職業資格

照明コンサルタントとは・主な仕事内容

照明に関する様々な専門知識をもって企画・施工するのが照明コンサルタント。生活する上で照明は必要不可欠なものであり、照明により明るく住みやすい住環境の提案や企画・施工を行います。照明コンサルタントは、様々な形・色・光の強さがある照明を適材適所に配置する事で、照明による演出や雰囲気作りなどの照明プランなどのアドバイスも行っています。

店舗などでは光の加減により商品を見やすく・美しく見えるように、事務所や企業などでは必要な明るさを維持しつつも疲れず快適に仕事が出来る環境作りなどを行っております。

また建物の図面を見ながら、各部屋などの広さや天井の高さなどを考慮し、照度計算をしながら部屋の明るさを把握し、光度配置などを行う事によって最適な照明配置を決めるなどの専門知識も必要となります。

店舗に於いては、店舗のイメージ・陳列される商品を念頭に置いて、数ある照明の種類の中からデザイン性と店舗イメージに沿った照明を選び、その照明が人に与える心理なども考慮する事で購買意欲を高めるなどの工夫を行います。

近年では、省エネ効果に期待できるLED電球の採用や消費電力の少ない照明を使用するなど、社会情勢への対応も求められています。

照明コンサルタントの働く業界

ハウジングメーカーや照明メーカー・照明販売店などで活躍をしております。設計事務所や工務店などでも募集がされています。資格は通信教育を受講して取得する事が出来るので就業しながら資格を取得する方も多くいます。

  • ハウジングメーカー
  • 照明メーカー
  • 照明販売店
  • 建築設計事務所
  • 設計コンサルタント

照明コンサルタントになるには

照明コンサルタントになるためには、通信学習によって基礎講座を修了すれば取得できる認定資格ですので資格取得後は、照明メーカーや照明販売店などに就職することを目指すと良いでしょう。

照明コンサルタントの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:23~25万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)4:(女性)6

照明コンサルタントに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

照明コンサルタントとして働く際には、((一社)照明学会)が認定する照明コンサルタントの資格が必要とります。併用して実践空間ディスプレイデザインなどの資格があると仕事の幅が広がります。

照明コンサルタントの近道アドバイス

(一社)照明学会が行っている通信講座の受講とスクーリングを受講すれば認定されますので、就業しながら資格を取得することが出来ます。

今業界で人気の照明コンサルタント資格ランキング!!

  1. 空間ディスプレイデザイナー 日本デザインプランナー協会
  2. インテリアデザイナー認定試験 日本デザインプランナー協会
  3. 照明コンサルタント 照明学会

空間  空間

通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは?ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは?温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは?2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る