カフェ資格人気ランキング

カフェ資格人気ランキング

近年では、コーヒーを提供するサービスも路面店の他に、移動販売や出張型店舗やイベントなどで、様々な形で販売されるケースが増えています。それに関わる事ができる、カフェ資格について解説します。カフェオーナー

1位:カフェオーナースペシャリスト

1位:カフェオーナースペシャリスト

カフェオーナースペシャリストとは

西洋では一般的に重要視されるティータイムの一つである、カフェでのコーヒーの知識やドリップ、抽出方法、コーヒー豆の知識などに習熟し、時にはバリスタ、ネルドリップの専門家など、必要な専門知識を有したコーヒー専門のカフェを運営できる、カフェスペシャリストが、カフェオーナースペシャリストの資格です。喫茶店のような軽食も同時に提供する、それまでのスタイルとは違って、コーヒーという一つのジャンルにこだわり、原材料の産地、飲み物としてのコーヒーの知識の他に、カフェ専門の経営知識、機材や場合によっては、コーヒーの焙煎に必要な技術や専門の機材など、様々な運用、経営などの知識に精通した、経験込の専門家を証明する資格となります。カフェ資格のカフェオーナースペシャリスト認定試験

カフェオーナースペシャリスト資格取得のメリット

商業的に成功した喫茶店経営スタイルから、街の癒やしの場として、落ち着いた内装、シンプルなサービス、こだわりのコーヒーを提供する、オリジナルなカフェスタイルが現代の主流です。カフェスタイルの定着に、最も知名度的に成功した事例では、1971年にアメリカ、ワシントン州シアトルで誕生した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店、スターバックスでしょう。初期は、エスプレッソを中心とした、テイクアウトメニューの店頭販売を中心に、爆発的な人気を博し、学生やキャリアウーマンに支持され、イタリア風のカフェスタイルを定着させたことでよく知られています。特別に選びぬかれたコーヒー豆の知識全般から、イタリアのカフェやバールなどで提供されるエスプレッソをベースとしたコーヒーにアレンジを加えた、スペシャルティコーヒーなどの、シアトル系コーヒーを楽しめる、現代のコーヒー専門店の知識で、コーヒーの楽しさ、楽しみ方を広く世間に周知させるとこが可能です。

カフェオーナースペシャリストの仕事について

カフェオーナースペシャリストの仕事は、第一にコーヒー全般の豆の種類から焙煎方法、抽出方法までを網羅した知識を有して、実際に収益性のある店舗経営の知識や、メニューの構成、コーヒー飲料に合わせたサブメニュー、サイドメニューに精通し、需要のあるカフェを独立した経営で、集団、個人、団体として運営する知識を幅広く活用できます。様々なコーヒー専門店の紹介や、コーヒーを巡る豆知識までをトータルで学んだ結果、この資格は活用を前提に講義や独学で学ぶことが出来、更には独立して起業できるまでの専門的な仕事を選択して、独自に収益を確保する事が可能となります。カフェオーナースペシャリスト認定試験・口コミ評判

2位:コーヒーソムリエ

2位:コーヒーソムリエ

コーヒーソムリエとは

コーヒーに関する基本的な知識を試す資格試験などを通じて、コーヒー豆の産地から、焙煎の種類やその違い、味の差異や、産地ごとの特徴を、その味から比較して理解することが出来たり、焙煎やそれに合わせたコーヒー豆の組み合わせなどに精通した、ワインのソムリエと同等の、コーヒーに特化した専門知識を有した、コーヒーの専門家です。コーヒーの抽出方法、それに合ったシチュエーション、音楽や食事などを組み合わせた、新しいモダンなスタイルでのコーヒーの楽しみ方を通じて、様々な趣味としてのコーヒーの世界を広く人々に周知させることが出来るコーヒー全般の専門家です。コーヒー資格のコーヒーソムリエ認定試験

コーヒーソムリエのメリット

ワインのソムリエなら、アフターファイブのディナーにおける、ワインというお酒と食事メニューについて、その組み合わせや楽しみ方を広く周知し、人々にその楽しみ方を教えられる専門職に就くことができます。その場合は、職場は主にフレンチ、イタリアンなどの食事専門のレストランでの専属スタッフですが、コーヒーソムリエは、コーヒーだけに特化した専門知識を有した、主にカフェで働くスタッフとして、バリスタなどと協力しながら、コーヒー豆焙煎、様々な抽出方法を駆使しながら、お店のスタイルに対して提案やアドバイスを行える専門職として、自分の知識を活用する事ができます。

コーヒーソムリエの仕事について

コーヒーソムリエの職場は、主にカフェや喫茶店などの店舗の他に、講義やセミナーなど、その知識を活用して一般的な人々に、コーヒーの楽しさを享受してもらう、様々な手助けが行える専門家としての個別な活動が可能となります。コーヒーソムリエ認定試験・口コミ評判

