画像処理エンジニア

職業資格

デジタル画像技術に関するシステムやアプリケーションの開発・運用をするのが画像処理エンジニア。画像処理エンジニアという名前から、画像の加工・編集をする仕事と思われがちですが、画像そのものの加工・編集するのがCGクリエイターやWebデザイナーなどであり、画像から文字を認識したり、バーコードやQRコードを認識したりするシステムや、パソコンやスマートフォンなどで写真を加工・編集が出来るアプリケーションなどを開発するのが画像処理エンジニアの仕事です。

すでに既存しているデジタル画像技術などを分析し、ハードウェアやソフトウェア、システムの開発を行うことによって、映像から得られる情報の解析や情報のデジタル化できるシステム、映像を自動的に編集して立体的に表現できるシステム、人物を感知して作動するシステムなどの開発をしています。

携帯電話などのカメラでQRコードを読み取る機能、自動車などで障害物があるとブレーキが作動する機能、防犯カメラなどで不審者が侵入すると感知して警報が鳴るような機能なども画像処理エンジニアが開発したシステムと言えます。

画像処理エンジニアは画像処理に関する専門的な知識やプログラミングなどに深い知識が求められ、且つ画像処理に関する開発に応用できる能力が必要とされています。

画像処理エンジニアの働く業界

ソフトウェア開発、自動車メーカー、家電メーカー、医療機器メーカー、カメラメーカー、ゲームメーカーなど多岐にわたり活躍しています。雇用形態は正社員が多く、技術者として採用される事が多くを占めています。

  • ソフトウェア開発
  • 自動車メーカー
  • 家電メーカー
  • 医療機器メーカー
  • カメラメーカー

画像処理エンジニアになるには

画像処理エンジニアを目指すためには、画像処理エンジニアとしての専門的な知識や技術が必要になり、理系や理工学系の大学で専門的な知識や技術を身に付け、ソフトウェア開発や家電メーカーなどへの就職を目指すのが一般的でしょう。

画像処理エンジニアの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:20~22万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)8:(女性)2

画像処理エンジニアに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

画像処理エンジニアとして働くには、特に必要な資格はありませんが、専門的な知識や技術が必要なことから、(公)画像情報教育振興協会が認定する画像処理エンジニア検定ベーシック・エキスパートなどを取得するとよいでしょう。

画像処理エンジニアへの近道アドバイス

画像処理エンジニアは専門的な知識や技術が必要なことから、理系・理工学系の大学に進み、専門的知識を習得するのが一番でしょう。

今業界で人気の画像処理エンジニア資格ランキング!!

  1. 画像処理エンジニア検定ベーシック:(公)画像情報教育振興協会
  2. 画像処理エンジニア検定エキスパート:(公)画像情報教育振興協会
  3. CGエンジニア検定ベーシック:CG-ARTS協会

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る