損害保険調査員

保険会社が保険金を支払う前に行う保険金額の査定の為に調査をするのが損害保険調査員。保険の種類には、自動車保険、火災保険、生命保険、損害保険など様々なものがあり、被保険者に何か損害が出た場合、保険会社は保険金の支払を行う前に保険会社は損害の有無の確認、申告内容に虚偽が無いかの調査、損害した金額の調査、保険金の査定など調査を行った上で保険金の支払いをします。その調査を行うが損害保険調査員の仕事です。

損害保険調査員は、保険会社に所属している場合と、保険会社から委託されている調査会社に所属している場合とに分かれます。

損害保険調査員が行う調査は、自動車事故や火災事故などの場合は、実際に事故現場に赴いて、現場調査、聞き込み、事故原因の調査、過失割合の査定、破損状況の確認、警察で調書の確認を行うなどの詳しい調査を行った上で報告書を作成します。生命保険などの場合は、被保険者が診察を受けた病院にて、病状の調査、保険金支払対象な病気かどうか、保険加入時期と発症時期の確認などを行うなどの調査を行います。

損害保険調査員が調査する際には、当事者も含め、様々な方に聞き込みをしながら調査する事が多い為に、コミュニケーション能力が重要視されます。また、虚偽な申告をしていないかどうか、様々な角度から調査する事が出来る能力も必要不可欠なスキルと言えます。

損害保険調査員の働く業界

損害保険会社、火災保険会社、生命保険会社、損害保険調査会社などで勤務されている方が殆どですが、実務経験を経て独立されている方も多数存在します。雇用形態は正社員、契約社員などが多いようです。

  • 損害保険会社
  • 火災保険会社
  • 生命保険会社
  • 損害保険調査会社

損害保険調査員になるには

損害保険調査員を目指すには、特に必要なスキルはありませんが、保険調査員としての知識やテクニックを専門の講座などを受講して資格を取得してから、保険会社や損害保険調査会社などに就職すると良いでしょう。

損害保険調査員の給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:25~27万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)6:(女性)4

損害保険調査員に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

損害保険調査員として働く際には、特に必要な資格はありませんが、(般)日本損害保険協会が認定する損害保険登録鑑定人などの資格を取得していると就職に有利でしょう。

損害保険調査員への近道アドバイス

損害保険調査員になりたいなら、保険調査員に関する知識やテクニックを身に付けて、資格を取得して保険会社や損害保険調査会社などに就職するのが一番でしょう。

今業界で人気の損害保険調査員資格ランキング!!

  1. 損害保険登録鑑定人:日本損害保険協会
  2. インターナショナルアジャスティング:一般社団法人日本海事検定協会 損害検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA