職業資格

依頼人を法的根拠によって民事事件や刑事事件などから弁護をするのが弁護士。弁護士は、法務省が実施する国家資格の司法試験に合格して、日本弁護士連合会の弁護士名簿に登録することで、弁護士としての業務を行う事が出来る法律の専門家です。

弁護士は、依頼者が抱える様々なトラブルに対し、依頼者の代理人になったり、被告人(依頼者)の弁護人として、裁判などで主張や弁護を行うのが仕事です。また、実際に訴訟問題となる前の相談窓口としての役目も担っています。

弁護士が扱う事件には、大きく分けて民事事件と刑事事件があり、民事事件の場合は、主に生活の中で起きる事柄で、金銭の貸借、相続問題、離婚、交通事故、就労問題、損害賠償など多岐に渡り、当事者同士では解決出来ない場合などに弁護士が当事者同士の間に入り、双方の主張や要望を聞き、和解や示談の交渉、訴訟などの法的事務業務を行いながら解決に向けて導くのが仕事となります。刑事事件の場合は、警察が介入するような事件の事を言い、警察により取り締まりを受けて検察官から起訴された場合に、弁護士は被疑者・被告人(依頼者)の弁護人として、被疑者・被告人が本当に罪を犯したのか、求刑された刑罰は適性なのか、などを裁判によって審議する際に、弁護人は、被疑者・被告人に対して充分な捜査や証言などが得れる様に、また冤罪とならぬ様に、正当な裁判が行われ、正当な判決が出るように導くのが仕事です。

弁護士の働く業界

弁護士事務所などに所属している方も居ますが、弁護士の多くは独立開業して自身の事務所を開く方が大半を占めます。

  • 弁護士事務所
  • 独立開業

弁護士になるには

弁護士を目指すため為には、法律や法務に関する深い知識が必要となり弁護士資格を取得する必要があり、大学の法学部などで法律や法務に関する知識を身に付けた後、法科大学院を修了し、まず司法試験に合格する必要があります。その後に2年間の司法修習を経て、弁護士資格を取得する事が出来ます。

弁護士の給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:35~40万円/月 (初任給)
  • 男女平均:(男性)8:(女性)2

弁護士に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

弁護士として働く際には、法務省が定める弁護士資格を取得する必要があり、弁護士資格取得後に日本弁護士連合会に登録する事で弁護士として仕事をする事が出来ます。

弁護士への近道アドバイス

弁護士になるには、法律や法務に関する知識が必要となり、大学の法学部などを卒業した後、法科大学院を修了し、司法試験に合格、さらに2年間の司法修習を経ることで弁護士資格が取得できる為、弁護士資格を取得するまでには少なくとも大学を含めると8~9年の時間を要する為、長期プランを立てて計画的に学習することです。

今業界で人気の弁護士資格ランキング!!

  1. 弁護士: 日本弁護士連合会

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る