職業資格

言語聴覚士とは・主な仕事内容

 

障害や後遺症をもっている人に訓練を通じながら支援するのが言語聴覚士。言語聴覚士は厚生労働省が認定する国家資格です。言語聴覚士は様々な障害や後遺症を持つ人に対して、その人が自分らしく生活できるように、コミュニケーションが取れるように訓練やリハビリなどの支援をしています。言語聴覚士は主に、話す事・聞く事が出来ない方を対象にしており、生まれつきの傷害で耳が聞こえない・喋ることが出来ない聴覚障害者、脳梗塞や脳の病気・事故や怪我によって言語障害などの後遺症がある人、人や物の名前が出てこない失語症の人や計算が出来ない失算症の人、小児発達障害の子供、自閉症などのコミュニケーション障害を持つ人などになります。

言語聴覚士は、患者さんが持つ障害の内容や症状を理解し、問題の原因を探り、検査などをしながら、患者さん一人一人に応じた訓練やリハビリのメニューを作成します。そして、患者さんのレベルに応じた訓練やリハビリを行っていきます。訓練には、言語聴覚士の口の形を真似て声を出す練習、呼吸や発声の練習、文字や絵を使って言葉で表現する練習など、障害に応じた様々な手法を活用します。また障害や後遺症が原因ではなく、心理的な要因から、上手く喋れない、コミュニケーションが取れない、食事が出来ないなどの症状を来す患者さんもいる為、理学療法士や作業療法士などと連携を取りながら行う場合もあります。

 

言語聴覚士の働く業界

 

病院、リハビリテーション、障害者施設、老人保健施設などの福祉施設で勤務している方が多く、また近年になって国家資格となった資格であるため、需要が多いと言えます。

 

・病院

・リハビリテーション

・障害者施設

・老人保健施設

 

言語聴覚士になるには

 

言語聴覚士を目指すためには、言語聴覚士に関する知識や技術を身に付けて、国家資格に合格する必要がある為、専門の学校や大学に入り、言語聴覚士に関する知識や技術を身に付けて見に付けて資格を取得してから医療機関やリハビリテーションなどに就職するのが一般的です。

 

言語聴覚士の給料

 

・就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる

・平均給与:18~19万円/月(初任給)

・男女比率:(男性)2:(女性)8

 

言語聴覚士に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

 

言語聴覚士として働くためには、厚生労働省が認定する国家資格の言語聴覚士資格が必要となる為、国家資格受験資格として、言語聴覚士の養成課程がある専門の短大や専門学校などで所定の課程を修了する必要があります。

 

言語聴覚士への近道アドバイス

 

言語聴覚士になりたいなら、言語聴覚士に関する知識や技術を身に付ける為に、専門の短大や大学で所定の課程を受講し修了した後に、言語聴覚士国家試験に合格し資格を取得するのが一番でしょう。

 

今、業界で人気の言語聴覚士資格ランキング

 

  1. 言語聴覚士:厚生労働省認定国家資格

 

 

通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

話題をチェック!

  1. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  2. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  3. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  4. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  5. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
  6. 西洋占星術ホロスコープ

    西洋占星術資格人気ランキング

    西洋占星術は一般的にはホロスコープなどを使用し、人の運命や本質を見る占いです。占いには特別な力が必要…
  7. キャンドル

    キャンドルアドバイザー認定試験・口コミ評判

    キャンドル作りは、アロマなどの香りや癒しに興味のある人、物作りが好きな人に人気があります。最…
ページ上部へ戻る