証券アナリスト

職業資格

投資に関する調査を行い、投資活動の判断材料を用意して投資に関する助言をするのが証券アナリスト。証券アナリストは、企業・証券・市場などの分析を行い、分析結果に基づいて、個人や金融機関投資家などの投資家の資産運用について、投資判断に適した資料の作成や投資に関する助言などを行っています。

証券アナリストには、証券会社の調査部門に所属して株式・証券などの調査や分析を行うリサーチ・アナリストと、投資信託・投資顧問・信託銀行などに所属して様々な証券を組み合わせて効率よく運用するポートフォリオ・マネージャーとに分けられます。また、証券アナリストが対象とする調査は、日本経済や世界経済、証券市場、個別企業があり、個別企業を専門とする証券アナリストは、企業の財務状況、業績の見通し、産業全般や経済・金融の動向を調査・分析を行ったり、また実際に企業に足を運んで取材や株式総会などに参加をするなどをして生の情報を入手したりもします。

投資アナリストは、今は何に投資をすれば良いのか、これから成長する投資先は何かなどを予測する為に、株式、為替、原油価格、金利などの動向について膨大なデータを集め、それら膨大な数字や情報から、投資価値の評価を算定して予測をする為、数字を読み取る力・想像力・統計学などの能力が求められる仕事と言えます。

証券アナリストの働く業界

証券会社、投資信託会社、投資顧問会社、生命保険会社、銀行などで活躍をしており、主な雇用形態は正社員になりますが、フルコミッション(出来高制)などで就業をされている方もいます。

・証券会社

・投資信託会社

・投資顧問会社

・生命保険会社

証券アナリストになるには

証券アナリストを目指すためには、証券アナリストに関する知識やテクニックを身に付ける必要があり、専門の講座などを受講して、資格を取得してから証券会社や投資信託会社などに就職するのが一般的です。

証券アナリストの給料

・就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる

・平均給与:20~23万円(初任給)

・男女比率:(男性)9:(女性)1

証券アナリストに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

証券アナリストとして働く為には、特に必要な資格はありませんが、(公)日本証券アナリスト協会が認定する証券アナリストや日本証券業協会が認定する証券外務員などの資格を取得すると就職には有利でしょう。

証券アナリストへの近道アドバイス

証券アナリストになりたいのなら、証券アナリストに関する知識やテクニックを専門の講座などを受講して身に付けて資格を取得するのが一番でしょう。

今、業界で人気の証券アナリスト資格ランキング

  1. 証券アナリスト:(公)日本証券アナリスト協会
  2. 証券外務員(一種):日本証券業協会
  3. 証券外務員(二種):日本証券業協会

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る