ベビーシッター

職業資格

小さなお子さんを預かり、お母さんの代わりに子供のお世話をするのが、ベビーシッター。ベビーシッターは、託児所やベビーシッター派遣会社などに所属しながら、依頼のあったご家庭や託児所にて、お子さんの食事や遊びの相手をしながら、お子さんと一緒に過ごしてお子さんのお世話をします。
お子さんを保育園に預ける事ができない方や一時的に預かって欲しいという方の為に、一時的にお子さんを預かり、保護者の要望や希望に沿って一緒に時間を過ごします。ベビーシッターは、保育園のように何かを教えたり、躾をしたりなどは行わず、保護者の教育方針や生活習慣に基づいて保育を行うのが一般的ですが、依頼主に応じて学習や躾などを行う場合もあります。
小さなお子さんは泣いたり、言うことを理解出来なかったり、分からず危険な遊びをする場合もあるため、ベビーシッターはお子さんの安全を第一に注意深くお子さんと接する必要があり、お子さんの扱いについての知識やテクニックなども必要とされる仕事と言えます。
現在の社会情勢として、お母さんもお仕事をされる家庭が多くなり、ベビーシッターの需要は高まっており、勉強を教えたり、歌を楽しく歌ったり、躾をしたりなど様々なサービスを行っている業者も増えてきています。また、店舗の隣に託児所を併設したりするケースが増えてきており、ますますベビーシッターの需要は高まると言えます。

ベビーシッターの働く業界

ベビーシッター専門会社、託児所、ベビーシッター派遣会社、店舗などに併設されている託児所などで雇用されていますが、必要な時に依頼をするアルバイトやパートでの雇用が多くを占めるようです。

  • ベビーシッター専門会社
  • 託児所
  • ベビーシッター派遣会社
  • 店舗に併設される託児所

ベビーシッターになるには

ベビーシッターを目指す為には、小さなお子さんを扱うための知識やテクニックが必要とされるため、専門の学校や通信講座などを受講して、ベビーシッター派遣会社や派遣会社などに就職をするのが一般的です。

ベビーシッターの給料

  • 就職時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:15~16万円/月 (初任給)
  • 男性比率:(男性)1:(女性)9

ベビーシッターに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

ベビーシッターとして働く際には、特に必要な資格はありませんが、(公)全国保育サービス協会が認定するベビーシッター資格や(般)全国保育士養成協議会が認定する保育士資格などを取得していると就職に有利でしょう。

ベビーシッターへの近道アドバイス

ベビーシッターになりたいなら、ベビーシッターに関する知識やテクニックを身に付けて資格を取得するのが、一番でしょう。

今業界で人気のベビーシッター資格ランキング!!

  1. チャイルドマインダー資格:チャイルドマインダー養成協会
  2. 保育士資格:全国保育士養成協議会
  3. ベビーシッター資格:全国保育サービス協会

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る