中小企業診断士

職業資格

中小企業診断士とは・主な仕事内容

中小企業を対象に経営のコンサルティングを行うのが国家資格を取得した中小企業診断士。中小企業診断士は中小企業が抱える様々な問題を経営者にアドバイスをしながら、経営者と協力して解決に向けた政策をするのが仕事です。その内容は多岐に渡り、人材確保や資金繰り、資産運用、システムの構築、販売促進、インターネットの活用など様々です。その為、中小企業診断士には、経営に関する深い知識と様々な分野への知識や活かし方などが求められ、さらには経営者から信頼される的確なアドバイスとコミュニケーション能力が求められる仕事です。

中小企業診断士はクライアントから依頼があると、まずは企業の調査やヒアリング、業務内容の精査などを行い、企業がどんな問題を抱えているのか、何が問題なのかを見極め、そしてそれら問題をどう解決に導くのかを考えます。そして経営診断報告書を提出し、問題解決に向けた取り組みを経営者と会社全体の問題と捉えて遂行していきます。

現在の日本の経済は、1%の大企業と99%の中小企業で成り立っており、中小企業の繁栄が国の繁栄を担っている現状、中小企業鑑定士の需要は年々高まってきていると言えます。中小企業診断士は、広い視野と得意とする専門分野の知識や技術を活かして、中小企業の経営サポートを行っています。

中小企業診断士の働く業界

経営コンサルティング会社を始め、一般企業などでも企画経営などの部署で募集がされています。また、独立して開業をされる方も多く存在します。

  • 経営コンサルティング会社
  • 一般企業(企画経営)
  • 独立開業

中小企業診断士になるには

中小企業診断士を目指すためには、経営に関する知識を習得する必要があり、大学の経済学部や経営学部、専門の学校に通い、経営に関する知識を身に付けて、国家資格の中小企業診断士の資格を取得するのが一般的です。

中小企業診断士の給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:24~26万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)7:(女性)3

中小企業診断士に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

中小企業診断士として働く際には、(般)中小企業診断協会が主催する中小企業診断士の資格を取得して経済産業省に登録することで中小企業診断士として仕事をする事が出来ます。

中小企業診断士への近道アドバイス

中小企業診断士になりたいなら、経済や経営学が学べる大学や専門学校に通い、中小企業診断士の資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の中小企業診断士資格ランキング!!

  1. 中小企業診断士 中小企業診断協会
  2. 中小企業組合検定:全国中小企業団体中央会
通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

話題をチェック!

  1. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  2. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  3. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  4. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  5. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
  6. 西洋占星術ホロスコープ

    西洋占星術資格人気ランキング

    西洋占星術は一般的にはホロスコープなどを使用し、人の運命や本質を見る占いです。占いには特別な力が必要…
  7. キャンドル

    キャンドルアドバイザー認定試験・口コミ評判

    キャンドル作りは、アロマなどの香りや癒しに興味のある人、物作りが好きな人に人気があります。最…
ページ上部へ戻る