DTPデザイナー

職業資格

パソコンを使って印刷物や出版物の制作を行うのがDTPデザイナー。印刷をするための版下と言われる印刷原稿は、従来は紙で制作されていましたが、パソコンの性能の向上とともに印刷物もデジタル化が進み、パソコンを使って印刷原稿を作成・編集するのがDTP(DescTopPublising)デザイナーの仕事です。

DTPデザイナーは、イラストレーターやフォトショップなどのDTP用ソフトを用いて、雑誌やチラシやポスターなど印刷全般において、原稿の作成・編集を行います。

印刷原稿に使う写真やイラストや文字などをパソコンで編集し、読者が見やすく、分かりやすいデザインとレイアウト、内容に沿った写真やイラストを貼付したり、一字一句間違いないように文字を編集したりします。編集にはミリ単位の緻密な作業、誤字・脱字のようなケアレスミスが無いように何度も校正を行うなどの正確性が求められる仕事とともに、締切りに間に合わせるスケジュール管理なども求められる仕事と言えます。

また、原稿の作成・編集をする事とともに、出版社や印刷業者と原稿内容についての打ち合わせや、カメラマンやグラフィックデザイナー、DTPオペレーターなどの方との打ち合わせなどもある為、コミュニケーション能力も必要な仕事です。

DTPデザイナーの働く業界

印刷会社、出版会社、デザイン会社、広告会社など印刷物を扱う会社全般で募集がされています。雇用形態は正社員、パート、派遣、アルバイト、在宅ワークなどと多岐にわたります。

  • 印刷会社
  • 出版会社
  • デザイン会社
  • 広告会社

DTPデザイナーになるには

DTPデザイナーを目指すためには、特に必要な資格は必要ありませんが、DTPに使うソフトの知識や技術を習得する必要があり、専門学校などで基本的な知識と技術を身に付け、印刷会社や出版会社などへの就職を目指すのが一般的でしょう。

DTPデザイナーの給料

  • 就業時間:180時間/月 ※就業場所によって異なるが、残業が多い会社が多数ある
  • 平均給与:20~22万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)5:(女性)5

DTPデザイナーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

DTPデザイナーとして働く際には、特に必要な資格はありませんが、DTP検定のⅡ種ディレクションDTP検定やⅠ種プロフェッシャルDTP検定などを取得すると就職に有利でしょう。

DTPデザイナーへの近道アドバイス

DTP用ソフトとして使用するイラストレーターやフォトショップなどのソフトが使えるようになる為に専門学校などに通い、ソフトの知識と技術を身に付けるのが一番でしょう。

今業界で人気のDTPデザイナー資格ランキング!!

  1. Ⅰ種プロフェッシャルDTP検定: DTP検定
  2. DTPエキスパート:JAGAT | 公益社団法人日本印刷技術協会
  3. Shadeデビューマスター: イーフロンティア

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る