職業資格

不動産物件の取引(契約)時に重要事項の説明などを行うのが宅地建物取引主任者。国土交通省が認定する宅地建物取引主任者資格を有した者となります。

不動産の取引(売買・賃貸)をする際には様々な法律が複雑に関与している事から、取引に関するトラブルを防ぐために、取引に関する重要事項の説明・確認を行った上で、契約書を締結しなければなりません。

宅地建物取引主任者は、不動産契約締結前に不動産取引業者の相手方に対し、物件と契約内容について重要事項説明書を交付して重要事項を説明する説明責任がり、説明の後に理解が得られたら説明責任者として記名・押印をしなければなりません。また、契約内容についても説明責任があり、重要事項説明書と同様に説明責任として契約書に記名・押印する事が義務付けられております。これら一連の業務を行う事が出来るのが宅地建物取引主任者であり、宅地建物取引主任者の独占業務であります。

宅地建物取引主任者は、不動産売買や賃貸などの取引に対して、仲介業務の責任者としての役割を担っており、さらには契約に関する責任も担っている事から、不動産取引に関する法律に深い知識が必要とされ、責任は重く重要な役割と言えます。

不動産仲介業の場合、一事業所に一名以上の在籍が義務付けられている為、今後も需要が高い職業と言えるでしょう。

宅地建物取引主任者の働く業界

不動産仲介業、不動産販売業、建設業界などで多くの募集がされており、資格取得後に独立して仲介業を行う方も多く存在します。

  • 不動産仲介業
  • 不動産販売業
  • 建設業
  • 独立開業

宅地建物取引主任者になるには

宅地建物取引主任者を目指す為には、宅地建物の取引に関する法律や知識を身に付けるために専門の学校や講座を受講して、資格を取得し不動産仲介業や不動産販売業などの企業に就職するのが一般的です。

宅地建物取引主任者の給料

  • 就業時間:180時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:24~26万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)7:(女性)3

宅地建物取引主任者に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

宅地建物取引主任者として働く際には、国土交通省が認定する宅地建物取引主任者資格を取得する必要があります。また日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会の不動産仲介士などの資格を取得していると就職に有利でしょう。

宅地建物取引主任者への近道アドバイス

宅地建物取引主任者になりたいなら、宅地建物の取引に関する法律や知識を身に付けて宅地建物取引主任者資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の宅地建物取引主任者資格ランキング!!

  1. 宅地建物取引主任者: 一般財団法人 不動産適正取引推進機構
  2. 住まいアドバイザー:日本生活環境支援協会

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る