カクテルコンシェルジュ認定試験口コミ評判

カクテル

現代人とカクテル

カクテルとはベースとなるお酒に様々な果汁やリキュール、クリームなどを混ぜて作るお酒でそのレシピは数百種類とも言われます。オーセンティックなバーで本格的にカクテルを楽しむだけではなく、最近では居酒屋やレストラン、イベント会場などで気軽に楽しむ人が増えており、カジュアルなお酒として定着しています。味も甘くすっきりと飲めるカクテルも多く、アルコール度数の調節も容易なため、あまりお酒が得意でない女性も楽しむことができます。

 この記事では、すっかり私たちの生活に馴染み深いものとなったカクテルについて、より深い知識と見識を与えてくれる「カクテルコンシェルジュ」という資格についてご紹介します。

カクテルコンシェルジュとは

 カクテルコンシェルジュとはカクテルに関する基礎的な知識に加え、実際にカクテルを作る際の技法・道具の選び方からアルコール度数・色の調整方法に至るまで、あらゆる知識を要求される、言わばバーテンダーとなるための基礎のような資格です。例えばカクテルにも2つから3つの材料で出来上がるスタンダードなカクテルから、卵や生クリームを用いてシェーカーで回数を多めにシェークしてしっかりと混ぜ合わせるカクテル、スパイス・塩・コショウなどを使った甘さのないカクテル、さらに季節の果物を使用したオリジナルカクテルなど様々なものがあります。カクテル制作の基礎を十分に理解した上で、多種多様な材料を用いたレシピに対応するため、基礎から応用へと自分のスキルを磨いていくことでより将来の可能性が開けてきます。このようなニーズにしっかりと応えてくれるのがカクテルコンシェルジュの資格なのです。

カクテルコンシェルジュの資格を取得するには

 カクテルコンシェルジュの資格を取得するには、日本インストラクター技術協会が主催する「カクテルコンシェルジュ認定試験」を受験し合格する必要があります。日本インストラクター技術協会とは様々なスキルを「教える力」という観点からある一定以上有していることを証明し、各技術の向上や人材育成に役立てるという取り組みをしている協会です。カクテルコンシェルジュ以外にも野菜パティシエ認定試験、手紙・文章ライター認定試験などさまざまな資格の認定試験を実施しています。

 カクテルコンシェルジュ認定試験は2ヶ月に1回、毎偶数月の下旬に実施されております。申込期間は毎奇数月の丸1ヶ月間で、結果は受験後3週間程度で発送されます。受験資格は特になく、申込後は問題・解答用紙が発送され、自分の好きな時間に解答をして協会に発送する、いわゆる自宅受験スタイルですので、誰でも気軽に受験をすることができます。受験料は10000円です。

カクテルコンシェルジュ認定試験の対策方法

 現在カクテルコンシェルジュ認定試験の対策問題集などは市販されておらず、資格取得を目指す方には厳しい状態にあります。まだ出来て間もない資格ですから仕方ない面もありますが、せっかく高額な受験料を支払うのですから、1回で合格したいですよね。そんな未来のカクテルコンシェルジュの願いを叶える通信講座をご紹介します。

SARA School JAPANでカクテルコンシェルジュの資格対策を

SARA School JAPAN (https://www.saraschool.net/ ) ではカクテルコンシェルジュをはじめ、美容・アート・デザインなど様々な分野での資格試験の対策講座いる大手通信スクールです。世の中に通信講座はたくさんありますが、SARA School JAPANではただ教材を受け取って終わりではなく、受講中はメールで専門の講師に質問ができること、取り扱っている講座がフラワーアレンジ、カラーセラピーなど特に女性に人気の高く近年注目されている資格が豊富であること、などの点で他の通信講座よりも充実しています。カクテルに関心を持つ女性が増えていることから、女性の方だけではなく、ぜひ男性の皆さんもSARA School JAPANで女性目線で勉強されてみてはいかがでしょうか。

カクテルコンシェルジュの資格取得後のキャリア

 カクテルコンシェルジュの資格を持っていれば、バーやレストランで働く場合の強みになるだけでなく、カルチャースクールの講師などの道もあり、資格取得後のキャリアの可能性を大きく広げてくれます。受験資格が特にないことから、趣味を極めたいという方にもおすすめの資格の1つです。
カクテル  カクテル

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る