職業資格

患者から検出された細胞に癌細胞が無いか検査をするのが細胞検査士。細胞検査士は、臨床検査技師が行う臨床検査の中でも細胞病理検査を専門としていることから、厚生労働省が認定する臨床検査技師の国家試験に合格してから実務経験を経て資格を取得するか、専門の大学か特定指定施設で研修終了後に認定試験に合格する必要があります。

臨床検査技師が主に検査をするのは、癌などの疑いがある患者の患部から細胞を検出して、癌細胞が有るか否か、癌細胞が悪性か良性かの検査を行っています。癌という病気は早期発見・早期治療によって完治する割合が高くなる事から、細胞検査士が行う検査は非常に重要な役割を担っていると言えます。

癌細胞にも様々な種類や形状があり、一目で癌細胞と分かるものや良性・悪性の判断が容易なものもありますが、実際には癌細胞に似た異形細胞や前癌病変に相当する異形細胞などがあり、細胞検査士には細胞を見抜く知識や技術、また多くの経験が求められる仕事でもあります。

細胞検査士は、採取した細胞に適切な細胞処理や検査に必要な染色法などを施して顕微鏡にて検査を行い、問題のある細胞を発見した場合には細胞診専門医の診断を仰ぎ、最終的な検査結果を作成するところまでが仕事となります。また、検査後は検査結果の精度管理や標本の管理・保存を行う事も細胞検査士の重要な仕事でもあります。

細胞検査士の働く業界

がん専門病院、病院、検診センター、大学、製薬会社など幅広く活躍しており、雇用形態は主に正社員にて勤務しておりますが、中には非常勤としてパートやアルバイトなどで勤務される方もみえます。

・がん専門病院

・病院

・検診センター

・大学

細胞検査士になるには

細胞検査士を目指すためには、厚生労働省が認定する臨床検査技師の国家試験に合格してから実務経験を経るか、細胞検査士を養成する専門の大学か特定指定施設にて研修を修了するなどをして、認定試験に合格して資格を取得してから病院などの医療機関に就職するのが一般的です。

細胞検査士の給料

・就業時間:160~180時間/月 ※就業場所によって異なる

・平均給与:20~22万円/月(初任給)

・男女比率:(男性)4:(女性)6

細胞検査士に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

細胞検査士として働く為には、日本臨床細胞学会が認定する細胞検査士資格を取得する必要があり、受験資格として厚生労働省が認定する臨床検査技師資格、もしくは専門の大学か特定指定施設にて研修を修了する必要があります。

細胞検査士への近道アドバイス

細胞検査士になりたいなら、厚生労働省が認定する臨床検査技師資格を取得してから実務経験を経て、細胞検査士資格を取得するのが一番でしょう。

今、業界で人気の細胞検査士資格ランキング

  1. 細胞検査士:日本臨床細胞学会
  2. 国際細胞検査士:日本臨床細胞学会

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る