筋トレ資格人気ランキング

筋トレ

ダイエットやボディーラインを整えるためには、【筋トレ】が効果的です。筋肉をつけていくと、ゆがみを改善したり、インナーマッスルを鍛えれば、内臓を正しい位置に戻し、健康への効果も見込めます。最近は女性のボディービルダーも多く、体の見せ方自体も変化してきましたね。女性でも男性でも、適度に筋肉を付けて体を絞ると若々しく見えます。また、ただ細いだけよりも、しなやかな筋肉が付いた体は健康美の象徴と言えるでしょう。【筋トレ】や【健康】に関心の強い方は、取得しやすいと評判の【筋トレインストラクター】や【トレーニングサポーター】などの資格取得を考えませんか?

1位筋トレインストラクター

1位筋トレインストラクター

【筋トレインストラクター】は、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する健康分野の人気資格です。筋肉の付け方および、筋トレに必要な食事、使うと効果的な筋トレの機器に至るまで、総合的な知識や技能のある方が取得できます。【筋トレインストラクター】の認定試験は、Webで申し込んだあと、期限までに解答用紙を協会宛てに返送すればよく、ご自宅で受験できるので、受験地が限定されているほかの資格試験のように、制限を受けることもありません。インストラクター資格なので、【筋トレ】を教えたい方にもぴったりです。この機会に受験を考えて、プロへの一歩を踏み出しましょう。

【筋トレインストラクター】日本インストラクター技術協会(JIA)
費用:受験料10,000円のみ(税込み)
受験に必要な条件:なし
年齢制限:なし
受験地:日本全国(在宅受験)
URL:https://www.jpinstructor.org/shikaku/kintore/

筋トレインストラクター資格取得のメリット

筋肉トレーニングの殆どは室内運動が主体で、バーベル他、機械による筋肉トレーニング器具による、マシントレーニングや、ストレッチなどの道具を必要としないトレーニングの2種類があります。筋トレインストラクター資格取得のメリットは、専用器具を安全に使いこなす指導が出来ることで、スポーツジムの講師やトレーナーとしての役割を担ったり、簡単なストレッチ運動を他人に紹介しながら、女性ではダイエット効果とスタイル維持、男性ではメタボリック予防に対して適切なアドバイスを行えることです。

筋トレインストラクターの仕事について

トレーニング・ジムなどの専用施設では、実際にインストラクターとして雇用されて働く他に、持てる知識を活用して、動画サイトなどでその知識や技術を紹介するなど、様々な活動が出来るようになります。適切に正確な身体の筋肉部位を鍛える、総合的な知識を有しているので、実例を示しながら、解りやすい解説が出来るなら、著名な筋肉インストラクターとして、大いに注目されることでしょう。

2位トレーニングサポーター

2位トレーニングサポーター

【トレーニングサポーター】は、【筋トレ】を通じてダイエットをしたり、生活習慣病を予防するためにエクササイズをしたい方をサポートする技量がある人に与えられる資格です。生活環境や技術面の資格で評判の、日本生活環境支援協会(JLESA)が【トレーニングサポーター】の認定試験を実施していますよ。日本生活環境支援協会(JLESA)では、「美姿勢コーディネーター」や「健康ウォーキングアドバイザー」の認定試験も実施しているので、【トレーニングサポーター】との併願も人気になっています。スポーツジムで活躍したり、開業にも繋がるので、この機会に受けてみてくださいね。

【トレーニングサポーター】日本生活環境支援協会(JLESA)
費用:受験料10,000円のみ(税込み)
受験に必要な条件:なし
年齢制限:なし
受験地:日本全国(在宅受験)
URL:https://www.nihonsupport.org/shiken/trainingsupporter/

トレーニングサポーター資格取得のメリット

自宅や室内で簡単に出来る筋肉の引き締め、筋力トレーニングの指導から、ジョギングやマラソンなどの一般向けの日々の筋肉トレーニン方法など、トレーニングサポーターは、補助的な役割として非常に需要がある資格となります。怪我の予防、軽い運動のコツや指導を、一般向けに誰にでも教えられることから、極めて誰でも取り組める、健康増進の手段を与える事が出来るようになります。

