職業資格

外国語で書かれた文章や言葉を日本語に変換して日本語で表現するのが翻訳。翻訳の仕事内容は大きく3つに分けられ、小説や物語などの出版物を翻訳する出版翻訳、ビジネスや仕事で扱う書類や資料などを翻訳する実務翻訳、雑誌や映像や歌詞などを翻訳するメディア翻訳とあり、それぞれ翻訳に関する知識が異なります。

また、通訳と翻訳の違いについて、通訳は相手の話を聞いて即座に翻訳して聞き手に言葉で表現をする為、話の途中から翻訳しなければならない事に対して、翻訳は文章を読み解いて作者の意図や表現を日本語の文章で表す為、同じ言葉であっても訳し方も違えば、表現方法も違ってくるという違いがあります。

出版翻訳は、文芸作品や学術書や専門書などを翻訳する為、文章を読み解く能力や文章で表現されているニュアンス、専門的な内容であれば専門的な知識などが求められます。

実務翻訳は、ビジネスで使用するビジネスレターや会社案内、製品に関するカタログやマニュアルなどの翻訳を専門に取り扱う為、ビジネス文章や専門用語などの知識が求められます。

メディア翻訳は、新聞や雑誌、映像や歌詞などを翻訳し、読者が分かり易い文章を用いたり、時にはニュアンスに重点を置いたりと読み手に応じた翻訳が求められます。

翻訳の働く業界

出版社、雑誌社、通訳会社、映画会社、テレビ局、一般企業など幅広く活躍をしており、副業や在宅ワーク、フリーランスとして働く方も多く存在します。

  • 出版社
  • 雑誌社
  • 通訳会社
  • 映画会社
  • テレビ局

翻訳になるには

翻訳を目指すためには、外国語言語に関する知識や翻訳に関するテクニックを習得する必要があり、外国語学校などに通い外国語言語を習得し、出版社や雑誌社などに就職を目指すのが一般的です。

翻訳の給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:20~22万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)6:(女性)4

翻訳に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

翻訳として働く際には、特に必要な資格はありませんが、外国語学校などで言語に対する知識を習得して、(一)日本通訳連盟が認定する通訳専門職資格やビジネス翻訳能力検定などを取得すると就職には有利でしょう。

翻訳への近道アドバイス

通訳になりたいなら、外国語学校などに通い、外国語を学んで通訳の資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の翻訳資格ランキング!!

  1. 通訳専門職資格:JGA 一般社団法人日本観光通訳協会
  2. ビジネス翻訳能力検定:一般社団法人 日本翻訳協会

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る