手紙・文章ライター口コミ評判

手紙の書き方

手紙・文章ライターについて

最近ではインターネットやメール、SNSの発達などによって手紙を書く機会はどんどん減ってきています。その中でも年賀状や四季折々の手紙の書き方などは未だ重要です。また社会人になれば正しく手紙や文章を書くことができる能力は当然のものとして求められますので技術や知識を身につけておくことは重要です。正しい日本語の使い方や季節に応じた言葉、敬語の意味などを正しく学ぶことで相手がもらって嬉しいような手紙の書き方を身につけることができます。その手助けとなるのが手紙・文章ライターの資格です。手紙の書き方や文章の作り方を改めて学んでおくことで仕事や実生活にも生かすことが考えられます。

手紙・文章ライター認定試験について

手紙・文章ライター認定試験は日本インストラクター技術協会が主催している資格の一つです。手紙を書くときに必要となる文章の構成能力や常識、知識、レベルの高い文章力を持っていることを証明するための資格です。また相手にとって親しみやすい手紙を書く手助けにもなります。親しい人に当てる手紙や仕事の関係での手紙など現代でも手紙を書く機会はありますから身近に活用できる資格といえます。

受験資格:特にありません。
受験料:10000円
受験申し込み:インターネットから。
受験場所:在宅

手紙・文章ライターの口コミ

手紙・文章ライター認定試験はあまり日頃から手紙を書く機会がなくなった現代だからこそ注目を集めている資格でもあります。子供の頃から親しんでいないからこそ正しい日本語の使い方や文法などに不安があって手紙を書くのが億劫になっている人もいるのではないでしょうか。そこでこの資格の勉強を通じて正しい日本語を学び、自信をつけることができます。そうすれば手紙を書くのが楽しくなりますし、もらった相手も嬉しくなります。気持ちのこもった手紙は書く方も楽しいですが貰う方も嬉しいものです。そしてこの資格は在宅で受験できるので空いている時間でスキルを身につけることができるのもこの資格の魅力の一つです。

日本インストラクター技術協会について

日本インストラクター技術協会は手紙・文章ライターの資格の他にも様々な資格を主催しています。他の人に講師として自分の専門知識を伝えることができる能力を問う試験となっているので仕事に自分の能力を活かしたい人に人気です。また趣味として利用したり、カルチャースクールの先生を目指す人にもオススメです。独立を目指す場合にも活用できる資格がありますので幅広い用途で使うことができます。

日本インストラクター技術協会の口コミ

日本インストラクター技術協会の資格はどれも在宅で受験することができるのが魅力です。年に6回用意されている申し込み期間に申し込むことで受験できるので自分の好きなときに受験できるのもオススメポイントの一つとなっています。多くの人が自分の能力を活かして他の人に知識や技術を伝えるために、また自分自身の知識や技術を高めるためにこの協会が主催している資格に挑戦しています。受験資格も特に設けられていないので自分の好きな資格を何度でも挑戦してみることができます。楽しみながら試験勉強して受験を目指してみましょう。
手紙の書き方  手紙の書き方

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る