西洋占星術占い師として働くために必要な資格とは?仕事内容やおすすめの資格講座を紹介

西洋占星術占い師として働くために必要な資格とは?仕事内容やおすすめの資格講座を紹介

心理的な不安やストレスを抱える人が多い昨今、寄り添い共に悩みを解決していく占い師や鑑定士、カウンセラーなどは需要があります。

なかでも西洋占星術占い師は、人の本質や性格、運勢を読み取ってアドバイスする鑑定士や西洋占星術を教える講師などさまざまな活躍が可能です。

西洋占星術占い師について、仕事内容や働く場所、資格取得の必要性やおすすめの通信講座などをご紹介します。

西洋占星術について

西洋占星術とは、決まった場所から星や惑星の位置と周期を読み取るホロスコープを通して人の運命や性格、本質を深く読み取る占いです。

西洋占星術占い師は、西洋占星術の鑑定結果を伝え、相手に寄り添い良い方向に進めるようアドバイスできる人物となります。

西洋占星術を活用した職業は西洋占星術占い師だけではなく、占いカウンセラーや西洋占星術の講師などさまざまです。

西洋占星術の力を借りながら、人々の悩みに寄り添い前向きになれるようサポートします。

鑑定結果には良し悪しありますが、結果が全てではありません。

先を見据え、どのように考えて行動をしたら前向きになれるのかなど、アドバイスまでが西洋占星術占い師の仕事です。

西洋占星術の資格の必要性と学習方法

西洋占星術の資格の必要性と学習方法

西洋占星術の資格は、西洋占星術占い師や講師になるために必須ではありません。

しかし、西洋占星術資格の所持により、専門知識とスキルの高さをアピールできるツールとなります。

西洋占星術占い師は、人の悩みに寄り添って明るい未来に導けるようアドバイスする仕事です。

悪い鑑定結果が出たとしても、より良い未来に導くアドバイスができなくては、相談者の満足を得られません。

占い師の人気は口コミで広がることが多いのですが、実績を積まなければ良い口コミを多く得るのは困難です。

西洋占星術資格の所持によって、説得力がありスキルをアピールできます。

西洋占星術の知識は、占い学校やセミナー、通信講座で習得できますが、学校に通うと知識習得までに時間と手間、学費がかかってしまいます。

現在他の仕事を続けながら西洋占星術占い師に興味を持つ人、また費用や時間に余裕がない人は、通信講座を受講するのが最適です。

通信講座は自宅で学習ができるうえ、学校に通うのに比べて時間と費用も抑えられます。

現在の生活リズムを変えず、自分のペースで学習できるのもメリットです。

西洋占星術占い師の仕事内容・主な勤務場所・年収

西洋占星術占い師の仕事内容・主な勤務場所・年収

西洋占星術の知識を活かせる職業は、西洋占星術占い師だけではありません。

占いカウンセラーや西洋占星術講師などさまざまです。

なお、占い師の場合勤務場所よりも、仕事内容や人気の有無によって年収が変動します。

西洋占星術の知識を活かした職業の主な仕事内容や勤務場所、年収について紹介します。

占いサロン・電話占い・自宅開業

占い師や鑑定士として働く場合は、占いサロンや電話占いが主流です。

電話占いであれば自宅で対応可能ですが、占いサロンは施設に出向いて対面で占いを実施します。

占いサロン、電話占いともに運営元によって基本的な報酬は異なるため、年収はどの程度なのか一概に言えません。

当たると評判になったり口コミで人気が広がれば、その分相談者が増えて報酬も挙がります。

初めは月数千円〜数万円ということも十分あり得ます。

人気占い師であれば、年収1000万程度も夢ではありません。

しかし、実績と口コミが大切なことを覚えておいてください。

占いスクール

占い師や鑑定士としての実績を積み、講師として若手にレクチャーしたいと思う方もいるかもしれません。

講師であれば、ひとつの講習やセミナーにつき金額が決まるので、報酬は安定するでしょう。

しかし、スクールによって報酬の設定金額は異なります。

講師の人気や口コミによっても、講習やセミナー、授業の依頼は変動します。占いスクールの講師としてだけの年収は一概に言えません。

占い師の年収は一般的に100~200万程度ですが、人気占い師ともなれば500~1000万円になる人もいます。

占いスクールの講師と占い師の仕事は、両立によってより収入は増えるでしょう。

西洋占星術占い師としてのやりがい

西洋占星術占い師として大きくやりがいを感じるのは、相談に訪れた相手の状態が今より良くなっていくのを感じたときです。

不安やストレスから解放されると、相談者の表情や声色が明るくなります。

なお、やりがいを感じられる一方、西洋占星術占い師を続けるうえで気を付けておきたい点が2つあります。

  • 相手の話をよく聞く
  • 自分の心を労わる

1つは相手の話をよく聞くという点です。

悩みや不安を人に話すのは勇気が必要で、相手が占い師であっても同様となります。

