コーヒー資格人気ランキング

コーヒー資格人気ランキング

現代でも、様々なカフェスタイルが人気で、大手チェーンでも非常に本格的なコーヒーを提供するお店が普及しています。

1位:コーヒーソムリエ

1位:コーヒーソムリエ

コーヒーソムリエとは

ソムリエとは、本来レストランで客の要望に応えてワインを選ぶ手助けをする、ワイン専門の給仕人のことで、ワインなど、その生産地、味の特徴、原材料の種類、はては製造年代の特徴や製造された時期の気候や、材料の収穫時期についてまで造詣を深く持った、専門家を指します。これをそのままコーヒーにも、当てはめたのがコーヒーソムリエです。コーヒーは、世界でも主に中南米から南米を中心に、南半球でしか栽培できない植物であり、産地によって原材料であるコーヒー豆(コーヒーノキの種子)の風味はバラバラで、それを焙煎する方法、抽出方法次第で、味も香りも違って来ます。また抽出方法には、沸騰したお湯を直接注ぎ、濾過紙を通す場合や、沸騰したお湯の蒸気圧を利用した方法、蒸気で抽出する方法など様々あります。特に、焙煎したコーヒー豆を粉にする過程においても、器具によって出来上がりが異なり風味が変わり、ろ過するときも、紙製かネルなどの布製でも味が左右されます。コーヒーソムリエは、こうしたコーヒーの産地、抽出前の製造工程、抽出方法、コーヒー豆自体の種類など、多岐に渡る組み合わせを知り、味でもそれを区別できる、コーヒーを人に勧めたり、他人にその楽しさを伝える事ができる事を証明する資格となります。コーヒー資格のコーヒーソムリエ認定試験

コーヒーソムリエ資格取得のメリット

コーヒーの楽しみ方、味わい方など、単に飲料という枠を越えて、コーヒーと合うお菓子や食事、楽しむシチュエーションやカフェについても詳しいのが、コーヒーソムリエです。個人では、コーヒーの楽しみ方が広がる他に、様々なコーヒー専門店の評価や、コーヒーそのものについての詳しい知識があるため、カフェ経営をやってみたい人や、コーヒーが関係する様々な職種を希望して、それを選ぶことが可能となります。

コーヒーソムリエの仕事について

幅広いコーヒーの知識を徹底的に、味覚からでも区別できるほど周知しているため、コーヒーを提供する場合に他人に給仕したり、紹介や周知するような、様々なサービス業、飲食業などで活躍することが可能です。コーヒーソムリエ認定試験・口コミ評判

2位:カフェオーナー経営士

2位:カフェオーナー経営士

カフェオーナー経営士とは

カフェ開業に向けてコーヒーについての専門的な知識を元にして、実際に独立開業するための、コーヒー専門の器具や機械、用具の知識から、流行のカフェスタイルまで幅広い、コーヒー・ショップの知識と技術を持った事を証明・認定されているのが、カフェオーナー経営士です。カフェ経営に必要な様々なノウハウを、独自に学んで獲得している事が必要となります。カフェ資格のカフェオーナー経営士認定試験

カフェオーナー経営士資格取得のメリット

人気カフェは、全国展開する規模のものが多く、軽食や食事を一緒に提供する場合があります。その他、コーヒーだけを楽しむカフェや、コーヒー豆、抽出道具なども一緒に販売する形式も流行中です。カフェオーナー経営士は、このようなコーヒー全般のカフェスタイルを知る意味では、非常に知識の幅が広い民間資格となります。

カフェオーナー経営士の仕事について

カフェオーナー経営士の仕事は、実際にどのようにコーヒーを提供するお店づくりを行うかのスペシャリストなので、コーヒーの単価や、経営の知識などを駆使して、独立開業に必要な多くの知識を得ることが証明、認定されたことを顧客に提示できます。カフェを運営したり、カフェのオーナーを希望する人にとっては、非常に有効な資格の一つになるでしょう。カフェオーナー経営士認定試験・口コミ評判

