職業資格

お客様の髪の毛を切り整えるのが理容師。理容師は理容院に来られたお客さんに、希望する髪型の要望や好みを聞き、お客様の頭皮や髪質、長さに応じて髪の毛のカット、シャンプーを施して仕上げをするのが仕事です。

理容師の仕事はカット・シャンプーだけに留まらず、顔剃り、肩揉み、耳掃除などもサービスの一環で行う場合があります。また、理容師と美容師との大きな違いとして、理容師は「顔剃り」が出来ますが、美容師は「顔剃り」を美容目的以外ではしてはいけないことになっています。

理容院に訪れるお客様の大半は男性客となり、子供から年配の方まで年齢層が広い為、流行りの髪型から昔ながらの髪型までを駆使して、カット出来るだけの技術が求められます。

理容師の仕事の流れとしては、来店されたお客様から髪型の要望などを聞き、髪が切り易いように整え、お客様の要望通りになるように髪を切り、襟足や顔のうぶ毛や髭などを剃り、髪をシャンプーして切った髪を洗い落し、髪の毛をブローして整え、仕上げをするという流れです。また、お客様の要望に応じて、カラーリングなどの毛染めや白毛染め、デザインパーマやアイロンパーマなどを施します。

美容師はお客様の容姿を美しくするためにヘアカットやパーマ、化粧などを行いますが、理容師はお客様の容姿を整えるためにヘアカットやパーマ、顔剃りなどを行うという違いがあります。

理容師の働く業界

理容師サロン、理容院、ホテルなどで募集がされていますが、独立して開業される方も多く見えます。

  • 理容師サロン
  • 理容院
  • ホテル
  • 独立開業

理容師になるには

理容師を目指すためには、理容師に必要な知識や技術を身に付ける必要があり、理容師学校などに通い、理容師免許を取得して理容師サロンや理容院などに就職するのが一般的です。

理容師の給料

  • 就業時間:180時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:16~18万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)8:(女性)2

理容師に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

理容師として働く際には、理容師免許が必要となる為、厚生労働省が定めた国家資格の理容師免許を取得する必要があります。

理容師への近道アドバイス

理容師になりたいのなら、理容師学校に入り、理容師に関する知識と技術を身に付けて、理容師免許を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の理容師資格ランキング!!

  1. 理容師免許:厚生労働省
  2. 管理理容師:理容師美容師試験研修センター
  3. ヘアセット技能検定:日本ヘアメイク連盟

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る