職業資格

ビジネス文書、医療文書、法律文書などのビジネスに関する文書の翻訳をするのが実務翻訳家。翻訳には様々な種類があり、小説や物語などの出版物を翻訳する出版翻訳、雑誌や映像や歌詞などを翻訳するメディア翻訳などがありますが、実務翻訳は主にビジネスに関する専門的な内容や文書の翻訳を行います。

実務翻訳家は、翻訳家自身がすでに専門知識や専門用語を理解している方が、専門分野に特化して翻訳をされている場合が多く、例えば医療に関する文書の翻訳をする場合、医療で使うような専門的な言葉や単語への理解、医療に関する知識などが無いと、翻訳する事は難しく、間違った表現や翻訳をしてしまう場合があります。その為、実務翻訳家は、医療・医薬を専門に翻訳しているメディカル翻訳、特許などに使用する文書などを専門に翻訳している特許翻訳、証券や銀行や保険などを専門に翻訳している金融翻訳などがあり、専門分野に分かれて、それぞれに適応した翻訳家が仕事をしています。

実務翻訳家は、翻訳の訳し方次第で操作法が間違ったり、相手に誤った情報を与えたり、医療に関しては生命に係る場合もある事から、翻訳に関しては細心の注意が必要と言えます。また、翻訳する際には、言語をそのまま訳す場合もありますが、多くは、読む人が分かり易い文章にしたり、時にはニュアンスに重視した訳し方をするなど、読み手に応じた翻訳が求められます。

実務翻訳家の働く業界

出版社、雑誌社、翻訳会社、一般企業など幅広く活躍をしており、副業や在宅ワーク、フリーランスとして働く方も多く存在します。

  • 出版社
  • 雑誌社
  • 翻訳会社
  • フリーランス、在宅ワーク

実務翻訳家になるには

実務翻訳家を目指すためには、外国語言語に関する知識や翻訳に関するテクニックを習得する必要があり、外国語学校などに通い外国語言語を習得し、翻訳会社などに登録をして実務翻訳家を目指すのが一般的です。

実務翻訳家の給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:20~22万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)4:(女性)6

実務翻訳家に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

実務翻訳家として働く際には、特に必要な資格はありませんが、外国語学校などで言語に対する知識を習得して、サン・フレアーが実施する翻訳実務検定や(社)日本翻訳協会が認定するJTA公認翻訳専門職資格などを取得すると就職には有利でしょう。

実務翻訳家への近道アドバイス

実務翻訳家になりたいなら、外国語学校などに通い、外国語を学んで通訳の資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の実務翻訳家資格ランキング!!

  1. 翻訳実務検定:翻訳実務検定TQE
  2. JTA公認翻訳専門職資格:一般社団法人 日本翻訳協会(JTA)

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る