認定ペットシッター

職業資格

飼い主に代わって犬や猫などペットのお世話をするのが認定ペットシッター。ペットの飼い主が旅行や入院などによりペットの世話が出来ない場合などに、飼い主に代わってペットのお世話をするのが仕事で、主に飼い主の家でペットのお世話を行う為、ペットシッターとして公認がされている方を公認ペットシッターと言います。

ペットシッターは飼い主から依頼を受けたら、飼い主さんと綿密な打ち合わせをして、ペットにストレスを与えることなく安全にお世話をする為に、ペットの一日の生活リズム、食事の量やペットの性格や特徴などを確認します。また同時に、飼い主さんの家でペットのお世話をするので、飼い主さんの家の管理についても打ち合わせをします。

ペットシッターは、飼い主の家に伺って、ペットに餌をあげたり、犬であれば散歩に連れて行ったり、一緒に遊んだりして、ペットが気持ちよく快適に過ごせるように仕事をしなければならず、動物を扱う為の知識やテクニックが必要とされる仕事と言えます。

また、ペットシッターは時には、ペットのしつけなどを行う場合もあり、必要以上に吠えたり、散歩の際に走り回ったりするなどを治すような、しつけに関する知識やテクニックなども同時に習得しておくと、ペットシッターとしての仕事の幅も広がると言えます。

認定ペットシッターの働く業界

ペットシッター専門店、ペットショップ、ペットサロン、ペットホテルなどで募集がされていますが、他業務と兼任してペットシッターとして仕事をする場合や依頼があった時だけ仕事をするようなアルバイトが多く見られます。

  • ペットシッター専門店
  • ペットショップ
  • ペットサロン
  • 個人開業

認定ペットシッターになるには

公認ペットシッターを目指すには、ペットシッターに関する知識やテクニックを習得する必要があり、ペットシッタースクールなどに通い、資格を取得してペットシッター専門店やペットショップなどに就職するのが一般的でしょう。

認定ペットシッターの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:14~15万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)2:(女性)8

認定ペットシッターに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

公認ペットシッターとして働く為には、ペットシッタースクールなどに通い、全国ペットシッター協会が認定する認定ペットシッターや日本ペットシッター協会が認定するペットシッター士などの資格を取得すると就職に有利でしょう。

認定ペットシッターへの近道アドバイス

公認ペットシッターになりたいなら、ペットシッタースクールなどに通い、ペットシッターとしての知識やテクニックなどを学び、資格を取得するのが一番でしょう。

今業界で人気の認定ペットシッター資格ランキング!!

  1. 認定ペットシッター:全国ペットシッター協会
  2. ペットシッター士:日本ペットシッター協会
  3. 愛玩動物飼養管理士:日本愛玩動物協会

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る