フラワーアレンジメント資格人気ランキング

フラワーアレンジメント資格人気ランキング

フラワーアレンジメントと聞くと、結婚式場や式典で飾られているお花、贈り物や何かの記念日などを思い浮かべる人も多いでしょう。パーティーや日常生活など様々なシーンで使えることから趣味で習う人も年々増えています。今回はフラワーアレンジメント関する資格をランキング形式で人気順にご紹介します。

1位:フラワーアレンジメントデザイナー

1位:フラワーアレンジメントデザイナー

フラワーアレンジメントデザイナーとは

フラワーアレンジメントデザイナーは、さまざまなイベントや服飾といった分野において、花を使ってより会場や人物、服装を際立てる技術を持った人物を認定する資格です。装飾する対象の大小を問わず、より効果的かつ魅力的な雰囲気をコーディネイトすることができるため、さまざまな場面で役立つ職業であるといえるでしょう。また、資格によってその人のセンスも大きく評価されるので、就職活動やアピールなどにも非常に効果的な資格です。フラワーアレンジ花資格のフラワーアレンジメントデザイナー認定試験

フラワーアレンジメントデザイナー資格取得のメリット

フラワーアレンジメントデザイナーを取得するメリットとして、本来評価しずらいといわれているデザインセンスやコーディネイトセンスをアピールすることができる点です。特に感性が必要とされるインテリアデザイナーやウェディングプランナー、デザイナーなどにとっては、良いアピール材料となるでしょう。また、花を扱う職業においては、素養といった観点でフラワーアレンジメントデザイナーは非常に好まれる資格であると考えられます。

フラワーアレンジメントデザイナーの仕事について

フラワーアレンジメントデザイナーの仕事は、常に変化に適応する能力が求められます。初見で赴いた先で、その会場の雰囲気にあったフラワーアレンジメントを要求されることも少なくありません。こうした性質上、個人で請け負う方も多いですが、中には結婚式場や祭典のお抱えといった方も存在するため、一概に自営業とは言いがたい側面もあります。中には葬儀の花を魅力的に生けることに特化したスキルを持つ方、スタイリストの仕事の中で、うまく花を取り入れている方など、生かし方も様々であるといえるでしょう。

フラワーアレンジメントデザイナー認定試験・口コミ評判

2位:飾花インストラクター

2位:飾花インストラクター

飾花インストラクターとは

飾花インストラクターは、主に花器や花そのものに対しての造詣の深さを問われており、アレンジメントをする上での基本的な技術であるフォーカルポイントやガーランドといった一通りの知識を習得した方を対象に認定する資格です。フラワーアレンジメントにおける基本的な手法を習得していることを認定してくれる、花を愛する方にとっては心強い資格といえるでしょう。特にインストラクター資格であるため、その持ち得た知識を他の人に伝えることのできるスキルも同時に認定してくれます。花資格の飾花インストラクター認定試験

飾花インストラクター資格取得のメリット

飾花インストラクターを取得するメリットは、なんといっても他の人に教えることができるレベルで、フラワーアレンジメントの知識と技術を習得していることをアピールすることができるところです。講師として活動するのであれば、立派なビジネスとして賃金を得ることもできますから、ビジネスチャンスやキャリアを構築するうえで力強い味方となります。

飾花インストラクターの仕事について

飾花インストラクターは、主に自ら日常的に花に触れ、そして花を効果的に美しく生けたり、装飾する活動やワークを行いながら、同時に依頼があったりあるいは自ら売り込む形で講師としてその技術を他の人に伝えていくといったものになります。このため、資格を取得してからも絶えず知識のアップデートは必要となりますが、講師として名を売りながら個人で仕事を請け負うことができるので、センスとスキル次第では、より多くのクライアントや生徒さんを抱えることができるでしょう。

