福祉住環境コーディネーター

福祉

高齢者や障害者の方が安心して暮らせる住環境を提案するのが福祉住環境コーディネーター。介護施設や養護施設の建設時、または、高齢者の方が住めるようなリフォームなどをする場合、足が不自由な高齢者や障害を持たれている人が安全に過ごせるように、バリアフリーや取っ手、滑り止めなどを効果的に使用したり、介助をされる方が介助し易いような工夫をしたりなど、高齢者の住環境について様々な提案をするのが、福祉住環境コーディネーターの仕事となります。

福祉住環境コーディネーターは、高齢者の方の立場となっていかに安全な設備を提案する事が出来るか、また、介助される方がいかに便利性良く仕事が出来るかなどを一番に考え、様々なアイデアが提案できるように研究する事も大切な仕事です。

これからの日本は高齢者社会と言われ、介護施設や養護施設の需要は多く、様々なサービスとともに、いかに安全で安心して過ごす事が出来るかが焦点となっており、福祉住環境コーディネーターの仕事は重要な役割をしていると言えます。

現在の実情として、福祉住環境コーディネーターとして仕事をされている方は少なく、建築会社や設計事務所で勤務をされている方が併用して福祉住環境コーディネーターの資格を取得される方が多くを占めています。

福祉住環境コーディネーターの働く業界

福祉施設、介護施設、病院、建築会社、建築設計事務所などで活躍をされていますが、福祉住環境コーディネーターとしての募集は少なく、仕事の一環として資格を取得される方が多く占めています。

  • 福祉施設
  • 介護施設
  • 建築会社
  • 建築設計事務所

福祉住環境コーディネーターになるには

福祉住環境コーディネーターを目指す為には、福祉住環境コーディネーターとしての知識やテクニックを習得する必要があり、介護施設や建築会社などに務めながら資格を取得するのが一般的です。

福祉住環境コーディネーターの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:18~20万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)6:(女性)4

福祉住環境コーディネーターに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

福祉住環境コーディネーターとして働く際には、特に必要な資格はありませんが、東京商工会議所が主催する福祉住環境コーディネーターや建築技術普及センターが認定する二級建築士などを取得すると就職に有利でしょう。

福祉住環境コーディネーターへの近道アドバイス

福祉住環境コーディネーターになりたいなら、専門の講座などを受講し、介護や住環境に関する知識を習得して資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の福祉住環境コーディネーター資格ランキング!!

  1. 福祉住環境コーディネーター: 東京商工会議所
  2. ライフ環境アドバイザー:日本デザインプランナー協会

福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る