カラーセラピー

色彩の持つ特性を活かして、商品のニーズに合ったイメージカラーを提案するのがカラーコーディネーター。色には様々な特色があり人に与える心理的な影響、色の組み合わせによる視覚効果などの知識を活かして、商品の色彩や配色などのコーディネートをするのがカラーコーディネーターの仕事です。

どんな物にも必ず色があり、カラーコーディネーターの仕事は多岐に渡ります。服飾などのファッションのカラーコーディネート、企業の商品などへの色彩戦略へのアドバイス、接客や販売に関する色彩アドバイス、建築やインテリアなどへの色彩アドバイス、街づくりなど色彩環境に関するコンサルティングなどでカラーコーディネーターの知識が活躍しています。

例えば代表的な色として、『赤』は非常に目立つ事から視覚誘導の効果があり、色からは温かみを感じ、『青』は心を落ち着かせて集中力を高めるなどの効果があり、色からは寒さを感じ、『黄』は注意を喚起しやすい効果があり、色からは喜びや楽しさを感じ、『緑』は自然色で目に優しくストレスを和らげる効果があり、色からは優しさを感じるなど、色には様々な効果があると同時に役割も担っていると言えます。

それらを理解し、商品開発に活かすのがカラーコーディネーターの腕の見せ所でもあります。

カラーコーディネーターの働く業界

アパレルメーカー、インテリアメーカー、出版関係、Web制作会社、ハウジングメーカーなどで活躍していますが、企業に属してから職務に応じて資格を取得される方が多いようです。

  • アパレルメーカー
  • インテリアメーカー
  • 出版関係
  • Web制作会社
  • ハウジングメーカー

カラーコーディネーターになるには

カラーコーディネーターを目指すには、色彩に関する知識を習得する必要があるため、専門学校や講座などで知識を身に付け、アパレルメーカーやインテリアメーカーなどに就職を目指すのが一般的です。

カラーコーディネーターの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:19~21万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)2:(女性)8

カラーコーディネーターに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

カラーコーディネーターとして働く際には、知識さえあれば特に資格は必要ありませんが、東京商工会議所が認定するカラーコーディネーター検定や(社)全国服飾教育者連合会が認定する色彩検定などを取得すると就職に有利でしょう。

カラーコーディネーターへの近道アドバイス

カラーコーディネーターになりたいなら、専門学校や講座などを受講をして色彩に関する知識を身に付け、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のカラーコーディネーター資格ランキング!!

  1. カラーセラピー: 日本アロマメディカル心理セラピー協会
  2. 色彩インストラクター: 日本インストラクター協会

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る