ディーラー

会社の資本を利用して、証券・株式・債券など売買の取引仲介をするのがディーラー。ディーラーは、証券会社や銀行などの金融機関に勤務して、会社の予算を使って証券・株式・債券などの取引売買を行うことで、売買の差益を得ています。ディーラーは証券アナリストからの情報や分析をもとに物価の動向や株式の動向を予測して売買取引を行う場合もありますし、金融工学に基づいて投資モデルを開発・構築した後、そのモデルを使って売買取引を行っています。

証券外務員は投資家などに有望な取引を勧めて投資家から提供された資産や資本を元手に取引を行い、投資家に対し配当を出すのが目的であり仕事となりますが、ディーラーが行う取引は、投資家から集めた資本や資産、会社の資本を使って株式や証券や債券の売買取引によって、会社に利益をもたらすことを目的に取引をしています。

ディーラーは投資モデルの開発や構築も行っている事から、理数系の知識を要すると言え、様々な過去の動向パターンや理論の組み立て、実験や検証を繰り返して投資モデルを作っていきながら取引を行っており、瞬時に情勢が変わる投資マーケットでは、事前に多くの分析を行ったとしても予想通りにならない事もあれば、予想が的中して多くの差益を得ることもあり、いかにリスクを抑えながら取引を行い、利益を得ることができるかがディーラーの腕の見せ所でもあります。

ディーラーの働く業界

証券会社、銀行、投資信託会社、保険会社などに勤務しており、雇用形態は正社員・契約社員などとなります。

・証券会社

・銀行

・投資信託会社

・保険会社

ディーラーになるには

ディーラーとして働くためには、ディーラーとしての知識やテクニックなどを身に付ける必要があり、専門の講座などを受講して、証券外務員資格などを取得して証券会社や銀行などに就職するのが一般的です。

ディーラーの給料

・就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる

・平均給与:22~24万円/月(初任給)

・男女比率:(男性)8:(女性)2

ディーラーに必要な資格・価値ある資格・有利な資格

ディーラーとして働く為には、特に必要な資格はありませんが、(公)日本証券アナリスト協会が認定する証券アナリストや日本証券業協会が認定する証券外務員などの資格を取得すると就職には有利でしょう。

ディーラーへの近道アドバイス

ディーラーになりたのなら、証券取引に関する講座などを受講して(公)日本証券アナリスト協会が認定する証券アナリストや日本証券業協会が認定する証券外務員などの資格を取得して証券会社に就職するのが一番でしょう。

今、業界で人気のディーラー資格ランキング

  1. 証券外務員:日本証券業協会
  2. 証券アナリスト:(公)日本証券アナリスト協会
  3. フィナンシャルプランナー技能検定:日本FP協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA