プログラマー

職業資格

プログラム言語を用いてプログラムを組むのがプログラマー。プログラマーはシステムエンジニアが作成したシステム仕様書に基づいて、プログラマーがプログラム言語を用いてシステムやソフトウェアをプログラミングし、仕様書通りに動作するかどうかの確認を行います。

プログラマーの役割は広く、インターネット上に公開したり、社内LAN環境内で利用するプラログラム開発などのWEB系プログラム、パソコンや携帯・スマートフォン、置型ゲーム機などで遊べるゲームのプログラム開発などのゲーム系プログラム、家電製品や携帯電話など機械の中に組み込むプログラム開発などの組み込み系、制御系プログラム、パソコンにインストールして使うパッケージソフトの開発などのパッケージソフト系プログラム、複数のコンピューターを使ってシステムを構築するプログラム開発などのオープン系プログラム、企業の基幹システムや銀行の金融システムなど独自の言語を使用したりしてセキュリティーを重視したプログラム開発などの汎用系プログラム、ネットワーク機器やIP電話などを使ったシステム開発などの通信系プログラムなど、プログラムはインターネットや電子部品を使った商品、IT系商品のすべてに様々な形で用いられています。

またそれぞれのプログラムに応じた数多くの言語が存在しており、プログラマーは開発するプログラムに応じた言語を使用できる必要があります。

プログラマーの働く業界

IT開発メーカー、ソウトウェア開発、家電メーカー、WEB開発、制御系システム開発、自動車メーカーなど数多くの業界で活躍しています。また、独立してフリーで活躍しているプログラマーも多く存在します。

  • IT開発メーカー
  • ソフトウェア開発
  • 家電メーカー
  • WEB開発
  • 制御系システム開発
  • 自動車メーカー
  • 独立

プログラマーになるには

プログラマーになるには、プラグラミング言語などの専門的な知識や技術が必要となるため、大学や専門学校などで情報処理などの基本的な知識や技術を身に付け、IT開発や家電メーカー、ソフトウェア開発会社などへの就職を目指すのが一般的です。

プログラマーの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:22~25万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)7:(女性)3

プログラマーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

プログラマーとして働くためには、特に必要な資格はありませんが、開発に応じたプログラム言語の知識が必要となりますので、プログラム言語の習得をしておいた方が良いですが、国家資格の基本情報処理技術者やIPA情報処理推進機構の情報処理技術者などの資格を取得していると就職に有利でしょう。

プログラマーへの近道アドバイス

プログラマーになりたいなら、大学や専門学校にて情報処理の知識を習得し、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のプログラマー資格ランキング!!

  1. 基本情報技術者: (IPA)情報処理推進機構
  2. 基本情報処理技術者:(IPA)情報処理推進機構
  3. 組込みソフトウェア技術者: (社)組込みシステム技術協会

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る