福祉資格人気ランキング

福祉

福祉の仕事が徐々に増えつつある中ら、福祉に関する資格も増えてきています。福祉の分野は今必要な仕事の一つであり、これからも需要のある仕事になります。そのために福祉の資格をとっておいて損はありません。今回は福祉の分野において人気のある資格をランキングでご紹介します。

1位 福祉心理カウンセラー

福祉心理カウンセラーとは、福祉や心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状を理解し、カウンセラーとして活動するレベル能力がある方へ認定される資格です。心理カウンセラーのなかでも特に福祉の分野においての知識が必要であり、福祉に特化したカウンセラーと言えます。
資格を取るには日本アロマメディカル心理セラピー協会が実施する認定試験を受けなければなりません。しかし、受験資格などがないので、誰でもカウンセラーとして活躍できるところが人気の理由になっています。

2位 福祉心理アドバイザー

福祉心理アドバイザーとは日本インストラクター協会が認定している資格の一つです。福祉や心理についての基本的な知識を持ち、また教える能力が一定以上であるとみなされた人へ認定されます。こちらの資格ではカウンセラーとしてだけでなく、講師としても活動できる資格になっています。自宅やカルチャースクールなどで講師活動を考えている人にオススメの資格になっています。興味がある人は受けてみてはいかがでしょうか。

3位 介護福祉士

介護福祉士は今最も必要とされる資格の一つです。病院や介護施設、自宅において身体に障害を持ち、日常生活に支障がある人の手助け・介護を行うのが仕事です。現在、高齢者社会と言われ、介護な必要な人の数もどんどん増えています。そんななかで介護の仕事は需要の高い仕事になっています。

資格を取るには福祉系の大学を出るか、実務を3年以上行い、試験に合格するかが主になりますが、今では通信講座でも取れる資格になっています。介護の仕事をしたいという人には人気の資格です。

4位 福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは高齢者や障がい者にとって住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。健常者にとってなんの障害にならないものも、高齢者や障がい者には大きな障害になるときがあります。それは住宅の中でもたくさんあります。ちょっとした段差や階段の上り降り。これらをどう改善し、高齢者が障がい者が住みやすい住宅を作るのが福祉住環境コーディネーターの仕事です。 住宅関係に携わる人やリフォームなどを考えている人に人気の資格になっています。

5位 社会福祉士

社会福祉士とは多様化する社会福祉のサービスを利用者が的確に利用できるように相談に応じ、各部門と連携を取りながらサービスを提供する仕事です。福祉の分野において様々な制度が作られるようになりましたが、まだまだ知られていない制度もあり、制度が機能していません。利用者が最適なサービスを受けられるようにすることが社会福祉士の役割です。

6位 保育士

少子化と叫ばれる中、保育士はまだまだ必要な仕事です。特に都市部において子供の数は増えており、待機児童の数も増えています。その理由には保育士施設の確保の他に保育士が足りないことも含まれています。なので、保育士の需要はまだまだあります。子供が好きという人には特に人気の資格です。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは?ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは?温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは?2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る