ペットシッター資格人気の資格徹底比較

ペットシッター資格

動物が好きでペットシッターになりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。ペットシッターは仕事中も動物に触れられるので、動物好きの人にとってはとても魅力的です。ただし、ペットシッターは動物の命を預かる仕事でもあるため、まったく勉強せずに仕事にするのは大変でしょう。そもそも知識がなければ、ペットの世話に対して責任も持てなくなってしまいます。これからペットシッターを目指したいというのであれば、ペットシッターに関する資格取得を目指すといいでしょう。ペットシッターに関する資格を取得するには、ペットに関するさまざまな知識を学ぶ必要があります。専用の通信講座を選んで学習すれば、無理なくペットシッターとして必要な知識やスキルを身につけることが可能です。今回は、数あるペットシッターの資格のうち、特に人気の高いものを紹介します。

ペットシッターアドバイザー

ペットシッターアドバイザー
ペットシッターアドバイザーは、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定をおこなっている資格です。ペットシッターアドバイザーになるためには、ペットシッターとしてのサービスの内容や、実際にどのようにしてペットシッターの仕事を進めていけばいいのかを熟知している必要があります。ペットシッターアドバイザーの資格を取得することができたら、そのような知識やスキルを一定上しっかりと身につけているという証明になるでしょう。ペットシッターアドバイザーの資格はインターネットから受験申し込みができ、在宅で受験可能です。そのため、空いている時間が少ない人でもスムーズな受験ができるようになっています。

ペットシッターアドバイザー資格取得のメリット

ペットシッターアドバイザーの資格取得を目指して学習すれば、ペットシッターとして必要なノウハウをひととおり頭に入れることが可能です。ペットシッターは犬や猫などのペットの命を預かる仕事でもあるため、責任は重大です。ペットシッターアドバイザーになればそのための知識をもっているということを示せるので、自分に自身をもってペットの世話ができるようになるでしょう。

ペットシッターアドバイザーの仕事について

ペットシッターアドバイザーになれば、ペットシッターとして活動しやすくなります。ペットシッターに関してのプロとしての資質をアピールできるので、ペットの世話を依頼しようとする飼い主からも信頼されやすくなります。実際に世話をする中でも身につけた知識やスキルを活かせるため、ペットにとっても居心地のよい環境を提供しやすくなります。また、ペットシッターアドバイザーの資格があれば、これからペットシッターになりたいと考えている人に対する指導をおこなうことも可能です。指導者として多くの人にペットシッターの極意を伝えることができれば、能力の高いペットシッターを増やすことができるでしょう。それは間接的にペットのためにもなるので、やりがいは大きいといえます。

ペットホテルソムリエ

ペットホテルソムリエ
ペットホテルソムリエは、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している資格です。ペットホテルソムリエとは、ペットホテルに関する深い知識を身につけている人に認められる資格となっています。ペットホテルは単にペットを預かっているだけでなく、経営上の計算をおこなったり、飼い主とのやり取りもしていたりします。そのため、ペットホテルについて熟知するには、動物に関する知識以外にも幅広い知識が必要です。ペットホテルソムリエになれば、ペットホテルに詳しい専門家としてさまざまな活動ができるようになるでしょう。

ペットホテルソムリエ資格取得のメリット

ペットホテルソムリエになれば、ペットホテルを運営するために必要な知識やノウハウを深く理解できます。そのため、実際にペットホテルで勤務したり、自分でペットホテルを開業したりする際にも役立つこと間違いなしです。これまでペットシッターとしての経験を積んできた人でも、ペットホテルソムリエの資格を取得すれば、キャリアアップを目指せる可能性があります。ペットホテルで働く際も、ペットホテルソムリエの資格があれば、就職や転職で有利になる可能性があるでしょう。

ペットホテルソムリエの仕事について

ペットホテルソムリエになった場合、知識を活かしたさまざまな働き方を実現できます。ペットホテルソムリエの資格があれば、ペットホテルをスムーズに運営するのに役立つでしょう。また、ペットホテルソムリエの資格があると、ペットホテルについての講師として活動することも可能です。たとえば、カルチャースクールで講義を受け持ったり、自分で教室を開いて指導したりすることも可能です。ペットに関わる仕事や事業に興味をもっている人は多くいるため、ペットホテルソムリエの資格を活かせばさまざまな人に自分の知識やスキルを伝えて活躍することができます。
ペットシッター資格  ペットシッター資格

ペットシッター士

ペットシッター士は、日本ペットシッター協会が認定している資格です。通信講座、通学、カルチャースクールなどさまざまな学習方法が用意されており、自分に適した方法で資格取得を目指せるようになっています。それぞれの方法で資格取得のために勉強すれば、個人でペットシッターになるために必要なさまざまな知識や情報を学べます。ペットが好きだという思いがあれば、ペットシッター士の資格取得を目指すことでペットシッターとしての道を切り開くことが可能です。

