職業資格

女性が妊娠してから出産するまでのトータルケアをするのが助産師。助産師は原則として女性しか取得できない資格であり、職業でもあります。また、助産師になるには、まず国家資格の護師免許を取得してから、さらに助産師としての国家資格を取得する必要があります。

助産行為は医師と助産師に認められており、助産師は独立して開業することが許可されています。が、助産師が単独で助産出来るのは正常分娩のみと制限がされており、正常分娩でない場合や困難な場合は医師が関わらなければならない事となっています。

助産師は単に出産時の助産行為だけではなく、安全に出産できる様に、妊娠してから出産するまでの健康管理や妊娠中に食べる食事や効果的な運動、身体的に負担が軽減できる生活への指導をしたり、出産後には、妊婦の体調管理や母乳指導、育児指導などもします。

また、女性が妊娠することによって身体や体調などの変化が起こったり、出産や育児への不安や心配などから、身体的にも精神的にも大きな負担を生じるため、助産師は妊婦の良き相談相手として、妊婦が抱く不安や心配事を取り除いて気持ちを楽にしてあげるなど、妊婦にとって精神的な支えとしての役目も担っています。

助産師の仕事は、女性が妊娠することから始まり、出産時には出産の介助として助産を行うなど、新たな命の誕生に携わる仕事であり、非常にやりがいを感じる仕事と言えます。

助産師の働く業界

病院(産婦人科)、助産院、保険センターなどで勤務をしていますが、助産師は独立して開業する事も出来ます。

・病院(産婦人科)

・助産院

・大学病院

・保険センター

助産師になるには

助産師を目指す為には、まずは看護師の国家資格を取得する必要がある為、看護系の短大や養成学校などに通って看護師資格を取得してから、その後に指定された養成校にて助産師に関する知識や技術を身に付けて助産師の国家資格を取得する必要があります。また、看護師と助産師を同時に就学出来る4年制看護大学に入ると、両方の国家資格受験資格を取得する事が出来ます。

助産師の給料

・就業時間:180時間/月 ※就業場所によって異なる

・平均給与:35~40万円/月(初任給)

・男女比率:(男性)0:(女性)10 ※女性限定の職業になります

助産師に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

助産師として働く際には、まずは厚生労働省が認定する国家資格の看護師免許を取得する必要があり、その後に厚生労働省が認定する国家資格の助産師免許を取得しなければなりません。※看護師免許が無いと助産師にはなれません。

助産師への近道アドバイス

助産師になりたいなら、看護師と助産師の両方が学べる4年制看護大学に通い、看護師と助産師免許を一度に取得するのが一番でしょう。※看護師免許を取得してからでないと、助産師の試験資格を得ることはできません。

今、業界で人気の助産師資格ランキング

  1. 看護師:厚生労働省
  2. 助産師:厚生労働省

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る