3位:コーヒーコーディネーター

3位:コーヒーコーディネーター

コーヒーコーディネーターとは

コーヒーの基本知識からカフェ開業に必要な経営知識などの、トータルな知識を備えたコーディネーターが、コーヒーコーディネーターです。この資格は専門的な民間団体が認定する民間資格で、バリスタなどの抽出、焙煎方法だけに限らず、カフェの運営、サイドメニューの開発など、ドリップから、応用、コーヒードリンクの種類にまで、幅広く知識を有していることが求められます。

コーヒーコーディネーター資格取得のメリット

コーヒーの資格は、その殆どが民間の資格に頼った、伝統的なスタイルで普及しています。また、カフェには様々な備品、インテリア、コーヒー抽出や焙煎に必要な様々な道具が必要で、それを使いこなす知識と技術が必要になります。それらをトータルに組み合わせて、総合的なプロデュースも可能となる知識などを有しているのが、コーヒーコーディネーターなので、カフェの経営についてもアドバイス出来る立場になります。

コーヒーコーディネーターの仕事について

コーヒーコーディネーターは、コーヒーに関わる直接的な飲料の製造に関する知識の他に、食器や道具から、インテリア、カフェの内装や環境についても幅広い知識を有していることから、カフェ経営についての相談やアドバイスを通じた、独特の専門職としてカフェを通じた個人経営から、チェーン店、フランチャイズ経営までの経営コーディネートに関わることが出来ます。飲食業の中では、比較的低コストで始められることと、場所の提供という役割があることから、近年では多くの小さなカフェが、地方でも都会でも出店が相次いでいることからも、このコーヒーコーディネーターの役割は、これからは需要も大きいことが予想されます。

4位:UCCドリップマスター

4位:UCCドリップマスター

UCCドリップマスターとは

兵庫県神戸市中央区に本社を置く、コーヒーを中心とした飲料・食品メーカーが、ユーシーシー上島珈琲株式会社です。個人商店として上島治忠が1910年に創業し、1969年に世界初のミルク入り缶コーヒーの「UCCコーヒーミルク入り」を発売して、国内で知名度を高めました。缶入りコーヒーが全く知られていない時代に、パイオニアとしてリリースされ、コーヒーの普及に貢献した事が知られています。更に自社のコーヒー農園を展開しており、ジャマイカでブルーマウンテンの農園を開設、はアメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島でコナコーヒーの農園を開設、インドネシアスマトラ島でマンデリンの農園を開設しているなど、コーヒー豆の生産から製品の開発まで行う、コーヒーに関わる専門企業です。UCCドリップマスターとは、このユーシーシー上島珈琲株式会社が「UCCコーヒーアカデミー」を中心に、通信講座などでペーパードリップを中心に、コーヒーの知識や楽しみ方を楽しく身に着けながら資格を得られる事ができます。教材テキストの他、アカデミー講師が登場するDVD、ペーパードリップの器具一式、コーヒー豆6種、さらにコーヒー博物館の展示内容をまとめたオリジナルの冊子などを受け取り、添削課題をすべて提出し、決められた基準点をクリアすれば、「UCCドリップマスター」の称号と認定証を授与してもらうことができます。

UCCドリップマスター資格取得のメリット

コーヒーの抽出方法の原点である、ペーパードリップの技法を学ぶことで、現代では専門店まで登場している、コーヒードリップの技法を基礎から学ぶ事ができます。細口のドリップポットを使って均一な抽出を行うハンドドリップ技術を“ツイストシャワーノズル″によって実現した、UCCならではのノウハウを学ぶことで、個人でもコーヒーの製造、技術を所得する事が可能です。

UCCドリップマスターの仕事について

珈琲講座のドリップマスターコースなどでは、プロの添削指導の下、認定資格「UCCドリップマスター」の称号を得られるので、より実践的な本格的ペーパードリップ技法を使って、個人で自宅でのコーヒーの楽しみ方が広がる他に、応用としてドリップコーヒー専門店を個人や集団で経営にチャレンジするなど、様々な可能性が広がることになります。

5位:コーヒーマイスター

5位:コーヒーマイスター

コーヒーマイスターとは

コーヒーに対するより深い知識と基本技術の習得をベースとして、癒やしと生活のゆとりのある時間を提案する、コーヒーを生活に取り入れ、あるいは仕事の合間の休憩さえも充実させて、暮らしに活力を与えるプロのコーヒー・サービスマンとして活躍できる事を認定する資格がコーヒーマイスターです。コーヒーの飲用者にそのおいしさや楽しさを伝えるプロフェッショナルを養成し、またはまだコーヒーの楽しさを、本格的な側面では知らない人にその面白みと楽しさを伝える、プロのコーヒー専門家を目指します。

コーヒーマイスター資格取得のメリット

顧客を相手に、コーヒーを本格的に提供しながら、接客や技術を披露することで、コーヒー専門店などで活躍できる、様々な技術者、コーヒーの専門家を統括したり、経営、店作りまでをアドバイスすることが可能となる資格です。有名なところでは、日本全国で5,101名の認定者数を誇る、アドバンスド・コーヒーマイスターなどがあります。生活や暮らしの中で、新しいコーヒー・ライフを提案することで、豊かで余裕のある暮らしを形作る、提案者としても活躍できます。