飾花インストラクター認定試験・口コミ評判

3位:フラワー装飾技能士

3位:フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士とは

フラワー装飾技能士は、生け花をメインとして、ブーケやフラワーアレンジメントなど幅広く飾花の技術と知識を習得していることを認定する、国家資格です。1級~3級までが用意されており、技能の習熟と経験の蓄積によって、スキルアップしていける魅力がある資格です。3級は誰でも取得できますが、直接受験する場合2級は関連職で2年以上、1級に至っては関連職で7年以上の経験を積むことを必須要件としています。もちろん下位資格を取っていれば大幅にその期間を短縮することもできます。

フラワー装飾技能士のメリット

フラワー装飾技能士を取得するメリットとしては、なんといってもれっきとした国家資格であるという点です。国が認めた正式な試験であるため、関連業界ではスタンダードといえる資格となっており、プロとしてお金を貰いアレンジメントを担当する場合には、この資格を目指して皆勉強をすることとなります。また、実技試験においても、3課題が出題され、それぞれに合格しなくてはならないというハードルの高さがあるため、この資格を取得していることで、一定以上の技術が確実にあることを強くアピールすることができるでしょう。

フラワー装飾技能士の仕事について

フラワー装飾技能士は、主にフラワーショップで、あるいはデザイナーとして活躍することとなります。花そのものを扱い、花そのものを販売するフラワーショップに就職する際には大きなアドバンテージとなることは言うまでもありません。また、ブーケや花束作成といった仕事もフラワーショップでは日常的に発生するため、積極的に技術を生かすことができるでしょう。デザイナーに関しては、そのセンスを生かして独立で活躍する人が極めて多いといえるでしょう。腕がよければさまざまな会場に呼ばれ、固定のファンをつくることも夢ではありません。

4位:DFAフローリスト

4位:DFAフローリスト

DFAフローリストとは

DFAフローリストは、フラワー業界で一つの大きな団体であるDFAが主催するフラワーアレンジメントの資格です。資格自体は、経験者から未経験者まで幅広く受け入れており、敷居は低いものとなりますが、全国各地に提携校が存在しており、その関係でさまざまな学びや仕事の機会を得られるのも一つの特徴かもしれません。基礎から流行のスタイルまで一通り学ぶことのできる資格です。

DFAフローリスト資格取得のメリット

DFAフローリスト取得のメリットとしては、なんといっても関連校や団体のコネを活用できるところが大きいと考えられます。比較的未経験であってもしっかりと実技と筆記をパスしていれば、能力があると認められ、請け負える仕事があるというのはすごい事です。また、転勤などで引っ越しても、そのコネを活用して自分のライフワークとして生ける強みも存在します。しかし、効力がとりわけ強いのは関連団体の中であり、外ではその他の資格も存在していることは頭に入れておく必要があります。

DFAフローリストの仕事について

DFAフローリストは、認定と同時に講師として活躍する資格を得ることができます。講師は、各8つのコースの中から自分が得意とするスタイルを選ぶことができるので、まさに教えたい分野を教えられるということとなります。あくまで団体の資格なので、団体内ではありますが、団体の規模が大きいため、生徒数も多く、教える中で自らも学び、そしてより素晴らしいスキルと知識を得ていくという循環の中で仕事をすることができます。

5位:フラワーデザイナー資格検定試験

5位:フラワーデザイナー資格検定試験

フラワーデザイナーとは

フラワーデザイナーは、NFDと呼ばれる文部科学省認定の社団法人の資格です。非常に歴史が古く、昭和42年から現在に至るまで存在しており、日本の中で最大の規模を誇る団体といっても過言ではないでしょう。1級から3級まで存在しており、3級で基礎を、2級で基礎の上の様々な技術と経験を、そして1級で独創性を学び、一人前となることができます。団体資格ではありますが、その知名度と確かな認定によって多くの現場で好まれる資格といえるでしょう。