トレーニングサポーターの仕事について

一般向け健康増進のための室内で行える軽い運動など、動画や著作物、あるいはインターネット・サイトを通じて広め、様々な活動を通じて、アドバイスによる収益を得たり、イベントや講習会、健康増進のためのセミナーなどの開催など、幅広い職種が考えられます。筋肉のトレーニングには、それぞれの目的がある場合があります。例えば、加齢による臀部周辺の筋肉の衰えは、長年の長時間、事務仕事などで椅子に座っていたことで、姿勢によって骨盤と背骨の歪み、背筋や腹筋の緩みにより、形が崩れる事が知られています。こうした身体各部の筋肉は、臀部なら臀部周辺だけではなく、太ももの筋肉を鍛える必要があるなど、トレーニングサポーターの資格は、様々な身体の筋肉の役割を理解し、トレーニングを求める人の希望に沿った、正しい筋肉トレーニングが出来る事が出来ると、証明された資格となります。

3位ダイエット検定

3位ダイエット検定

「ダイエット」は本来、食事療法を示す言葉で、【ダイエット検定】なら健康や体重管理のために、食事療法を熟知したプロを目指せます。【ダイエット検定】は、生活アドバイザーとしての2級レベルと、カウンセリングが可能で仕事に活かせる1級(プロフェッショナルアドバイザー)に別れており、1級に合格した方の場合、さらに上の資格を目指すこともできますが、【筋トレ】の概念は薄いと言えるでしょう。

【ダイエット検定】日本ダイエット健康協会
費用:2級 6,000円~ / 1級 7,000円(いずれも税抜き)
講座開催地:回によって異なる
検定日時:3、7、11月の年3回(予定)

ダイエット検定資格取得のメリット

ダイエット本来の意味は単なる減量ではなく、必要以上な脂肪の蓄積を防ぎ、本来の自分の身体、体格を手に入れるための方法と知識を使って、運動と食事を組み合わせた、総合的な健康生活そのものを指します。仕事の都合上、会社ではデスクワーク、運動は通勤のみとか、買い物と家事以外では1日中家にいるようなケースの場合、運動不足となって、暇さえあれば間食をしたり、空腹なら必要以上にカロリーを摂取するような場合が多いものです。ダイエットは、一般の方が独自に始めると、過剰な食事制限や過度な急激な運動の反動でリバウンドすることが多いものです。ダイエット検定は、正しいダイエットの概念の把握と、知識を有しているかを第三機関によって、正しく判定できるメリットがあります。

ダイエット検定の仕事について

健康や体重管理を目的とした正しい食事療法、健康と美に関する正しい知恵と知識を得ているかを推し量る検定試験が、ダイエット検定です。日本ダイエット健康協会が発行しているテキストブックを基にして、誰でも受検出来る特徴があります。、健康・美容・食関連のプロフェッショナルな仕事内容の実現だけでなく、家庭や個人、自己レベルでの健康増進にも大きく貢献することを目的とした検定試験です。トレーナーの他、エステ、セラピー、カルチャースクールなどで、講師として他人に正しいダイエットの知識を教える資格があることが、第三者によって認められた事を示す検定試験なので、学習さえキチンとすれば、誰もが高い合格率で認定を受けることが出来ます。筋トレ専門のトレーナーであれば、筋肉発達よりも、本来の自分のスタイルを取り戻したい一般の需要には応えることが可能となります。

4位ダイエットアドバイザー

4位ダイエットアドバイザー

この【ダイエットアドバイザー】は、医療機関の検診や指導ノウハウをもとにした、有効で継続しやすいダイエット方法を学べる講座になっています。ダイエットスクールや教室を開校することもでき、Web講座を受講した後のレポート提出・受験により資格を認定されますが、これまで紹介した資格と比べると費用が高額です。スポーツトレーナーやエステなどの資格と併用されるケースもあります。

【ダイエットアドバイザー】株式会社エルディ
費用:25,110円~ ※認定料は別途必要

ダイエットアドバイザー資格取得のメリット

安全性・有効性・継続性のあるアンチエイジングダイエットを直接指導でき、日本肥満予防健康協会認定のダイエットスクールを開講することも可能となる他、エステシャン・美容師・健康食品販売員・スポーツインストラクターなどの職業に従事しているなら、ダイエット指導で顧客サービス向上に繋がるメリットがあります。また正しい医学的知識も含まれることになるため、ダイエットアドバイザー単独として、新しいダイエット教室、ダイエット講座を開催することも可能となります。

