リフォームコーディネーター

リフォームコーディネーター

既存の住宅に対し、リフォームなど修繕工事の提案営業をしてくのがリフォームコーディネーター。建物を長期間維持していく為に、建物の回復から、家内設備の交換、外観工事・内装工事など住宅リフォーム全般を提供します。

中でも建物の構造はそのままに、建物全体を改修し新しい家としてリフォームすることをリノベーションといい、建築後から長期間が経過した住宅などではリノベーションは注目のリフォームと注目されています。

リフォームの内容には、和式トイレから洋式トイレへの交換や、古くなった外壁の張り替え工事、室内のクロス張り替え工事、玄関や窓などサッシの入替工事、瓦吹きの屋根の吹き替え工事、床の張り替え工事など多岐に渡ります。

お客様の要望をもとに、古くなった箇所や破損している箇所などを修繕提案していく中で、図面の作成や新しく設置する製品の選定・購買、リフォームに掛る資金相談などの業務も同時に行います。

リフォームコーディネーターは既存の物件を修繕する事から、対象物件がどのような構造なのか、どんな材質で建てられているのかなどの知識を要すると共に、実際の施工現場では、構造上の問題が無いか確認しながら、現場の工程管理や作業指示なども行います。

リフォームコーディネーターの働く業界

リフォーム専門業者や建設会社・建築工務店など多く建築関係の業種で募集がされています。またハウジングメーカーなどでは、自社建築物件を対象とした修繕部門などでも募集がされています。

  • リフォーム専門業者
  • 建設会社
  • 建築工務店
  • ハウジングメーカー

リフォームコーディネーターになるには

リフォームコーディネーターには特別な資格は必要なく、建築関係の会社に就職すると良いでしょう。専門学校などで建築の基本的な知識と技術を身につけ、建築関係の会社に就職して目指すのが一般的です。

リフォームコーディネーターの給料

  • 就業時間:160時間/月 ※就業時間によって異なる
  • 平均給与:25万~28万/月 ※就業先によって歩合給が加算されます
  • 男女比率:(男性)9:(女性)1

リフォームコーディネーターに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

リフォームコーディネーターに必要な資格は必要ありませんが、都道府県知事認定の「二級建築士」やNPO住宅長期保証支援センターの「住宅メンテナンス診断士」などの資格を取得することで将来独立する事も出来ます。

リフォームコーディネーターへの近道アドバイス

リフォームコーディネーターになりたいなら、建築の専門学校などで建築の知識や技術を身に付け、建築関係の企業に就職することが一番でしょう。

今業界で人気のリフォームコーディネーター資格ランキング!!

  1. 住宅メンテナンス診断士: NPO法人 住宅長期保証支援センター
  2. インテリアデザイナー認定試験:日本デザインプランナー協会
  3. 空間ディスプレイデザイナー:日本デザインプランナー協会

インテリアデザイナー  空間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA