職業資格

保育士とは・主な仕事内容

未就学(6歳未満)の幼児を保育し、生活習慣などを身に付けさせるのが保育士。保育士は厚生労働省が定めた国家資格であり、資格取得後に各自治体に保育士登録をする事で保育士として仕事をする事が出来ます。

保育士は主に保育園などに勤務し、未就学の幼児を対象に保育を目的とし、歯磨きや着替えや食事の仕方などの基本的な生活習慣を身に付くようにしたり、子供の健康状態や行動に目を向けながら子供の手助けや身の回りの世話をしたり、集団生活の中で遊びを通じて、友達と過ごす楽しさや協調性など心身の発達を養えるように促すなどをしています。

また、保育士は子供の連絡帳などを通じて保護者に1日の報告をしたり、園庭を開放したり、体験保育をしたりして地域と連携した保育業務やイベントなどを行います。

保育士は子供達が心身ともに健やかに成長できるように、様々な遊びなどの計画を立てたり、集団で行うお遊戯や発表会などを企画したりします。

まだ幼い子供は、親元を離れて過ごす保育園に不安や寂しさを抱く為、保育士は子供が何を望み、何をして欲しいのかを理解する姿勢が大切であり、また、自分の気持ちをうまく表現できない子供を優しく受け入れる豊かで寛容な人間性、保育士の言葉を正確に理解出来ない幼い子供には、事故や怪我が起きないような細心の注意が出来る事が求められる仕事と言えます。

保育士の働く業界

公立の保育園、私立の保育園、児童厚生施設、児童養護施設、知的障害児施設、その他様々な施設で勤務をしております。雇用形態は、正社員、パート、契約社員、派遣社員と様々な働き方のある仕事です。

  • 保育各都道府県
  • 児童厚生施設
  • 児童養護施設
  • 知的障害施設
  • その他の施設

保育士になるには

保育士を目指す為には、保育士に関する知識や技術を身に付けるために、大学や短大などで保育に関する知識を身に付けて、国家資格の保育士資格を取得して保育園や各施設に就職するのが一般的です。

保育士の給料

  • 就職時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:20~22万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)1:(女性)9

保育士に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

保育士として働くさいには、厚生労働省が認定する保育士資格が必要となり、保育士試験に合格して各都道府県の自治体に保育士登録をする必要があります。

保育士への近道アドバイス

保育士になりたいなら、大学や短大の保育学科を卒業して、保育士試験に合格して保育士資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の保育士資格ランキング!!

  1. 保育士 一般社団法人全国保育士養成協議会
  2. 幼稚園教員免許状:厚生労働省
通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

話題をチェック!

  1. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  2. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  3. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  4. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  5. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
  6. 西洋占星術ホロスコープ

    西洋占星術資格人気ランキング

    西洋占星術は一般的にはホロスコープなどを使用し、人の運命や本質を見る占いです。占いには特別な力が必要…
  7. キャンドル

    キャンドルアドバイザー認定試験・口コミ評判

    キャンドル作りは、アロマなどの香りや癒しに興味のある人、物作りが好きな人に人気があります。最…
ページ上部へ戻る