フードコーディネーター

職業資格

食に関するスペシャリストとして、食の楽しみ方や新しいメニューを作ったりするのがフードコーディネーター。フードコーディネーターの仕事の領域は広く、食品メーカーに於いて新商品の開発や、レストランに於いては新しいメニュー、創作料理の開発やレシピの作成などを仕事としています。

フードコーディネーターは流行りの食材を利用した料理、季節の食材をいち早く利用した料理、素材を生かした料理、健康に重きを置いたヘルシーな料理やダイエットに効果的な料理など、世の中のニーズに合わせた創作料理の制作活動などを行っています。また、そういった料理などのレシピをまとめた料理本などを発刊される方もみえます。

フードコーディネーターは食に関する幅広い知識を用いて、料理教室を開いて講師として料理を教える方も多く、料理の作り方はもちろん、料理の組み合わせや食べ合わせ、調味料の活用術、調理器具の効率的な使用方法、料理に合わせた食器の選び方、テーブルコーディネートなどを指導したりします。

有名なフードコーディネーターは、テレビなどに出演して、季節の食材を使った調理方法、食材の有効的な活用術、簡単にできる料理などを紹介している方も存在しています。

フードコーディネーターの働く業界

食品メーカー、外食産業(外食チェーン・レストランなど)、料理本などの出版社、料理教室などで活躍をされていますが、独立してフリーランスとして活動されている方も存在します。

  • 食品メーカー
  • 外食産業
  • 料理本などの出版社
  • 料理教室

フードコーディネーターになるには

フードコーディネーターを目指すためには、調理に関する知識やテクニックなどを習得する必要があり、調理学校などに通い調理に関する知識などを身に付けて、食品メーカーや外食産業などに就職するのが一般的です。

フードコーディネーターの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:18~20万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)2:(女性)8

フードコーディネーターに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

フードコーディネーターとして働く際には、特に必要な資格はありませんが、NPO法人日本フードコーディネーター協会が認定するフードコーディネーター資格や調理師免許などを取得していると就職に有利でしょう。

フードコーディネーターへの近道アドバイス

フードコーディネーターになりたいなら、調理学校などに通い、調理に関する知識やテクニックを身に付けて、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気のフードコーディネーター資格ランキング!!

  1. フードコーディネーター資格 フードコーディネーター協会
  2. 調理師免許:調理技術技能センター
  3. 栄養士:日本栄養士会

ワインハーブ

通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る