ゲームクリエイター

職業資格

ゲームクリエイターの主な業務内容は以下の3つになります。

  • 企画書の作成
  • 仕様書の作成
  • ゲーム調整

企画書の作成とは、これから開発したいと思っているゲーム案を作成する作業です。提案したゲームの新規性や面白さを考えます。

仕様書の作成とは、ゲームの詳細動作などを記した書類の作成です。テレビゲームでは、仕様書の作成がゲームクリエイターの主な仕事になります。

ゲーム調整とは、ゲームに存在するパラメータを、ゲームクリエイターの手調整によって決定する作業を言います。この業務は、ゲームによって違っており、一番の肝になるといえるかもしれません。

ゲームクリエイターの働く業界

ゲームクリエイターのイメージは、WiiやPSなどといったゲーム機をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

しかし、スマートフォンの普及もあり、ゲームと名のつくものにはソーシャルゲームなども含まれ、非常に多く存在しております。そのためゲームクリエイターにも種類が複数存在します。

どのような分野あるかといいますと、以下のような分野に分かれます。

  • 家庭用据え置き機
  • 携帯ゲーム
  • ゲームセンターのゲーム機
  • ソーシャルゲーム
  • パチンコ・スロット

ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターになる方法としては、学校を卒業し就職活動をすることが必要です。大学からの就職は全体の6~7割程度。残りで多いのが専門学校からゲームクリエイターとして就職する方法です。

とはいうものの、アプリ作成に必要なソフトさえそろっており、技術があれば自宅でも携帯用ゲームは作成できます。そういった方も立派なゲームクリエイターと言えるでしょう。

ゲームクリエイターの給料

  • ゲームクリエイターの平均年収額は360~420万円くらいが目安となります。
  • ヒット作品をプロデュースするまでのゲームクリエイターは、年収1000万円以上となります。
  • また、アルバイトや契約社員、派遣社員の場合は、時給1000~1500円ぐらいが相場となります。

ゲームクリエイターに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

ゲームクリエイターに必要な資格はありませんが、持っていると間違いなくゲーム作りに活きるでしょう。アイデアを出す際には、何があると良いか誰もわかりません。たとえば、三国志のゲームを作る際に、三国志検定を持っていると良いかもしれませんよね。

ゲームクリエイターへの近道アドバイス

総合的に学びたいのであれば専門学校も一つの手段だと思います。何はともあれ、ゲームクリエイターの仕事を把握し、何をしたいのか、そのためには何が必要かをしっかりと見極めることが近道です。

今業界で人気のゲームクリエイター資格ランキング!!

  1. マルチメディア検定: CG-ARTS協会
  2. CGエンジニア検定: CG-ARTS協会
  3. MIDI検定: 一般音楽電子事業協会

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る