フラワーデザイナー資格取得のメリット

フラワーデザイナー取得のメリットとしては、なんといっても技術や知識の向上を目的とし、同時に非常に効力があるという点です。何より、歴史のある資格であるので、その技術を認定するには非常に適しているといえるでしょう。また団体としても最大規模を誇るため、さまざまなあっせんや講師活動なども非常に行いやすいのが現状です。

フラワーデザイナーの仕事について

フラワーデザイナーは、主にその資格を利用して講師活動からブーケ作成などのアレンジメント、生け花などさまざまな分野で活躍をすることができます。もし、講師としての活動を望むのであれば、正会員として協会に加入した後、NFDの講師資格をさらに受験することができます。規模の大きな団体だけに、教えるチャンスは多く転がっているため、安定しているといえるでしょう。また、外での活動においても、資格として有名であるので、大変有意義なアピールとして使え、関連職で働くこともできます。
フラワーアレンジメント資格  フラワーアレンジメント資格

フラワーアレンジメント資格の学校について

日本では、フラワーアレンジメントの専門学校が設立されていることもあり、本格的な人材育成が始まっています。また、特定の団体の学校などもありますが、習い事の域を出ないものなど、そのスタンスがまちまちですから、自分のスタイルに合った学校を選択する必要があるでしょう。目安として、自分の取得したい資格が取得できる学校を選ぶというのが最も理にかなっているといえます。民間の資格にも、お花屋さんであったり、個人でされている教室であったり、もしくは専門学校に通いながら資格を取得できます。勉強内容ですが、まずは基本である花屋での花の選び方や下準備、アレンジメントの基本から応用テクニックまで、初めての方でもしっかり学べる内容になっています。現在は数多くの資格が沢山あり、認知度は低い資格も存在します。学んだという証が欲しいと資格を取得する方も多いです。

フラワーアレンジメント資格の試験難易度

フラワーアレンジメントの資格は多くありますが、現状のところ国家資格として制定されているフラワー装飾技能士の資格が群を抜いて難易度が高いことは言うまでもありません。正式な実務経験を必要とし、また取得後上の級を受験するのにも、実務経験を積みながら数年の期間待たなくてはいけません。そのほか、民間であっても細かく級が設定されているところは比較的大きな団体ですから、効力としてはかなり高い傾向がありますが、難易度としては国家資格よりは容易でしょう。一方で民間の資格では無駄に試験料が高い場合などもありますから、これは一つの経済的な難易度として考えるポイントとも成り得ます。

フラワーアレンジメント資格の給料・年収

フラワーアレンジメントをする人員として関連職に就職した場合、たいていの場合は年収300万円程の場合が一般的であるようです。最も、フリーでデザイナーとして活躍し、大きなイベントや祭場の設営としてフラワーアレンジメントを任される場合などにおいては、その空間コーディネイト料が直接自分自身に入ってくるので、大変ビジネスとしては大きなものとなります。假屋崎省吾さんのように、芸能人として莫大な金額を稼ぐことも夢ではないため、フリーの場合には一概には言えない傾向があります。花に関わる仕事は色々ありますが、そのなかでもフラワーアレンジメントを作る仕事がやはり華やかに見えます。

フラワーアレンジメント資格取得後は

資格取得後は、多くの場合フラワーショップやインテリアデザイナーなどといった花そのものを扱う職業、あるいは空間コーディネイトの一環として、フラワーアレンジメントに携わる職業に就く人が多いといわれています。資格を取得することで、その人の技術が証明されることとなりますので、仕事をするにあたっての信頼にも繋がります。中には、服飾の分野やウェディングなどイベント会社などに就職する人もいるでしょう。一方で、センスと技術があればフリーとして個別で仕事を請け負うことも可能であり、非常に多岐に渡ります。また「先生」となり教える仕事に就く場合は「講師」としてフラワーアレンジメントの資格が必要になることもあります。将来的に教える仕事も興味がある方は取得しておいて損はないでしょう。
フラワーアレンジメント資格  フラワーアレンジメント資格

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    ハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    ハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用糸などを…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る