介護福祉士

職業資格

介護福祉士とは・主な仕事内容

日常生活が困難な高齢者や障害のある人の身体の状況に合わせた介護をするのが、国家資格を取得した介護福祉士。介護福祉士は主に福祉施設や老人介護施設や障害者支援施設などで、介護職やケアワーカーとして、要介護者さんの身体的な補助を行う仕事をしています。

介護福祉士が高齢者や障害者などに行う業務として、食事、排泄、入浴、衣服の着脱、身体の衛生管理(清拭、洗顔、歯磨き)などの補助をする身体介護、食事の用意、洗濯、掃除、日常的な家事の援助をする生活援助、要介護者さんやその家族の方の相談に乗ったりアドバイスをする相談・助言、要介護者は孤立しがちの為、家族や近隣の方と良い関係が築けるような支援をする社会活動支援があります。特に身体介護などは、要介護者さんを抱きかかえたり、車いすに乗せたり、体を起こしたり、入浴をさせたりと肉体的負担が多いとともに、怪我や事故をさせないよう細心の注意が必要で精神的負担も多いと言えます。

介護が必要な方は、自分で動く事が困難な方であったり、自分の考えを伝える事が出来ない認知症の方であったり、精神的に不安定な方であったりと様々です。その為、介護福祉士は、介護を必要とされる方のトータルサポートを行う事で、人間らしい生活が出来るような手助けをするのが仕事となり、介護を必要とされる方が何を望み、何をして欲しいのかをいかに察知する事が出来る洞察力が求められると言えます。

介護福祉士の働く業界

福祉施設、老人介護施設、障害者支援施設、社会福祉法人などで就業されている方が殆どであり、雇用形態は正社員、パート、派遣、契約社員と様々です。

  • 福祉施設
  • 老人介護施設
  • 障害者支援施設
  • 社会福祉法人

介護福祉士になるには

介護福祉士を目指す為には、介護福祉士の国家資格を取得する必要があるため、介護福祉士の養成施設を卒業する(平成27年4月1日以降は介護福祉士試験に合格する必要があります)か、介護の実務経験を3年以上経て試験に合格して資格を取得する必要があります。

介護福祉士の給料

  • 就業時間:180時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:18~21万円/月 (初任給)
  • 男女平均:(男性)2:(女性)8

介護福祉士に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

介護福祉士として仕事をする際には、厚生労働省が認定する国家資格の介護福祉士資格を取得する必要があり、資格取得後は介護福祉士として就業する事が出来ます。

介護福祉士への近道アドバイス

介護福祉士になりたいなら、介護福祉士の養成学校を卒業する(平成27年4月1日以降は介護福祉士試験に合格する必要があります)か、介護の実務経験3年を経て介護福祉士試験を受けて資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の介護福祉士資格ランキング!!

  1. 介護福祉士 公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

職業一覧

  1. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  2. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  3. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  4. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  5. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
  6. 西洋占星術ホロスコープ

    西洋占星術資格人気ランキング

    西洋占星術は一般的にはホロスコープなどを使用し、人の運命や本質を見る占いです。占いには特別な力が必要…
  7. キャンドル

    キャンドルアドバイザー認定試験・口コミ評判

    キャンドル作りは、アロマなどの香りや癒しに興味のある人、物作りが好きな人に人気があります。最…
ページ上部へ戻る