グラフィックデザイナー

職業資格

雑誌の広告、ポスター、チラシなど、印刷物など紙媒体のデザインをするのがグラッフィックデザイナー。クライアントから依頼を受けて、デザインのテーマやコンセプトに応じてイラストレーターなどを用いてデザインをし、必要に応じてカメラマンに撮影をしてもらったり、イラストレーターにイラストを描いてもらったり、必要な素材を集めて一つのデザイン画を制作するのがグラフィックデザイナーの仕事です。

よく似た仕事として、CGデザイナーやWebデザイナーがありますが、その違いは、CGデザイナーは2次元や3次元の画像・映像を用いて商品や広告そのものではなく素材を作る場合が多く、Webデザイナーは制作物の媒体がグラフィックデザイナーの紙ではなく、ホームページなどWeb上の物かどうかの違いです。

グラフィックデザイナーは、写真やイラストや文字などの素材を用いて平面的なデザインを構築していきますが、クライアントの依頼に基づいたデザインのテーマやコンセプトが明確に表現できるように、それぞれの素材を活かしながら配置していきます。その為には、芸術的なセンスと商業的表現のセンスの両方を兼ね備えている必要があり、グラフィックデザイナーが描くデザインは、いかにテーマやコンセプトを見た人に伝える事ができるかがポイントとなります。

グラフィックデザイナーの働く業界

広告代理店、出版社、印刷デザイン会社、デザイン制作会社などで活躍をしており、雇用形態は正社員、パート、派遣、在宅、フリーと多岐に渡ります。

  • 広告代理店
  • 出版社
  • 印刷デザイン会社
  • デザイン制作会社
  • フリー

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーを目指すためには、グラフィックに関する様々なテクニックやイラストレーターなどのソフトを習得する必要があります。そのため、専門学校などに通い基本的な知識と技術を身に付け、広告代理店や出版社などへの就職を目指すのが一般的でしょう。

グラフィックデザイナーの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:22~24万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)7:(女性)3

グラフィックデザイナーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

グラフィックデザイナーとして働く際には、特に必要な資格はありませんが、ソフトウェア活用能力認定委員会が主催するIllustratorクリエイター能力認定試験やPhotoshopクリエイター能力認定試験などの資格を取得していると就職に有利でしょう。

グラフィックデザイナーへの近道アドバイス

グラフィックデザイナーを目指すためには、大学や専門学校などでグラフィックデザイナーや美術などの技術を身に付けるのが一番でしょう。

今業界で人気のグラフィックデザイナー資格ランキング!!

  1. Illustratorクリエイター能力認定試験:サーティファイ
  2. DTPエキスパート:日本印刷技術協会
  3. Shadeデビューマスター:イーフロンティア

インテリアデザイナー  空間

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る