ペットシッター士資格取得のメリット

ペットシッター士の資格を取得すれば、ペットシッターとして開業するための準備を具体的に始められます。ペットにとって適切な環境を提供するための知識やスキルも身につくため、責任をもって大切なペットを預かることができるようになります。ペットシッターになりたいと思っているなら、資格取得を目指して勉強するのはとても効果的だと言えるでしょう。

ペットシッター士の仕事について

ペットシッター士の資格取得後は、実際にペットシッターとして働くための準備に入っていきます。ペットシッターとして開業するにはさまざまな手続きも必要になるため、きちんと必要なことを済ませられるようにしましょう。もちろん、ペットシッター士になるためにしっかりと勉強すれば、そのような基本的な手続きについても把握することができます。そのため、スムーズに開業してペットシッターとして働けるようになるはずです。

認定ペットシッター

認定ペットシッターは、全国ペットシッター協会が認定している資格です。認定ペットシッターになるためには、協会が認めるペットシッタースクールで学び、協会に会員登録する必要があります。ペットシッターとして働く場合、協会に加盟しているという点は信頼を集めるために有効に働くでしょう。すでに多くの人が認定ペットシッターとして活躍しています。

認定ペットシッター資格取得のメリット

認定ペットシッターになると、信頼を得やすくなるため、ペットシッターとしても働きやすくなります。認定ペットシッターは商標登録されているため、信頼できる資格としての根拠も示しやすいです。認定ペットシッターどうしの集まりも定期的に開催されているので、実際にペットシッターとして働く中で発生する不安も相談しやすいというメリットもあります。

認定ペットシッターの仕事について

認定ペットシッターになれば、ペットシッターとして自信をもって活動を始められるでしょう。多くのペットの飼い主から選ばれるペットシッターになりたいなら、認定ペットシッターの資格は大きな意味をもちます。認定ペットシッターになればペットシッター仲間もできやすいため、情報交換もしやすいでしょう。そうなれば、よりスムーズにペットシッターとしての活動を進めていくことができるようになります。

ペットシッター資格の学校について

ペットシッターの資格を取得するには、必ずしも学校に通う必要はありません。通信講座を選べば、自宅にいながらペットシッターとして必要な知識やスキルを勉強することが可能です。通信講座のカリキュラムは専門家が作っているため、正しい知識をきちんと学べます。誰にでも分かりやすいように工夫して作られているので、ペットに関してほとんど学んだことがないという人でも無理なく学習を進めることができるでしょう。動物が好きだという思いがあれば、通信講座で自分のペースを崩さずきちんと勉強できるはずです。

ペットシッター資格の試験難易度

ペットシッターの資格は、きちんと勉強していれば誰でも取得できる可能性があります。ペットシッターになるにはたくさんの知識やスキルが必要ですが、動物が好きな人であれば感覚的に理解している部分も少なくないでしょう。その内容を確認しながら学習すれば、スムーズに資格取得のために必要な知識やノウハウを頭に淹れられるはずです。もちろん、勉強をおろそかにしてしまうとなかなか資格取得は難しくなるので、力を入れて勉強することを大切にしてください。

ペットシッター資格の給料・年収

ペットシッターになった場合の収入について気になっている人もいるでしょう。ペットシッターとして働いている人は、年収200~300万円程度を得ているケースが多いです。とはいえ、個人で開業するとなると、実際に対応した件数に応じて収入は変化します。より多く稼げる場合もあれば、なかなか稼げない場合もあるでしょう。まずは知名度や信頼を高め、リピーターになってくれる顧客を増やすことが重要だといえます。

ペットシッター資格取得後は

ペットシッターの資格を取得したら、実際にペットシッターとして活躍できる可能性が高まります。ペットシッターとして働きたいなら、ペットシッターとしての基本を身につけることはとても重要です。もちろん、ペットシッターの資格取得後も勉強を重ねる必要があるでしょう。

ペットシッターとは・主な仕事内容

飼い主に代わって犬や猫などペットのお世話をするのが認定ペットシッター。ペットの飼い主が旅行や入院などによりペットの世話が出来ない場合などに、飼い主に代わってペットのお世話をするのが仕事で、主に飼い主の家でペットのお世話を行う為、ペットシッターとして公認がされている方を公認ペットシッターと言います。

ペットシッターは飼い主から依頼を受けたら、飼い主さんと綿密な打ち合わせをして、ペットにストレスを与えることなく安全にお世話をする為に、ペットの一日の生活リズム、食事の量やペットの性格や特徴などを確認します。また同時に、飼い主さんの家でペットのお世話をするので、飼い主さんの家の管理についても打ち合わせをします。

ペットシッターは、飼い主の家に伺って、ペットに餌をあげたり、犬であれば散歩に連れて行ったり、一緒に遊んだりして、ペットが気持ちよく快適に過ごせるように仕事をしなければならず、動物を扱う為の知識やテクニックが必要とされる仕事と言えます。

また、ペットシッターは時には、ペットのしつけなどを行う場合もあり、必要以上に吠えたり、散歩の際に走り回ったりするなどを治すような、しつけに関する知識やテクニックなども同時に習得しておくと、ペットシッターとしての仕事の幅も広がると言えます。
ペットシッター資格  ペットシッター資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA