職業資格

ピアノを習いにくる生徒さんにピアノを教えるのがピアノ講師。ピアノ講師には、組織(企業)が運営しているピアノ教室で講師をする場合と、独立して個人でピアノ教室を開校して講師をする場合とに分かれます。

組織が運営しているピアノ教室で講師をする場合、グループレッスンなどは生徒さんのレベルに分かれてクラスが編成され、個人レッスンと共に生徒さんのレベルに合った教育カリキュラムや教材がすでに用意されていることから、定められたカリキュラムや組織の指導方針に沿って指導をするようになっており、ピアノ講師は組織の一員として役割が明確になっています。また、組織が運営しているピアノ教室では、組織が定めたピアノ講師の免許が必要となり、ある一定の演奏レベルや指導レベルが必要になります。

個人でピアノ講師を開校して講師をする場合は、主に個人レッスンでの指導となり、生徒さんの成長とともに演奏のレベルを上げていくなど、講師が指導方法や教材を自分で決めることが出来き、組織のピアノ教室とは違って自由に指導することが出来ます。その半面、講師が生徒募集するなどをして生徒の確保をする必要があり、生徒数に応じた収入となります。また、生徒さん宅に伺って出張レッスンなども行っています。

ピアノ講師の働く業界

ピアノ講師は楽器メーカーや楽器販売店などが運営するピアノ教室などで募集がされており、正社員や契約社員で雇用される場合もあれば、副業としてアルバイトとして働く方もいます。また、独立して個人教室を開校する方も多く存在します。

  • 組織が運営するピアノ教室
  • 独立して運営

ピアノ講師になるには

ピアノ講師を目指すためには、ピアノ講師には資格などは必要ありませんが、ピアノの演奏や音楽の知識を身に付ける必要があります。そのため、音楽大学などに入学しピアノの演奏や音楽に関する知識を身に付け、楽器メーカーなどが運営するピアノ教室などへの就職を目指すのが一般的です。

ピアノ講師の給料

  • 就業時間:120時間/月 ※ピアノ教室の場合
  • 平均給与:12~15万円/月 ※生徒数による
  • 男女比率:(男性)1:(女性)9

ピアノ講師に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

ピアノ講師に必要な資格はありませんが、(一)全日本ピアノ指導者協会のピアノ指導者検定などを取得すると良いでしょう。楽器メーカーが運営しているピアノ教室などでは、ピアノ教室独自の講師資格などを取得する必要がある場合があります。

ピアノ講師への近道アドバイス

ピアノ講師になりたいならピアノの演奏と音楽の知識が必要となります。音楽大学に入学するなどをして演奏技術や知識を身に付け、ピアノ講師を目指しましょう。

今業界で人気のピアノ講師資格ランキング!!

  1. ピアノ指導者検定:全日本ピアノ指導者協会
  2. ピアノスタディ指導法講座:PSTA(ヤマハ音楽振興会)

音楽療法  カフェオーナー

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る