3位:JBA認定 バリスタライセンス

3位:JBA認定 バリスタライセンス

JBA認定 バリスタライセンスとは

バリスタは、バールのカウンターに立ち、客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業を指し、その多くはイタリアなどのバールを始めとする、喫茶店やカフェのスタイルに従事するコーヒーの専門職人のことを指します。 一般社団法人 日本バリスタ協会(JBA)は、 高品質なコーヒー、その他関連商品及びサービスを市場に提供できる『バリスタ』の資質の向上を目指して設立された民間認定団体です。本場イタリアをはじめとした、国際的に認められた認定委員を有し、バリスタとして、3段階の資格認証における、試験と認定証授与などを行っています。

JBA認定 バリスタライセンス資格取得のメリット

JBA認定を受けるには、JBA認定校でのスクールを受講し、修了(必須課程)を経る必要があります。そのため、エスプレッソ・マシーンの操作や、コーヒー豆の種類ごとに違う抽出方法など、プロフェッショナルな知識と技術を得ている必要があり、特に顧客を対象に本格的なコーヒーを提供するサービス業、飲食業に従事する際には、プロを裏付ける根拠として、ライセンスを提示し、活用することが可能です。

JBA認定 バリスタライセンスの仕事について

文字通り、本場のエスプレッソ抽出の職人など、カフェでの中心となる職人のバリスタの認定を受けている立場となるため、カフェでもこの有資格保持者として、大変重要な役割を担い、様々な飲食業で活躍することが可能となります。

4位:Qグレーダー(Licensed Q Grader)

4位:Qグレーダー(Licensed Q Grader)

Qグレーダー(Licensed Q Grader)とは

米国スペシャルティコーヒー協会(SCAA)が定めた基準・手順にのっとってコーヒーの評価ができるとCQI(場合によってはCQIとSCAAの両方)が認定した技能者を指します。コーヒーにはさまざまな資格がありますが、この資格の特徴は、資格は終身ではなく、3年ごとに更新試験があることで、最初の有効期間の始期はすべての試験にパスした時点ではなく、最初に参加したコースの実施時期となっています。各国の協力機関(ICP)とともに維持する Q Coffee System において、Coffee Quality Institute(CQI)が、専門的技能者としてコーヒーの評価をすることが出来ると、第三者による認定を受けられるシステム受講、認定を受けた技能者となります。主に米国基準のコーヒー豆などの評価が行なえ、コーヒー生産者またはその代理者が各国の協力機関(ICP)に、生豆サンプルを送り、生豆サンプルを受け取ったICPが3人のQグレーダーを選び、当該生豆サンプルの評価を行います。ICPが、Qグレーダー3人の評価結果に基づき、「スペシャルティ」と認められたコーヒーについては「Q認定証」を、「スペシャルティ」と認められなかったコーヒーについては「テクニカルレポート」を発行して、生のコーヒー豆の評価を行う、その末端の技術者がQグレーダーです。

Qグレーダー(Licensed Q Grader)資格取得のメリット

Qグレーダーとして適性のある者を選抜することを目的とした6日間連続の研修・試験を受け、コーヒー評価のプロフェッショナルとして必要な味覚・嗅覚が備わっているかどうかを審査する基礎力科目を受講し、SCAA方式のコーヒー評価に必要な知識・技能を習得する必要があるため、国際的に認められたコーヒー専門職人として、様々な分野でプロフェッショナルな活躍が出来ます。

Qグレーダー(Licensed Q Grader)の仕事について

世界規格Qグレードスペシャルティコーヒーを扱える、その評価に関してのスペシャリストがQグレーダーとなるため、コーヒー豆を客観的に評価する国際的な一つの基準を知り得るプロフェッショナルになることが出来ます。自家焙煎珈琲店など、コーヒー専門ショップの経営などを行う際には、他店とは異なるグレードを示す事ができるため、より本格的なコーヒーショップを経営したり、コーヒーに関する適正な審査や鑑定が行えるようになります。コーヒー豆の輸入元や、実際にコーヒー製品に関して、裏付けのある知識や技術を通じて適正な評価が可能となるため、コーヒーを巡る業界の中で、非常に重要な役割として重宝される仕事に従事することが可能となります。

