ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判

幼児食

ベビーフードインストラクターとは?

ベビーフードは、離乳食が終了する1歳~1歳半以上の幼児を対象とした食事のことをいいます。この時期は、必要な栄養素や栄養のバランスを考えて食べさせないと、肥満あるいは虚弱体質、アレルギー体質などにつながりますし、味覚や心の発達にも影響します。こうした問題を解決し、心身ともに健やかに育てるための幼児食を提案・指導をするのが「ベビーフードインストラクター」です。

幼児食関連の資格は数多くありますが、ベビーフードインストラクターの特徴は、臓器や筋肉、血液となる食品(赤色)、活動のエネルギー源となる食品(黄色)、身体の調子を整える食品(緑色)の3色の食材を基本とした献立を考案することです。ただ3色を採り入れるだけでなく、その子の体格や体質、運動量に応じて食事の量を調整することも含まれます。

そのほか、お正月や桃の節句、端午の節句、クリスマスなどのイベントにちなんだ献立も作ります。こうした季節の行事料理を通して情緒豊かな子どもに育てたいという人に人気の資格です。

ベビーフードインストラクターの認定試験を受けるには?

この認定試験を主催しているのは「日本インストラクター技術協会(JIA)」で、年6回(偶数月)実施されています。受験資格はとくになく、どなたでも受けられます。試験では、完全なオリジナルレシピを作る能力を問われるわけではなく、既成のレシピであっても、なぜその食材を用いたのかをきちんと説明することができれば能力があると評価されます。

受験申請から合否の発表までの流れは次のようになります。

1.日本インストラクター技術協会のホームページにアクセスし、受験申込みページで必要事項を入力します。

2.同協会より受験票、解答用紙、返却用封筒が届けられます。受け取ったときに受験料10,000円(税込み)を配送スタッフに支払います。

3.試験期間中の都合のよい日に、在宅で試験に臨みます。終了したら解答用紙を返却用封筒に入れ、提出期限に間に合うように投函します。

4.翌月の20日に合否の通知が発送されます。

ベビーフードインストラクターはテキストが用意されています。とくに難しいとされる子どもの体格や体質、運動量に合わせた食事量の調整などについてもわかりやすく解説されていますから、テキストを利用してポイントを押さえておくといいでしょう。

ベビーフ―ドインストラクター認定試験の口コミ・評判

ベビーフードインストラクターは比較的レベルの高い資格として知られています。実際に受験した人たちの口コミを調べてみましたので参考にしてください。

「離乳食を終えて幼児食に切り替えたら、何をどのように食べさせればいいのか、基本的なことを知ることができました」

「栄養バランスというと何となく面倒な感じがしますけど、『赤色』は肉や魚、卵、大豆製品などのタンパク質、『黄色』はごはんやパン類、めん類、油などの糖質・脂質、『緑色』は野菜や海藻などのビタミン・ミネラルと覚えればいいので、バランスのとれたレシピを作りやすいです」

「保育士をしています。お子さんの食事で悩んでいるおかあさんはけっこう多いので、アドバイスできるように資格を取りました。発達段階に合わせた献立作りを学ぶことができてよかったです」

「おひな祭りにちらし寿司を作ったのですが、もっとオリジナルな行事料理を作れたら楽しいだろうなあと思ったのが、この資格を取るきっかけでした」

この資格でできることは?

最近は、食品メーカーでもベビーフ―ドの販売に力を入れるようになっていますから、そうした会社の企画開発部で活躍することができます。
自治体や地域で幼児食に関する講習会もよく開かれるようになり、講師としての需要も高まっています。

子育てを終えた人が、これまでの経験と資格の両方を生かしてベビーフードコンサルタントとして活躍しているケースもあります。

まとめ

幼児食を必要とするのは1歳ごろから6歳ごろまでです。長い期間ではありませんが、子どもの成長にかかわるもっとも重要な期間です。幼児食の基本から順序立てて勉強したいという方は、ぜひ日本インストラクター技術協会のHP にアクセスして受験日などの詳細を確認してみてください。
幼児食  幼児食

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る