職業資格

演劇やショーなどの舞台で使用する装置の設計やデザイン、制作をするのが舞台美術家。舞台美術家は、脚本家や演出家などの意向を基に、作品のイメージを観客により伝えるための舞台装置や衣裳をデザインし制作する仕事をします。

客席からどう見えるのかを重点に置いて、まず舞台の設計した後、照明や音響などと打ち合わせを行いながら手直しを行い、一番効果的な演出が出来るような工夫を用いて、最終的な舞台計図を作成していきます。また舞台内に配置されるインテリア、出演者の持ち物、小道具や背景幕などを作るのも舞台美術家の仕事となり、劇内のシーンや時代背景に基づいてリアルに創り上げる技術や芸術的センスなどが求められる仕事です。

演劇やショーは、舞台装置、衣裳なども舞台演出の一つとしての役割を担っており、作品のイメージに沿って作られる為、脚本家や演出家などの意向に沿う事はもちろん、作品の時代背景や作品の理解なども求められる仕事と言えます。

舞台美術家の仕事の幅は広く、舞台や衣裳のデザイン、舞台装置の制作、衣裳の制作、劇場への仕込みなどまで担当しており、舞台やショーなどの幅広い知識と経験が必要となります。

舞台装置は「舞台装置家」、衣裳は「舞台衣裳家」というように、役割を分けて舞台を作る場合もあります。

舞台美術家の働く業界

テレビ局、舞台制作会社、劇場運営会社、映画制作会社、映像制作会社などで募集がされていますが、フリーとして働く方も多く存在します。

  • テレビ局
  • 舞台制作会社
  • 劇場運営会社
  • 映画制作会社

舞台美術家になるには

舞台美術家を目指すためには、舞台美術に関する知識や技術を身につける必要があり、美術・デザイン・演劇系の大学や専門学校で舞台美術や演劇などの基本的な知識や技術を習得してテレビ局や舞台制作会社などに就職を目指すのが一般的です。

舞台美術家の給料

  • 就業時間:200時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:18~22万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)7:(女性)3

舞台美術家に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

舞台美術家になるには、特に必要な資格がありませんが、美術・デザイン・演劇系の大学や専門学校に入り専門的な知識を身につける必要があります。

舞台美術家への近道アドバイス

美術・デザイン・演劇系の大学や専門学校などに入学して、デザインや造形や設計などの知識や技術を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の舞台美術家資格ランキング!!

  1. 舞台技術者検定:日本劇場技術者連盟
  2. 舞台機構調整技能士:舞台機構調整 音響機構調整作業

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る