調香師(パフューマーフレーバリスト)

職業資格

調香師(パフューマーフレーバリスト)とは・主な仕事内容

化粧品や生活用品、食品などの香りを調合して作るのが調香師(パフューマーフレーバリスト)。調香師は香りを作るスペシャリストとして、数千種類もある香料を組み合わせて新しい香りを作り出すのが調香師の仕事で、その香りは化粧品や生活用品や食品など、多くの商品に用いられています。

調香師は、作り出す香りの使用用途に応じて呼び名が変わり、化粧品や生活用品など食品以外の商品に対して香りを作る調香師のことをパヒューマー、主に食品に対して香りを作る調香師のことをフレーバーリストと呼びます。

パヒューマーは、化粧品メーカーや香料を専門にしている会社などで化粧品・石鹸・シャンプー・入浴剤など、食品以外の商品に使われる香りを色々な花や植物の香りなどの素材を組み合わせる事で商品に使用できる香りを作り出します。フレーバーリストは食品会社や香料会社などで清涼飲料・ガム・お菓子などに使用する合成香料・食品香料などを作り出す為に、色々な香料を組み合わせて、食欲を促す香りや加工食品をリアルな味に近づける味など、香りのみならず味までをも考慮して作り出します。

パヒューマーとフレーバーリストは、同じ調香師という職種として分類がされますが、実際の仕事内容は大きく異なります。

調香師(パフューマーフレーバリスト)の働く業界

化粧品メーカー、薬品メーカー、食品メーカー、お菓子メーカー、香料製造会社などで活躍しており、雇用形態は主に正社員として雇用される場合が多く見られます。

  • 化粧品メーカー
  • 薬品メーカー
  • 食品メーカー
  • お菓子メーカー

調香師(パフューマーフレーバリスト)になるには

調香師(パフューマーフレーバリスト)を目指すためには、香りに対する専門的な知識や調合の技術を身に付ける必要があり、化学や薬学系の大学などに進学して、化粧品メーカーや薬品メーカー、お菓子メーカーなどへの就職を目指すのが一般的です。

調香師(パフューマーフレーバリスト)の給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:22~24万円/月 (初任給)
  • 男女比率:(男性)8:(女性)2

調香師(パフューマーフレーバリスト)に必要な資格・有利な資格・価値ある資格

調香師(パフューマーフレーバリスト)として働く為には、特に必要な資格はありませんが、(般)日本調香技術師検定協会が認定する調香技術師検定(フレーバー)、調香技術師検定(フレグランス)などの資格を取得していると就職に有利でしょう。

調香師(パフューマーフレーバリスト)への近道アドバイス

調香師(パフューマーフレーバリスト)になりたいなら、化学や薬学系の大学や香りに関する学校に入り、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の調香師(パフューマーフレーバリスト)資格ランキング!!

  1. 調香技術師検定 日本調香技術師検定協会
  2. 臭気判定士: におい・かおり環境協会
  3. アロマヒーリングセラピスト:日本アロマメディカル心理セラピー協会

ハーブ  フラワーアレンジメント

通信教育でなりたい職業につける   女性がなりたい資格が取れる

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは?ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは?温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは?2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ワインアドバイザー

    ワインアドバイザーとは・主な仕事内容ワインの販売、酒類・飲料類の販売をす…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る