つ場合もあります。雇用形態は主に正社員にて雇用されている事が多いです。

・老人福祉施設

・病院

・スポーツクラブ

・健康福祉センター

生きがい情報士になるには

生きがい情報士を目指すためには、生きがい情報士に関する知識が必要となるため、(財)健康・生きがい開発財団が指定する養成校にて所定のカリキュラムを受講して資格を取得してから老人福祉施設や病院などに就職するのが一般的です。

生きがい情報士の給料

・就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる

・平均給与:18~20万円/月(初任給)

・男女平均:(男性)3:(女性)7

生きがい情報士に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

生きがい情報士として働く際には、(財)健康・生きがい開発財団が認定する生きがい情報士資格を取得する必要があります。また、社会福祉士などの資格を取得していると就職には有利でしょう。

生きがい情報士への近道アドバイス

生きがい情報士になりたいなら、(財)健康・生きがい開発財団が指定する養成学校にて、必要なカリキュラムを受講して資格を取得するのが一番でしょう。

今、業界で人気の生きがい情報士資格ランキング

  1. 生きがい情報士:(財)健康・生きがい開発財団
  2. 社会福祉士:厚生労働省
  3. 社会福祉主事:地方自治体

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

ページ上部へ戻る