5位:コーヒー鑑定士検定

5位:コーヒー鑑定士検定

コーヒー鑑定士検定とは

全日本コーヒー検定委員会などが制定している、コーヒーの原料調達、製造加工、品質管理などに専門職に求められる以下の知識と技術を有するものを各教科とも「マスター」として認定し、3教科全てのマスターを取得すれば、認定コーヒー鑑定士となれるものが、コーヒー鑑定士検定です。コーヒーの市場や要望に対して、品質・コスト・製造条件などを考慮して適切な商品設計を行ったり、生豆のグローバルな知識と外観からカップテストに至る鑑定技術を有し、品質格付や原料価格の妥当性、安定性などを見極められ、その品質管理などを行える鑑定士として活躍する人材を認定します。

コーヒー鑑定士検定資格取得のメリット

コーヒーの原料調達・製造管理・品質管理等、極めて高度な専門的なコーヒーの知識と鑑定技術を取得していることを、正式に認定されていることになるため、コーヒーの製造に関わる全ての職種に、プロフェッショナルとして重要な役割を果たすことが可能となります。コーヒー豆製品の開発から、コーヒー・ショップでも仕入れ担当、また味の評価も行えますので、職人、専門家としての地位も向上します。

コーヒー鑑定士検定の仕事について

生豆の粒の大きさ、均質性、欠点豆の混入率といった見た目の品質判定や、カップテストと呼ばれる、味の評価による風味の判定、取引での商品の価値決定などに大きな役割と権限を持っている鑑定士のため、コーヒーの輸入や、品質を見極める重要な仕事を通じて、より高いコーヒーに関わる仕事に従事することが可能となります。店舗の中でも、仕入れや品質評価を行える、非常に重要な役割を担うことになります。
コーヒー資格  コーヒー資格

コーヒー資格の学校について

コーヒーに関する学校は、基本的には用具の扱い、テイスティングの評価など、第三者の視点が必要となるため、知識と基本的な技術は通信教育などで受講するのが一般的で、実務的にプロフェッショナルを目指すなら、然るべき民間のコーヒー資格認定団体などが定める認定校などにおいて、必要なカリキュラムを受講し、試験などを通じて認定を受ける必要があります。最近では、製菓専門学校などでもバリスタに必要な資格所得が可能となる場合もあり、更に国際的に認めれたプロフェッショナル、職人を目指すのなら、世界規格Qグレードスペシャルティコーヒーを扱える、Qグレーダーになるための必要な試験や、そのための受講をやっている学校などを選択する必要があります。

コーヒー資格の試験難易度

コーヒーの場合は、生豆の品質やその管理の仕方や、焙煎、抽出技術によって味が大きく左右されるため、コーヒー資格の試験難易度は、製造技術の他に、味覚の鋭利さも必要となります。従って、民間資格といえども、その難易度は非常に他の資格に比べて高く、知識以外に、味についても相当な経験などが必要とされる場合がほとんどです。試験についても、これまでの経験と知識の積み重ねが必要となるので、それなりの期間と費用がかかることは言うまでもないでしょう。

コーヒー資格の給料・年収

コーヒーに関しての資格は、基本的な知識や技術に関しては、通信教育を通じて誰でも受講し、その資格を得ることが可能です。しかしながら、カフェなどでも、第三者の認定を受けて高い技術を得るためには、生産者と直接接見したり、あるいは生産国までわざわざ行って、収穫現場や、その生豆の評価を行い、輸入までを行うプロフェッショナルとしての、高い技術と知識が必要となります。非常に競争が激しいのが、カフェなどの業態であり、グレードの違いで味覚の鋭い顧客は厳しい店の評価をしますので、コーヒー資格を持っているなら、出来るだけ国際的、公的で知名度のある民間団体の認定を受ける必要があります。そうしたプロフェッショナルとなれれば、その認定をもって、高い宣伝効果もあり、それに連れて店やサービスの評価が、高い年収に繋がることは間違いありません。

コーヒー資格取得後は

得られる資格によって様々ですが、バリスタならエスプレッソ職人として、鑑定士やQグレーダーなら、生豆の輸入や仕入れという、その職業の中枢を担う職業に就くことが可能となります。コーヒーの職種は現在では多岐に渡るため、言ってみれば所得する資格次第で、非常に高度な技術や知識を必要とする、重要な職種に就くことが可能となるわけです。
コーヒー資格  コーヒー資格

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    ハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    ハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用糸などを…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る