職業資格

ネイルサロンにて爪の美容や健康を保つ為のネイルケアやネイルアートを施した着け爪などを行うのがネイリスト。ネイリストが行う仕事としては、大きく二つに分けると、ネイルケアとネイルアートに分ける事が出来ます。

ネイルケアは、ネイルアートを施す前に行う事で、ネイルサロンに来られたお客様の爪の状態を把握し、爪のお手入れなどのネイルケアの施術やお客様に合ったアドバイスなどを行います。ネイルケアとしては、爪の形を整えて表面を磨いたり、二枚爪や薄い爪へのケア、角質の除去や爪への栄養補給、割れた爪の補修などを行います。

ネイルアートには幾つもの方法があり、爪に実際にアートを施す方法、ジェルを幾重にも重ね塗りする事でシンプルながらも耐久性に優れたジェルネイル、すでにカラーリングや装飾がしてある人工爪を爪に貼り付けるオーダーチップ、爪に専用のアクリルパウダーやリキッドを使って人工爪として爪を延長させてからネイルアートや装飾を施すスカルプチュアネイルなどがあり、ネイリストは、お客様の要望やライフスタイルなどを考慮して、これらの施術の中から施術方法を決めていきます。

ネイリストは小さな爪にアートを施す手先の器用さと共に芸術的なセンスや技術、さらには長い時間の施術時間中にお客様に退屈させないコミュニケーション能力などが求められる仕事と言えます。

ネイリストの働く業界

ネイルサロン、美容院、エステサロン、結婚式場などで活躍をしておりますが、雇用形態は正社員、アルバイト、派遣と様々です。独立して開業、フリーとして働いている方も存在します。

  • ネイルサロン
  • 美容院
  • エステサロン
  • 結婚式場
  • 独立開業

ネイリストになるには

ネイリストを目指すためには、ネイルケアやネイルアートに関する様々なテクニックや技術を身に付ける必要があり、ネイルに関する学校や専門学校などで基本的な知識や技術を身に付け、ネイルサロンや美容院、エステサロンなどに就職を目指すのが一般的です。

ネイリストの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:17~19万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)1:(女性)9

ネイリストに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

ネイリストとして働く際には、日本デザインプランナー協会が認証するネイルアートデザイナーや日本インストラクター技術協会が認定するネイルインストラクター検定などの資格を取得すると就職に有利でしょう。

ネイリストへの近道アドバイス

ネイリストになりたいなら、ネイルに関する通信教育や学校や専門学校に通い、知識やテクニックを身に付けて資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のネイリスト資格ランキング!!

  1. ネイルアートデザイナー:日本デザインプランナー協会
  2. ネイルインストラクター:日本インストラクター技術協会
  3. ネイリスト技能検定:日本ネイリスト検定試験センター

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る