バーテンダー

ワインソムリエ

バーテンダーとは・主な仕事内容

バーカウンターでお酒を作ったり接客をするのがバーテンダー。バーテンダーはバーに来店されたお客様に、お客様の要望や好みに合わせて、様々なお酒を調合してカクテルなどのお酒を作るのが仕事です。
お酒には、ウイスキー、リキュール、ワイン、果実酒、シャンパン、ビールと様々な種類があり、それらを組み合わせる事でカクテルと言う新しいお酒を作り出してお客様に提供します。
バーテンダーはカクテル一つ一つのレシピを覚え、お酒の種類、量を正確に調合する事が求められ、お酒やカクテルに関する深く広い知識が必要となります。また、カクテルを作る際には、数種類のお酒をただ混ぜ合わせれば良いというわけではなく、レシピに必要なお酒を用意して必要な量だけを注ぎ、シェイカーを使って混ぜ合わせる、ミキシングを使って混ぜ合わせるなど、使用するお酒やレシピによって混ぜ方や必要な道具を使い分ける知識が必要となり、いわば、お酒を料理する仕事と言えます。
その為には、何百とあるお酒と何百とあるレシピの知識を備える能力とレシピ通りに正確にお酒を注ぐ技術、数種類のお酒を混ぜ合わせる技術が必要となります。
バーテンダーはお酒を作りながら、接客も行わなければならず、お客様と会話をしたり、お会計なども同時に行います。

バーテンダーの働く業界

飲食店、バー、ホテルバー、居酒屋などで活躍をしておりますが、雇用形態は正社員、アルバイトなど多岐にわたります。経験を積んで独立開業される方も多く存在する仕事でもあります。

  • 飲食店
  • バー
  • ホテルバー
  • 居酒屋
  • 独立開業

バーテンダーになるには

バーテンダーを目指す為には、お酒やカクテルを作る為のレシピやテクニックが必要となる為、専門の学校に通ったりアルバイトなどで経験を積んでから就職するのが一般的です。

バーテンダーの給料

  • 就職時間:180時間/月 ※就業場所によって異なります
  • 平均給与:18~20万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)7:(女性)3

バーテンダーに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

バーテンダーとして働く際には、特に必要な資格がありませんが、(般)日本バーテンダー協会が認定するバーテンダー技能認定や(般)日本ホテルバーメンズ協会が認定するHBAバーテンダー資格などを取得すると就職に有利でしょう。

バーテンダーへの近道アドバイス

バーテンダーになりたいなら、バーテンダーの学校でお酒やカクテルのレシピなどの知識を身に付けて、バーなどでアルバイトをして経験を積んでから資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のバーテンダー資格ランキング!!

  1. バーテンダー技能認定 日本バーテンダー協会
  2. HBAバーテンダー資格:日本ホテルバーメンズ協会
  3. ワインコンシェルジュ認定試験:日本安全食料料理協会

ワインハーブ

通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは?ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは?温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは?2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る