ダイエットアドバイザーの仕事について

ダイエット指導の実践を具体的に学び、無理なく健康的にダイエットを行うためのバランスの良い食事・運動・意識療法などの体質改善を推進するための資格となります。医療機関の検診、指導ノウハウから構築された正しいダイエットに関する実践学を学ぶことになるため、資格講座を受講することで、様々な健康に関する職種や、仕事に資格を活用する事が出来るようになります。男女共にダイエットは多くの人にとって関心の強いもので、それだけに、インターネットの他にも、各種イベント、健康増進のための講師として、様々な施設などでも活動を通じて仕事とする事が可能となります。

5位インナービューティーダイエットアドバイザー

5位インナービューティーダイエットアドバイザー

自身の心身や食習慣を見直し、アドバイザーとして活躍できる素養を1日で完成させる食事療法資格です。ダイエットに関する食の知識のほか、体調を変化させる食事療法を学びたい方向けの資格になっていて、講座の終わりに試験を受けます。
【インナービューティーダイエットアドバイザー】一般社団法人インナービューティーダイエット協会
費用:50,000円~
いかがでしたか?【筋トレ資格人気ランキング】を見ていくと、筋トレに特化した【筋トレインストラクター】【トレーニングサポーター】などの資格が、とても希少ということが分かりますね。美しく筋肉を付けたり、健康に留意して筋トレを活かしていきたい方は、【筋トレインストラクター】【トレーニングサポーター】を受けて、プロを目指しましょう!

インナービューティーダイエットアドバイザー資格取得のメリット

日本インナービューティーダイエット協会などが行っている、認定資格がインナービューティーダイエットアドバイザーです。特徴は食事療法を取り入れ、料理法、栄養学、腸の健康などを考えた、美容と直結するダイエットアドバイザーの資格となります。料理未経験者でも、1日でインナービューティーダイエットの理論を学ぶことが出来、他人の指導の他に、自分の生活に実践的なダイエットを行える知識や技術を習得できます。インナービューティーダイエットアドバイザー認定講座を受講することで、座学、実習からやがて試験という段階的な資格所得のプロセスを踏んでいくため、ダイエットの食事療法の基本から応用まで詳しく学べるメリットがあります。

インナービューティーダイエットアドバイザーの仕事について

講座を受講して学び、インナービューティーダイエットアドバイザーの資格を得れば、資格所得の明日からでも自分自身の生活改善によって、綺麗な身体を底に入れるための食事療法を実践する事ができます。また、介護や医療現場の他に、メタボリックシンドローム予防のための日々の健康増進に貢献できる人材として、多くの施設や独自に講座やダイエット教室を開くことも可能となります。
筋トレ  筋トレ

筋トレ資格の学校について

座学や通信教育など、テキストの購入や講座を受講して資格を得るのが通例となります。また、通信教育の場合でも、学んだことをすぐに自分で実践することで、その効果を他人に結果を示せるので、筋トレ資格を得ることは、大変他人に対して説得力がある指導やアドバイスを行えるようになります。

筋トレ資格の試験難易度

多くの場合は、座学でも通信教育講座でも、段階的にステップアップしながら学び、最終的に検定試験・認定試験を受けることになるため、試験の合格率は7割から8割と常に高いことが、最大の魅力です。未経験から始められるメリットも大きいでしょう。

筋トレ資格の給料・年収

スポーツジムなどに雇用された場合の平均年収は、200万〜300万円くらいが相場となっていますが、幅広い知識とコミュニケーション力、あるいは集客力などが備われば、人気の指導員として高い報酬を得ることも可能です。またダイエット講師の場合は、独自のオリジナルな食事療法などを考案すれば、書籍を通じて多くの収入を稼ぎ出す事も可能です。

筋トレ資格取得後は

筋トレ資格取得の最大のメリットは、なんと言っても自分でその知識と技術を活かして、自分の身体を使ってそれを証明できる点です。それ故に、非常に説得力があり、効果を他人に説明する際でも非常に有効となる場合の方が大きいです。健康は常に人の関心を引き寄せるので、こうした人材が求められない時代は無いと言っても過言ではないでしょう。

筋トレ  筋トレ

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る