コーヒーマイスターの仕事について

コーヒー豆の適切な扱い方、保存方法、抽出方法、焙煎、サービス全般まで幅広い知識と技術、双方を習得していくことが出来るため、実践的な顧客を対象としたコーヒー飲料提供者として、活躍することが出来ます。個人経営として、コーヒー豆の輸入から販売、コーヒー飲料の様々なサービス、移動販売、食事提供やテイクアウトなど、いろんな飲食業と組み合わせて、この資格を活用する事ができます。

6位:コーヒーインストラクター検定

6位:コーヒーインストラクター検定

コーヒーインストラクター検定とは

業界・所属企業等を問わず、一般人も含め、コーヒーを愛飲されているすべての人を対象とした資格の一つで、「全日本コーヒー商工組合連合会」の傘下組織である「全日本コーヒー検定委員会」などが運営・管理を行う民間資格です。全日本コーヒー検定委員会は、全日本コーヒー商工組合連合会の傘下組織として2003年4月に発足、コーヒー生産国に関することや、焙煎、抽出方法といったコーヒーの基礎知識から、品質管理や商品企画など専門的な知識までの幅広い分野を対象とした、日本初のコーヒー検定がコーヒーインストラクター検定です。コーヒーの正しい知識の普及と技術の向上を目的として、その普及活動を続けていることで知られています。

コーヒーインストラクター検定資格取得のメリット

消費者が評価するコーヒーの生産と消費の促進・振興を目指す目的で行われている資格のため、高度で専門的なコーヒーの知識と鑑定技術を最終的に学び、コーヒー製造業者に求められる、プロとして必要な専門知識と鑑定技術を得ることが出来ます。コーヒーは、製造国からの輸入、焙煎にも様々な技法と職人が存在し、なおかつその抽出行程にも、ネルドリップ、ペーパードリップ、サイフォン方式、直火式エスプレッソ抽出、エスプレッソマシンによる抽出など、多岐に渡る知識と経験、技術力が求められます。それ以外にも、コーヒー豆の選定で必要となる鑑定眼も必要となり、味覚も重要な要素となります。

コーヒーインストラクター検定の仕事について

最終的に所得できる、コーヒーインストラクター検定1級などの認定試験を受験し、合格してその認定を受ければ、誰もがプロフェッショナルと同じ技術力と知識を得られるので、カフェ経営に直接関わる仕事に応用する事ができます。より実務的な知識と技術を基礎から応用まで学ぶことで、実際にコーヒー飲料の開発にも関わることが可能となります。
カフェオーナー  カフェ

カフェ資格の学校について

カフェに関する資格の所得には、実際に通学して受講する専門団体が運営する学校があり、その他、通信教育など、各業界、専門メーカーや、民間団体が設営しています。非常に人々の関心も高いので、受講者も多く日本国内でも、数千名以上の認定者がいます。受講や知識・技術の習得には、テキストや道具などを一式揃えた通信教育から、専門的な設備を備えたバリスタ専門の学校まで幅広く日本全国に存在します。

カフェ資格の試験難易度

試験を受験するまでは、徹底的な知識と技術の習得があって、初めて認定試験を受けられるので、受講がまずあってからチャレンジすることになるため、試験の難易度は勉強を除けば、ハードルは決して高くはありません。多くは受講に必要な費用を払えば、誰でも専門的なコーヒーの知識と技術を学べるので、認定試験は、その確認と最終的に資格を得るための手段の一つとなるでしょう。

カフェ資格の給料・年収

カフェという経営スタイルは、飲食店の中では、場所と空間を提供する側面があり、長時間、居心地が良い施設や、移動販売など、様々な販売形態で収益を上げることが出来ます。実際の店舗も、最近では一般的な戸建て住宅を改造し、簡素な軽食と合わせて、本格的なコーヒーを提供する、個人のお店も増えており、独立した経営を可能した時代になってきています。複雑で難しい経営手法はあまり必要とされない経営スタイルなので、気軽に始めることが出来るため、それぞれ個人の技術や知識、商才などは関係しますが、オリジナルな経営スタイルで、自分の能力にあった形で、自分の生活を支える収入を得ることは可能です。

カフェ資格取得後は

資格所得の次は、その知識と技術でコーヒー専門の道具や器具をセレクトしたショップ経営や、コーヒー豆のバイヤー、コーヒー専門店の経営や、経営アドバイザーとして独立して収益をえるなど、その可能性の幅は大変広いです。飲料の中でも専門知識をかなり数多く必要とするため、一度資格を所得すれば、それは自分の生涯を通じて様々なコーヒーに関わる仕事や趣味に応用することが出来ます。
カフェオーナー  カフェ

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る