占い師が何度も同じことを聞いたり、お門違いなアドバイスをしたりすると、相談者に人の話を聞いていない占い師という印象を与えてしまいます。

相談者がせっかく悩みを打ち明けても、余計にストレスを抱えてしまう結果になりかねません。

西洋占星術占い師として相談者に真摯に向き合い、誠実な受け答えをするようにしてください。

2つめの注意点は、自分の心を労わることです。

西洋占星術占い師の顧客は主に悩みや不安、ストレスを抱えた相談者となります。

悩みや不安、ストレスは陰の要素があり、聞いている側も知らぬうちにストレスを感じています。

西洋占星術占い師も自身の心を労わり、メンタルケアを行うのが大切です。

悩みや不安を抱えている相談者をサポートをしたいと思い、西洋占星術占い師を目指す方が多いでしょう。

しかし自身のメンタルケアを行ったことにより、精神状況が不安定になっては元も子もありません。

西洋占星術占い師として長く活躍するためにも、自身の心ともしっかり向き合ってください。

西洋占星術の代表的な資格 

西洋占星術の代表的な資格

西洋占星術の知識を習得する代表的な資格は、ホロスコープ鑑定士と西洋占星術士の2つです。

それぞれどのような資格なのか、具体的に紹介していきます。

ホロスコープ鑑定士 

ホロスコープ鑑定士は、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が発行している資格です。

JAAMPでは、心のケアなどのスキル水準が一定以上であるかを認定する資格として、美容・健康・セラピーや占い、癒しや心理カウンセラーの資格を発行しています。

西洋占星術士

西洋占星術士は、日本占い師協会(JFTA)が発行している資格です。

JFTAでは、占いに関する技術や知識の水準が一定であるかどうかを認定しています。

西洋占星術士の他に、タロットや風水など占いに関するさまざまな資格試験があります。

西洋占星術占い師になるためにおすすめの資格

西洋占星術占い師になるためにおすすめの資格

西洋占星術占い師になるために、資格取得は要件となっていません。

しかし、資格の取得によって占い師として説得力が増し、実績がないうちからスキルのアピールが可能です。

西洋占星術占い師に役立つ2つの資格について、受験料や合格基準などを詳しくご紹介します。

ホロスコープ鑑定士

ホロスコープ鑑定士は、占いサロンや自宅で鑑定士として活動したり、インストラクターとして講座やセミナーを開いたりしたい方におすすめの資格となります。

試験の内容は、星座占いや懐疑論、ホロスコープの作成方法から読み取り方、ホロスコープの歴史など基礎知識から応用編までさまざまです。

ホロスコープの作成から分析まで深く読み取れ、相談者をポジティブな方向に導くスキルが備わります。

日本メディカル心理セラピー協会が実施するホロスコープ鑑定士の試験詳細は、次の通りです。

受験料10,000円(税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上
申込方法協会の公式サイトの資格ページから

また、試験日程は次の通りです。

資格検定試験2ヶ月に1回開催(2,4,6,8,10,12の1年に6回)
申込期間該当月の1ヶ月前の初日から末日まで
例:2月の試験の申し込みの場合は、1月1日から末日まで
試験期間該当月の20日から25日の6日間
答案提出期限該当月の30日必着(2月のみ28日)
合格発表翌月の20日

ホロスコープ鑑定士の資格試験は基本的に2ヶ月に1回、月の後半に実施されます。

申し込みは試験期間の1ヶ月前以内となります。

学習期間の目安を決めたあと早めに申し込むと、学習完了から試験まで間を空けずに受験できるため、スムーズに進められます。

西洋占星術士

西洋占星術士は、占いサロンや自宅での開業西洋占星術の講師として活動したい方におすすめの資格です。

試験の内容は、西洋占星術の起源や歴史、天文学や各国の西洋占星術など基礎知識から応用編までしっかり問われます。

西洋占星術士の資格は、自分の運勢はもちろん、人の運勢や本質も占う力が備わっている方に贈られます。

西洋占星術の深い知識によって、いずれ講師として若手占い師にセミナーや講座の開催も可能です。

協会が実施するホロスコープ鑑定士の試験詳細は、次の通りになります。

受験料10,000円(税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上
申込方法協会の公式サイトの資格ページから

また、試験日程は次の通りです。

資格検定試験2ヶ月に1回開催(2,4,6,8,10,12の1年に6回)
申込期間該当月の1ヶ月前の初日から末日まで
例:2月の試験の申し込みの場合は、1月1日から末日まで
試験期間該当月の20日から25日の6日間
答案提出期限該当月の30日必着(2月のみ28日)
合格発表翌月の20日

