セールスエンジニア

職業資格

セールスエンジニアとは・主な仕事内容

営業職と技術職の両方を備え持ち、商品の販売を行うのがセールスエンジニア。見た目で購入判断が出来ないソフトウェアやシステム開発の営業の場合、顧客は製品の機能や使い勝手などを重要視する事から、顧客に対し製品の説明はより詳しく説明する必要があり、顧客が求める機能や性能に対し、技術者的視点から説明・解説をすることで販売を行うのがセールスエンジニアの仕事です。

セールスエンジニアは、顧客が求める製品への機能面や性能面に対し、顧客の担当者だけでは判断が出来ない場合などは、顧客側の技術担当者と折衝を行うなどをして自社製品の説明や解説などを行う事もあり、技術面などをより詳しい説明をする事によって、より製品の理解をしてもらうことで自社製品の導入を勧めていきます。

顧客のニーズは機能面に於いては多岐に渡る事も多く、それら一つ一つを説明する為には、技術的な専門知識と自社製品の機能や性能を熟知している事に踏まえ、相手に分かりやすい言葉で分かりやすく説明できるスキルとコミュニケーション能力も求められる仕事と言えます。

導入時には、顧客に対して使用方法の説明や研修を行ったり、導入後のトラブルが発生した場合などの対応をする場合もあります。

セールスエンジニアの働く業界

IT関連企業、ソフトウェア・システム開発企業、機械工作メーカー、産業メーカーなどで活躍をしています。雇用形態は正社員などが多く見られます。

  • IT系企業
  • ソフトウェア・システム開発
  • 機械工作メーカー
  • 産業メーカー

セールスエンジニアになるには

セールスエンジニアを目指すためには、大学や専門学校などで専門の知識などを習得して、IT関連やソフトウェア・システム開発企業などに就職し、エンジニアとして知識や技術を身に付けてセールスエンジニアを目指すのが一般的です。

セールスエンジニアの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:22~24万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)8:(女性)2

セールスエンジニアに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

セールスエンジニアには特に必要な資格はありませんが、IT関連の場合ですと、国家資格の基本情報処理技術者やIPA情報処理推進機構の情報処理技術者、セールスコーチング協会のセールススキル検定などの資格を取得していると就職に有利でしょう。

セールスエンジニアへの近道アドバイス

セールスエンジニアになりたいなら、大学や専門学校などで専門的な知識を身に付けて、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のセールスエンジニア資格ランキング!!

  1. 基本情報処理技術者 IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
  2. セールススキル検定: セールスコーチング協会
通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは?ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは?温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは?2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る