西洋占星術士の資格試験は基本的に2ヶ月に1回、月の後半に実施されます。

申し込みは試験期間の1ヶ月前以内です。

学習期間の目安が立った場合は早めに申し込みをすると、学習完了から試験まで間を空けずに受験できます。

資格取得におすすめの資格講座

資格取得におすすめの資格講座

 西洋占星術士とホロスコープ鑑定士の資格講座は、「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」2つの運営元が通信講座を提供しており、それぞれ協会認定となっています。

西洋占星術の資格取得に向けて通信講座の受講を考える場合は、いずれかの利用がおすすめです。

1つの講座から西洋占星術士とホロスコープ鑑定士、2資格の同時取得を目指せるだけでなく、認定講座として質の高い知識を学習できるなど、大きなメリットを受けられます。

西洋占星術士W資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの「西洋占星術士W資格取得講座」は、西洋占星術士の基礎から応用知識まで学べる講座です。

基本講座とスペシャル講座の2種類、講座内容が用意されています。

基本講座の受講料や受講期間など詳細は以下の通りです。

対象となる資格・西洋占星術士
・ホロスコープ鑑定士
受講料59,800円
分割:3,300円×20回(初回4,276円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回

「西洋占星術士W資格取得講座」の教材は協会の認定を受けており、西洋占星術士とホロスコープ鑑定士、2つの過去問を参考にしたテキストです。

基本講座であっても、試験の傾向を掴みながら学習を進められます。

また受講生1人に対して専門スタッフが付き、添削時のアドバイスや無制限の質疑応答を受けられます。

一方、スペシャル講座の受講料や受講期間など詳細は以下の通りです。

対象となる資格・西洋占星術士
・ホロスコープ鑑定士
受講料79,800円
分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

スペシャル講座は基本講座の内容に加え、資格が免除される卒業課題1回分が追加されています。

受講料は基本講座より2万円高くなります。

しかし卒業課題に合格すると、西洋占星術士とホロスコープ鑑定士、2つの資格を同時に取得できます。

協会に認定されている講座であるからこそ、受けられる特典です。

協会の試験実施を待たずに、資格の最短取得が目指せるなど利点が多くなります。

資格を複数取得する必要はないと思う方もいるかもしれません。

しかし両資格の所持によって、専門分野に対する意欲とスキルの高さもアピールできます。

分割払いにも対応しているので、予算に余裕がある方はスペシャル講座を検討しましょう。

西洋占星術資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンの「西洋占星術資格取得講座」は、初心者から西洋占星術士のプロを目指せる講座です。

基本コースとプラチナコースの2種類、コースが用意されています。

基本コースの受講料や受講期間など詳細は以下の通りです。

対象となる資格・西洋占星術士
・ホロスコープ鑑定士
受講料59,800円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回

「西洋占星術資格取得講座」の教材は、プロの鑑定士が監修した問題集や添削課題となっていて、協会が行う試験に向けて万全の対策が可能です。

受講期間中は無料の質問制度が使用可能で、メールや教材に付属した質問用紙で疑問点や資格取得後の活用方法など、さまざまな質問を受け付けています。

一方、プラチナコースの受講料や受講期間など詳細は以下の通りです。

対象となる資格・西洋占星術士
・ホロスコープ鑑定士
受講料79,800円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

プラチナコースも協会認定であるため、卒業課題に合格すると西洋占星術士とホロスコープ鑑定士の資格試験が免除されます。

初期費用を抑えたい方は基本コース、短期間かつ確実な資格取得を目指したい方はプラチナコースがおすすめです。

基本コースを受けても、資格を取得するには別途協会の試験を受験しなければなりません。

西洋占星術士とホロスコープ鑑定士、2つの資格取得を初めから考えている方は、料金的にも損がないプラチナコースの受講が最適です。

西洋占星術の資格取得で占い師やカウンセラーが目指せる

西洋占星術資格の取得により、占い師やカウンセラーとしての活動がスムースに進められ、相談者を明るく前向きにするサポートができます。

占いカフェや電話占い、自宅開業など働く場や方法はさまざまです。

出来高制であるため年収は一概に断言できませんが、働く時間も自由で副業での活動もできます。

まずは副業から始めて、実績と口コミの獲得から始めてみてはいかがでしょうか。

西洋占星術の資格取得は、ホロスコープ鑑定士と西洋占星術士、両方の資格を同時に取得できる専用の通信講座の利用がおすすめです。

西洋占星術占い師としていきいきと働く自分の姿が目に浮かびませんか?

まずは、各通信講座で無料の資料請求から始めてみましょう。